Windows 7 & Office 2010 Word 2010

テキスト範囲のグループ化(編集ロック)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

テキスト範囲をグループ化しておくと、削除も編集もできなくなります。[グループ化]は、[開発]タブの[コントロール]グループにあります。

本来は、複数のコンテンツコントロールや複数のテキストの段落を[グループ化]して、単体では削除できないようにする機能ですが、テキスト範囲をグループ化しても、編集をロックできます。

[開発]タブの[グループ化]

[開発]タブの表示


[開発]タブを表示する方法です。

[ファイル]タブの[オプション]をクリックして、[Wordのオプション]ダイアログボックスを表示します。

[リボンのユーザー設定]をクリックして、右側の[リボンのユーザー設定]の中から[開発]のチェックボックスをオンにします。

[Wordのオプション]ダイアログボックスの[リボンのユーザー設定]

テキスト範囲のグループ化

複数の段落を選択して、[開発]タブにある[コントロール]グループの[グループ化]から[グループ化]をクリックします。

注意[グループ化]のボタンをそのままクリックするのではなく、ボタンをクリックするとメニューが表示されますので、メニューの中の[グループ化]をクリックしてください。

ポップヒントには、以下のように記されています。

テキスト範囲のグループ化

選択したテキスト範囲のグループ化とグループ解除を行います。

テキスト範囲をグループ化すると編集できなくなります(編集可能なコンテンツコントロールが含まれる領域内にある場合を除く)。

[開発]タブにある[コントロール]グループの[グループ化]

グループ化したテキストを編集しようとすると、ステータスバーに[選択範囲がロックされているため、この変更はできません。]と表示されます。

ステータスバーのメッセージ

削除されないように設定

テキストをグループ化して、編集できないようにロックしても、削除されたら困りますね。

プロパティで設定します。

グループ化したテキスト内をクリックして、[開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]をクリックします。

範囲選択しなくも、グループ化したテキスト内にカーソルを置くだけでOKです。

[開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]

[グループのプロパティ]ウィンドウが表示されます。

[コンテンツコントロールの削除不可]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

これで、テキストは、編集も削除もできなくなります。

[グループのプロパティ]ウィンドウ

参考コンテンツコントロールのプロパティは、種類によって異なります。

グループ解除

まず、コンテンツコントロールのプロパティで削除不可の設定を先に解除します。

この場合もグループ化したテキスト内でクリックするだけでOKです。範囲選択する必要はありません。

コンテンツコントロールの削除不可をオフ

[コントロール]グループの[グループ化]から[グループ解除]をクリックすると、通常通り編集も削除もできるようになります。

参考本来は、複数のコンテンツコントロールや複数のテキストの段落を[グループ化]して、単体では削除できないようにする機能です。

[開発]タブにある[コントロール]グループの[グループ化]-[グループ解除]

関連以下は、コントロールに関するページです。

オプションボタンの挿入とグループ化

Word2013でコントロールのオプションボタンを挿入した後、グループ化する方法です。 オプションボタンは[開発]タブにありますが、[開発] ...

続きを見る

[コンボボックス コンテンツ コントロール]の挿入

Word2013でのコンボボックスの作成方法です。 [開発]タブの[コンボボックス コンテンツ コントロール]をクリックして挿入します。 プ ...

続きを見る

コンテンツコントロールとフォームコントロール

Word2010で[開発]タブの[コントロール]グループにある[コンテンツコントロール]を使って作成した文書を、[Word97-2003]の ...

続きを見る

文字数制限付きのテキストボックスを作成

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。 テキストボックスの完成後、[編集の制限]でフォーム ...

続きを見る

コントロールのコンボボックスとドロップダウンリストの違い

コントロールのリッチテキストとテキストの違い

フォームに日付選択カレンダーを表示

Excelでも解説しています。

チェックボックスを使って自動集計

Excelで下のようにチェックボックスを使用してチェックした個数と価格の合計を求める方法を紹介します。 [開発]タブの表示 事前準備として、 ...

続きを見る

オプションボタンの挿入(フォームコントロールとActiveXコントロール)

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。 オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。 また、ワークシー ...

続きを見る

カレンダーをクリックして日付を入力

Excel2007で、カレンダーを表示して日付を入力する方法です。 注意Access2007がインストールされている環境が必要です。 [開発 ...

続きを見る

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Word 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.