リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

複数オブジェクトの選択が可能

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。

オブジェクトの選択

画像や、テキストボックス、図形などを挿入した文書があります。[ホーム]タブの[選択]グループにある[選択]から[オブジェクトの選択]を選択して、
オブジェクトの選択

画像などを囲むようにドラッグします。
ドラッグ

画像や図形をまとめて選択することができます。
選択

ただし、画像や図形が[レイアウトオプション]で[行内]の場合を除きます。
もし、まとめて選択できないという場合は、レイアウトオプションで[行内]になっていないかを確認してください。

文字列の折り返しで[四角]などを選択すると、まとめて選択できるようになります。
レイアウトオプション

この機能は、Word2010では、描画キャンバス内しか実行することができませんでした。
オブジェクトの選択ボタンのドラッグ操作は描画キャンバス内で有効
Word2013も描画キャンバスがあり、同じようにオブジェクトの選択でまとめて選択することができます。

また[オブジェクトの選択]をポイントした時のポップヒント(スーパーツールチップ)の内容も書き換えられました。以下のようになっています。

インク、図形、テキスト領域などのオブジェクトを選びます。
これは特に、テキストの背後にあるオブジェクトを操作するときに使うと便利です。

本来はこういう使い方ですよ、と示唆されているのかもしれませんが、丁寧な解説になっていて嬉しいですね。

 【Word2010】  【Word2013】
 Word2010のオブジェクトの選択 スーパーツールチップ  Word2013のオブジェクトの選択 スーパーツールチップ

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

フィルター後の表を行の高さも列幅もそのままコピーしたい

Excelで下のように完成した表があって、A列の「地域」でフィルターをかけて抽出しています。 フィルターで抽出した表をそのままコピーして、 ...

個人用テンプレートの保存場所

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。 今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと ...

差分を追加

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出した後、その差分レコードをテーブルへ追加する方法です。 下のような[テーブルA]と[テーブ ...

折れ線はフリーフォームで

Excelでフリーフォームを使って、ギザギザの直線(折れ線・曲がった直線)を描く方法です。 図形からフリーフォームをクリック [挿入]タブの ...

ユーザー設定リストの編集

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。オートフィルでは、独自に作成したデータをユーザー設定リスト ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.