Windows7 & Office2010 Word2010

Print Friendly

ナビゲーションウィンドウ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

ナビゲーションウィンドウは、Word2010からの新機能です。なかなか便利だと思います。

ナビゲーションウィンドウの表示

[表示]タブから[表示]グループにある[ナビゲーションウィンドウ]のチェックボックスをオンにします。
下のようにウィンドウの左側にナビゲーションウィンドウが表示されます。

表示タブ

このナビゲーションウィンドウは、文書内の文字列検索や文書の構成を確認するのに便利です。
ポップヒントには、「ナビゲーションウィンドウを開きます。このウィンドウで見出しやページを選択したり、テキストやオブジェクトを検索して、文書内を移動できます。」と記されています。

文書見出しの検索

3つのタブがありますが、左のタブは文書の見出しを検索します。(見出しの設定が必要です
※見出しの設定については見出しの設定を参照されてください。
見出しごとに階層構造で表示され、見出しをクリックすると、その見出しの箇所へ移動することもできます。
見出しをドラッグして、見出し単位で文章の入れ替えができます。

テキストボックスで文字列の検索

テキストボックスに検索したい文字を入力すると、検索した文字が含まれる見出しに色がつきます。3つのタブの右にある▲▼で前の検索結果、次の検索結果が表示されます。
表示タブ
見出しで右クリックして、ショートカットメニューから[レベル上げ]、[レベル下げ]なども行うことができます。
文書の見出しを検索します

文書のページを検索

中央のタブは文書のページを検索します。検索した文字が含まれるページがサムネイルで表示されます。サムネイルをクリックすると、そのページへ移動します。
文書のページを検索します

スポンサーリンク

現在の検索結果を表示

一番右のタブは、現在の検索結果を表示します。検索した文字列を含む周辺の文章が表示されます。
文書の結果を表示します

下のページでは、ナビゲーションウィンドウを使用したページの入れ替え、見出しの入れ替えの方法を紹介しています。

ページの入れ替え

Wordでページごと、入れ替えたいということがありますね。その場合の便利な方法です。 まず見出しの設定が必要です。これさえ設定しておくと、後 ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

Excelへ出力ボタンの作成

Access2010でテーブルやクエリをExcelへ出力するマクロを作成して、それをコマンドボタンに登録する方法です。 エクスポート操作の保 ...

ピボットテーブルのフィールドをドラッグ操作で配置したい

Excel2003のときにようにピボットテーブルのフィールドをドラッグで移動したいのだけど・・との質問を受けることがあります。 これは、[ピ ...

拡張辞書のインストール

IME2010では、拡張辞書を追加することができます。 IME2010の[ツール]から[追加辞書サービス]→[オープン拡張辞書を追加]をクリ ...

ページの開始番号を変更する

Excelでヘッダーやフッターにページ番号を挿入すると、既定では[1]から始まりますが、 表紙をつけるなどで[2]や[3]から開始したい場合 ...

ブログの投稿ができません

Word2007から、ブログへ投稿できるようになりました。 ブログの投稿(Word2007) Word2010でも同じように投稿できるように ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.