Windows8 & Office2013 Word2013

Print Friendly

ページ数を1ページ減らすには

投稿日:

Wordには、自動的に圧縮して1ページ分を縮小してくれる機能があります。
Word2007までは、[印刷プレビュー]時に[1ページ分圧縮]というボタンがあり、そのボタンをクリックすると、1ページ分を減らすことができました。
Word2007

Word2010からは、そのボタンは標準では表示されていません。
クイックアクセスツールバーに表示して使えるようにしてみましょう。
[クイックアクセスツールバー]の▼ボタンをクリックして、[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]から[その他のコマンド]をクリックします。
クイックアクセスツールバー

[コマンドの選択]で[すべてのコマンド]を選択します。[1ページ分圧縮]ボタンを探して、中央の[追加]ボタンをクリックします。右側に[1ページ分圧縮]が追加されたことを確認して[OK]ボタンをクリックします。
Wordのオプション

クイックアクセスツールバーに[1ページ分圧縮]ボタンが追加されました。
ポップヒントには、[文字サイズと間隔を少し小さくすることにより、文書を1ページ分縮小します。]と表示されます。
1ページ分圧縮

スポンサーリンク

では、5ページある文書でこのボタンをクリックします。
5ページ

文字数は変わりませんが、ページ数は、1ページ少なくなって4ページになっています。
4ページ

時々、[これ以上ページを圧縮できません。]と言うメッセージが表示されることがあります。
メッセージウィンドウ
その場合は、余白や行数などで調整してください。

お勧め記事と広告

関連記事

氏名の列を姓と名の列に分割

Excel2013で氏名セルを姓と名の別々のセルに分ける操作をしていたら、Excel2013のポップヒントに思わずほっこりしました。 下のよ ...

グラフのデータラベルの大きさを変更

Excel2013では、グラフのデータラベルの大きさをマウス操作で変更することができます。 ラベルの周りにある○(サイズハンドルボタン)にマ ...

文書の先頭にある表の上に改行マークを表示するには

Wordで下のように文書の先頭に表を挿入した後、表の上に改行マークを挿入して、文字を入力したいということがあると思います。 その場合の方法で ...

グラフをプレビューして確定

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010までは、グラフの種 ...

目的別スライドショーは印刷も可能

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。この[目的別スライ ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.