Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

コネクタの再接続とは最短距離のポイントに自動的に再接続する機能

投稿日:2017年1月7日 更新日:

図形をコネクタで接続すると、コネクタのショートカットメニューに[コネクタの再接続]というコマンドがあります。これは、[図形間の最短距離にあるポイントにコネクタを再接続する]という意味です。一度接続が切れたコネクタを再度接続すると言う意味ではありません。

描画キャンバスの挿入

注意Word2007以降でコネクタを使用する場合は、描画キャンバスの中でしか使用できません。描画キャンバス外では、接続ポイントが表示されず、コネクタ機能は使用できません。

Wordでコネクタ機能を使う場合は、まず描画キャンバズを挿入します。[挿入]タブの[図形]をクリックして[新しい描画キャンバス]をクリックします。
描画キャンバス

コネクタを移動

赤い丸で接続されたコネクタを選択してコネクタのみを移動させると、図形の接続は切れてしまいます。いったん接続が切れたコネクタを、再び接続するには、コネクタをオートシェイプに合わせるだけでは接続はできません。(画像はWord2010ですが、操作はどのバージョンも同じです)再度、接続し直さなければいけません。
コネクタで接続した図形
コネクタの接続が切れた図形

コネクタを接続

片方の接点をオートシェイプに接続して、赤い丸(接続ポイント)になったことを確認して、
接点のドラッグ

反対側の接点をドラッグで接続します。
接点のドラッグ

おすすめコネクタのみを移動するのは、できるだけ避けたほうがいいです。一度コネクタで接続したら、コネクタで接続したまま図形の方を移動させた方が効率的です。

コネクタの再接続とは

コネクタで右クリックすると、[コネクタの再接続]というのがありますが、これは[図形間の最短距離にあるポイントにコネクタを再接続する]という意味です

たとえば、下のように図形を接続したとします。
コネクタで接続された図形

図形を移動させると、下のようになります。コネクタが綺麗に接続されていません。
コネクタで接続されたまま移動した図形

コネクタで右クリックすると、ショートカットメニューの中に[コネクタの再接続]というのがあります。
ショートカットメニューのコネクタの再接続

クリックすると、下のように自動的に最短距離のポイントで接続されます。図形は下のようになります。
注意[コネクタの再接続]とは、一度接続が切れたコネクタを再度接続すると言う意味ではありません。
再接続を実行

参考以下は、図形を操作するときには気を付けてください。

図形の【既定の線に設定】は要注意

先日、矢印を既定の線に設定できないんですけど・・・と質問を受けました。 質問はExcel2007でしたが、Excel2010でも同じですので ...

続きを見る

Word2010では、オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内でのみ有効です。

オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効

Word2010では、オブジェクトの選択ボタンで図形を囲むようにドラッグしても、これまでのように複数の図形を一気に選択することができません。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

記事を更新しました

モバイルアドレス帳を削除するには

Outlook2010でメッセージを作成するとき、[宛先]ボタンをクリックして、[名前の選択]ダイアログボックスを表示させて、アドレス帳から ...

図表番号と図表目次の挿入

[図表番号]とは、文書内の図や、表、数式などに振るラベル(連番)のことです。 文書内に複数の図や表がある場合、自動的に連番が振られますし、削 ...

Anytime Upgrade

ネットブックにWindows7 Starterをインストールしたら、スタートメニューに[Windows Anytime Upgrade]とい ...

タブの切り替えができない

Excel2010で、タブを切り替えるためにタブをクリックしても無反応となる現象があります。 セルの選択はできるのに、タブの切り替えができま ...

検索ボックスが消えた

Windows7では、[スタート]ボタンをクリックすると、[すべてのプログラム]のすぐ下に[検索ボックス]が表示されます。 ある日、検索しよ ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.