Windows7 & Office2010 Word2010

Print Friendly

接続が切れたコネクタを再び接続する

投稿日:

Wordで2つのオートシェイプをコネクタで一度接続します。その後、コネクタだけを移動させると、接続が切れてしまいます。

いったん接続が切れたコネクタを、再び接続するには、コネクタをオートシェイプに合わせるだけでは接続はできません。(画像はWord2010ですが、操作はどのバージョンも同じです)
オートシェイプ
オートシェイプ
片方の接点をオートシェイプに接続して、赤い丸になったことを確認して、
接点のドラッグ

スポンサーリンク

反対側の接点をドラッグで接続します。
接点のドラッグ


コネクタで右クリックすると、[コネクタの再接続]というのがありますが、これは[図形間の最短距離にあるポイントにコネクタを再接続する]という意味です
コネクタの再接続
クリックすると、下のように自動的に最短距離のポイントで接続されます。接続が切れたコネクタを再度接続すると言う意味ではありません。
コネクタの再接続

お勧め記事と広告

関連記事

ウィンドウ内でスライドショー

PowerPoint2010から、閲覧表示でスライドショーを実行して確認できるようになりました。 [表示]タブの[プレゼンテーションの表示] ...

発行済みのデータベースをローカルに保存する方法

Access2010ではWebデータベースを作成することができます。 Webデータベースの作成 SharePoint Serverに保存され ...

追加クエリ

1つのテーブルに別のテーブルのレコードを追加する方法です。 [6月]と[7月]のテーブルがあって、各テーブルのフィールド名は同じです。 6月 ...

ピボットテーブルの追加フィールド

Accessのクエリでピボットテーブルを作成した後でも、演算によるフィールドを追加することができます。 下のように[実績]と[予算]フィール ...

テンプレートの保存

テンプレートとはひな形のことです。 繰り返し使用するファイルの場合、自分で作成した文書をテンプレートとして保存しておくと便利です。 Word ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.