Windows XP & Office 2003 Word 2003

文書内の移動は[ジャンプ先の選択]でページ単位以外も選択できる

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2003には、垂直スクロールバーの下に文書内の移動や検索のための便利なボタンがあります。

[ジャンプ先の選択]ボタンをクリックすると、[ジャンプ先の選択]メニューが表示され、ページ単位以外の単位で移動できます。

[ジャンプ先の選択]メニュー

参考この機能は、Word2013以降は表示されません。

垂直スクロールバーのボタン

Word2003の垂直スクロールバーの下方には3つのボタンが並んでします。

上から順に[前のページ]、[ジャンプ先の選択]、[次のページ]ボタンです。

垂直スクロールバーのボタン

ショートカットキー

各ボタンには、ショートカットキーが割り当てられています。

[前のページ]は、[Ctrl]+[PageUp]です。

キーボード[Ctrl]+[PageUp]

[ジャンプ先の選択]は、[Alt]+[Ctrl]+[Home]です。

キーボード[Alt]+[Ctrl]+[Home]

[次のページ]は、[Ctrl]+[PageDown]です。

キーボード[Ctrl]+[PageDown]

ジャンプ先の選択メニューのコマンド

[ジャンプ先の選択]ボタンをクリックすると、[ジャンプ先の選択]メニューが表示されます。

上段と下段に6個ずつ、12個のボタンが並んでいます。

[ジャンプ]や[検索]ボタンも表示されます。

表示されたメニューをポイントすると、メニューの下に説明が表示されます。

[ジャンプ先の選択]メニュー

上段

上段左から以下のように並んでいます。

  • フィールド単位でジャンプ
  • 文末脚注単位でジャンプ
  • 脚注単位でジャンプ
  • コメント単位でジャンプ
  • セクション単位でジャンプ
  • ページ単位でジャンプ

下段

下段左から以下のように並んでいます。

  • ジャンプ
  • 検索
  • 編集箇所単位でジャンプ
  • 見出し単位でジャンプ
  • グラフィック単位でジャンプ
  • 表単位でジャンプ

[ジャンプ]と[検索]

[ジャンプ]ボタンをクリックすると、[検索と置換]ダイアログボックスの[ジャンプ]タブが表示されます。

画像は、Word2010です。

[検索と置換]ダイアログボックスの[ジャンプ]タブ

[検索]ボタンをクリックすると、[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブが表示されます。

[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブ

[ジャンプ先のメニュー]では、[前のページ]や[次のページ]ボタンで移動する単位を、ページ単位以外を選択して移動することができます。

参考Word2010まではありましたが、Word2013からはこの機能は廃止されたようです。

Word2013以降も垂直スクロールバーや、水平スクロールバーで右クリックした場合のコマンドは使用できます。

スクロールバーの便利な使い方(一画面単位で移動など)

ウィンドウのすべての範囲が画面が表示されていない場合、スクロールバーが表示されますね。 このスクロールバーの機能を知っておくと効率よく操作す ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Word 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.