リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

Ctrl+Fで【検索と置換】ダイアログボックスを表示する方法

投稿日:2018年3月20日 更新日:

Word2010以降、[Ctrl]+[F]を押すと、[検索と置換]ダイアログボックスではなくて、画面の左側に[ナビゲーションウィンドウ]が表示されるようになりました。

検索と置換ダイアログボックスを表示するには

Word2010で[Ctrl]+[F]を押すと、下のようなウィンドウが表示されます。 このナビゲーションウィンドウもとても便利な機能ですが、 ...

続きを見る

ですが、未だに[検索と置換]ダイアログボックスを表示させたいとき、ついつい[Ctrl]+[F]を押してしまいます。[Ctrl]+[H]を押して、[検索]タブに切り替えたりするのが早いのですが、やっぱり[Ctrl]+[F]を押してしまいます。

なにかいい方法がないかなぁと検索してみると、以下の記事がヒットしました。[キーボードのユーザー設定]で[Ctrl]+[F]を割り当てればいいんですね。
【Word】「検索と置換」ダイアログボックスを [Ctrl] + [F] で立ち上げる方法 | みんなのワードマクロ

キーボードのユーザー設定

早速、設定してみました。やっぱり便利です。

[Wordのオプション]ダイアログボックスの表示

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。
[ファイル]タブの[オプション]

または、クイックアクセスツールバーの[クイックアクセス ツールバーのユーザー設定]のボタンをクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。
[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]の[その他のコマンド] [Wordのオプション]ダイアログボックスが表示されます。[リボンのユーザー設定]をクリックします。
[Wordのオプション]ダイアログボックス

[キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスの表示

[リボンのユーザー設定]にある[ショートカットキー]の[ユーザー設定]をクリックします。
[リボンのユーザー設定]にある[ショートカットキー]の[ユーザー設定]をクリック [キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスが表示されます。
[キーボードのユーザー設定]ダイアログボックス

ショートカットキーの割り当て

[分類]から[ホーム]タブを選択します。[コマンド]から[EditFind]を選択します。
コマンドの指定 [割り当てるキーを押してください]のテキストボックスにカーソルを移動させます。
[割り当てるキーを押してください]のテキストボックスにカーソルを移動

そして、キーボードから、[Ctrl]と[F]キーを押します。
キーボード [キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスの[割り当てるキーを押してください]のテキストボックスは、下のように[Ctrl+F]と表示されます。注意必ずキーボートから設定します。テキストボックスに入力はできません。 [割り当て]ボタンをクリックします。
[割り当て]ボタンをクリック [キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスは、下のようになります。[現在のキー]に[Ctrl+F]と表示されています。[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。
キーボードのユーザー設定

これで、キーボードから[Ctrl]+[F]を押すと、[検索と置換]ダイアログボックスが表示されるうようになります。試してみてください。
[検索と置換]ダイアログボックス

ナビゲーションウィンドウの表示

また、ショートカットキーを割り当てた後でも、[ホーム]タブの[編集]グループにある[検索]をクリックすると、ナビゲーションウィンドウが表示されます。
[ホーム]タブの[編集]グループにある[検索]ボタン [Ctrl]+[F]を押すと、[検索と置換]ダイアログボックスが表示されるというだけで、他の操作には影響しません。

割り当てたショートカットキーを解除

割り当てたショートカットキーを解除するには、設定したときの同じように[キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスを表示します。 [分類]から[ホーム]タブを選択して、[コマンド]から[EditFind]を選択します。[現在のキー]には、設定した[Ctrl+F]が表示されています。
削除するには、この[現在のキー]の[Ctrl+F]をクリックします。そうすると、[削除]ボタンが有効になりますので、[削除]ボタンをクリックします。
割り当てたショートカットキーの削除

これで元の状態になります。
キーボードのユーザー設定

参考[キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスから、[Insert]キーを無効にする方法も解説しています。

Insertキー(上書きモード)を無効にする

せっかく入力したのに、入力した文字が消えて 新しく入力した文字に置き換えられた。そんな経験はありませんか? これは、[挿入モード]から[上書 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

バーコードとQRコードの作成

Access2016でバーコードとQRコードをレポートに表示する方法を紹介します。実際、使用するには、バーコードリーダーや諸々の環境でテスト ...

パラメータークエリで期間を指定してレコードを抽出

パラメータークエリとBetween And演算子を組み合わせると、パラメーターの入力ダイアログボックスに日付を入力して、指定した期間のみのレ ...

セルの中央に点線や直線を引くには

セルの中央に点線や直線を入力したいという場合の方法です。セルの幅や高さを変更しても、点線や直線の長さもそれに伴い変更されるので、意外と便利に ...

画面切り替えでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成や、ホイールアニメでカウントダウンタイ ...

セーフモードで起動するには

Windows10でセーフモードで起動する方法です。2つの方法を紹介します。 トラブルシューティングから [msconfig]から起動 Mi ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.