Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

自動的に更新される日付や時刻を挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでは、入力した日付と時刻を自動的に更新してくれる機能があります。

[挿入]タブの[日付と時刻]から挿入

日付を入力したい箇所にカーソルを移動させます。そして、[挿入]タブの右端のほうにある[日付と時刻]をクリックします。ポップヒントには以下のように記されています。

現在の日付や時刻を簡単に追加できます。

日付と時刻

[日付と時刻]ダイアログボックスが表示されます。下の画像は、[言語の選択]は[日本語]、[カレンダーの種類]は[和暦]を選択している状態です。
日付と時刻ダイアログボックス

時刻も挿入したい場合は、[カレンダーの種類]のプルダウンボタンをクリックして[グレゴリオ暦]を選択してくださいね。
グレゴリオ暦

目的に合った表示形式を選択して、[自動的に更新する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

参考[自動的に更新する]のチェックボックスをオンにすると、[全角文字を使う]は非表示になります。
[自動的に更新する]のチェックボックスをオン

簡単に挿入することができますね。自動的に更新するのチェックボックスをオフにして、自動更新なしの日時も挿入してみました。
日時の入力

ファイルを上書き保存後閉じて、再度 ファイルを開くと下のように時刻が更新されています。ファイルを開いたときの日時となります。
ファイルを閉じて開く

もし、ファイルを開いたまま更新したい場合は、日付の箇所でクリックして、キーボードから[F9]キーを押します。
F9キーで更新
または、日付で右クリックしてショートカットメニューから[フィールドの更新]をクリックします。
ショートカットメニュー

自動的に更新される日付と時刻はフィールドコードで入力されています。
[Alt]キーと[F9]キーを同時に押すと、下のようになってフィールドコードが表示されます。
参考[Alt]+[F9]は、文書全体のフィールドが全て表示されます。もし、部分的にフィールドコードを表示したい場合は、表示したい箇所をクリックしてグレイになった状態で、[Shift]キーと[F9]キーを押します。
フィールドコードの表示

もし、時刻の秒は表示したくないという場合は、このフィールドを直接編集して[s秒]を削除します。
フィールドコードの編集

そして、[Alt]+[F9]を押して、フィールドコードを非表示にします。その後、[F9]キーを押して更新します。下のように[秒]が消えて、[分]までの表示になります。
更新後の日時

クイックパーツから挿入

もう一つ、自動更新される日時を挿入する方法があります。[挿入]タブの[クイックパーツ]をクリックして、[フィールド]をクリックします。
クイックパーツのフィールド

[フィールド]ダイアログボックスが表示されます。[分類]から[日付と時刻]を選択します。
フィールドダイアログボックス

もし、下のように日付の書式が日本語になっていない場合は、Wordの文章内の日本語の箇所を一度クリックして再度 開いてください。日本語で表示されるようになります。
フィールドダイアログボックス英語表記

[フィールド]ダイアログボックスの[フィールドの名前]から、[Date]か[Time]を選択します。ここでは、[日付の書式]から[yy/M/d H時m分s秒]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
書式の選択

下のように日付と時刻が挿入されます。
日時の挿入

このフィールドも編集することができます。挿入した日付で右クリックして、ショートカットメニューから[フィールドの編集]をクリックすると、[フィールド]ダイアログボックスが表示されます。
フィールドの編集をクリック

[日付の書式]の先頭に[yy]を追加して[OK]ボタンをクリックします。もちろん、これも[Alt]キーと[F9]キーを押してフィールドコードを表示して編集することもできます。
書式の編集

下のような表記になります。
編集後の日時

また、[フィールド]ダイアログボックスから挿入した日付と時刻は、クリックすると下のようになります。更新する場合は、[更新]ボタンをクリックします。もちろん、[F9]キーを押しても更新できます。
フィールドの更新ボタン

文書を最後に保存した日時を取得

[フィールド]ダイアログボックスは便利な機能がいっぱいです。[フィールドの名前]にある各フィールドには、[文書を最後に保存した日時]などを自動的に取得することができます。各名前を選択して下の「説明]を読むと分かります。
文書を最後に保存した日時

CreateDaye…文書が作成された日時
Date…現在の時刻
EditTime…文書の編集時間
PrintDate…文書を最後に印刷した日時
SaveDate…文書を最後に保存した日時
Time…現在の時刻

最終更新日時を自動で表示(Word2010)でも解説しています。

最終更新日時を自動で表示

文書を開いたときに、最終更新日が分かると便利ですね。特に複数人で利用する文書なら、尚更です。 フィールドの挿入 [挿入]タブの[クイックパー ...

続きを見る

自動更新される日付と時刻を挿入するショートカットキー

自動更新される日付を挿入するショートカットキーは、[Alt]+[Shift]+[D]です。
自動更新される時刻を挿入するショートカットキーは、[Alt]+[Shift]+[T]です。
自動更新される日付と時刻のショートカットキー

直前に日本語を選択した後は、下のようになります。
ショートカットキー日本語

この日付と日時も[Alt]+[F9]キーを押して、フィールドコードを表示して編集することができます。

フィールドのロック

フィールドを更新されないようにロックすることもできます。
フィールドの箇所を選択して、[Ctrl]+[F11]を押します。右クリックしても、ショートカットメニューの[フィールドの更新]は無効になります。
フィールドのロック

フィールドのロックを解除するためには、[Ctrl]+[Shift]+[F11]を押します。

フィールドコードの削除

フィールドコードを削除して文字列の表示にするには、[Ctrl]+[Shift]+[F9]です。
フィールドコードの削除

選択してもグレイ表示にはなりませんし、[Alt]+[F9]を押してもフィールドコードは表示されなくなります。
フィールドコードを削除した後

自動更新されない日付の簡単入力

自動更新されない日付は、「へいせい」と入力して[平成]に変換、[Enter]キーで確定すると、下のようにポップアップが表示されるので、Enterキーを押します。
平成と入力して日付を簡単入力

または、現在の西暦を入力後[ねん]と入力して[年]に変換、[Enter]キーで確定すると、下のようにポップアップが表示されますので、Enterキーを押します。
西暦を入力して日付を簡単入力

フィールド関連では、ルビ(ふりがな)の小技も楽しめると思います。

ルビ(ふりがな)の小技

漢字にルビをふることがありますね。そのルビを編集する方法です。 ルビの表示 [博多]の文字にルビをつけます。 [博多]を選択して、書式設定ツ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

差し込み印刷用のデータを作成

Excelで住所録を作成される方は多いと思います。しかし、その住所録はExcelにデータとして認識されているでしょうか?例えば、Wordの差 ...

セーフモードで起動するには

Windows10でセーフモードで起動する方法です。2つの方法を紹介します。 スタートメニューの[電源]をクリックして、[Shift]キーを ...

受信メールの一部分を印刷したい時はメッセージの編集が便利

受信したメールの一部分を印刷したい時ってありますね。たとえば、レストランや列車の予約をしたら、お知らせのメールが届きます。その受信メールの中 ...

段落の背景に色をつける

Wordで 段落の背景に塗りつぶしの色を設定する方法です。段落というと大きな文字列の固まりを想像される方が多いですが、Wordでは、段落記号 ...

IMEの郵便番号辞書の情報(いつのデータなのか)を確認するには

IMEには、郵便番号辞書が標準で組み込まれています。とても便利ですし、重宝しています。ですが、時々変換されないこともあって、いったいこの郵便 ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.