Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

Wordの表に連番を自動入力

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで表を作成すると、1つの列に連番を入力したい時があります。

セルに1つ1つ入力するのは面倒ですね。

一気に入力する方法を紹介します。

行の削除

サンプル表の確認

下のような表を作成しました。

この表の左端に1から始まる連番を入力します。

表

範囲選択

連番を入力したい範囲を選択します。

範囲を選択

段落番号の設定

[ホーム]タブの[段落番号]の矢印▼をクリックします。

そして、[番号の整列:左]をポイントします。

リアルタイムプレビューで結果が表示されます。

参考リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイント(マウスで合わせる)して、設定後の結果を確認できる機能のことです。確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

このままクリックして確定します。

段落番号

段落番号のドットの削除

でも、番号にドットは不要なので、段落番号の書式を変更します。

表内の番号のセルにカーソルを置いた状態で[ホーム]タブの[段落番号]の矢印▼をクリックします。

そして[新しい番号書式の定義]をクリックします。

新しい番号書式の定義

[新しい番号書式の定義]ダイアログボックスが表示されます。

[番号書式]のドットのみを削除します。

下の[プレビュー]で確認します。

問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。

新しい番号書式の定義ダイアログボックス

全ての番号からドットが消えたと思います。

段落番号の変更

この段落番号のメリットは、表の行を追加したり、削除しても番号が自動的に降り直されることです。

下は、3の下に行を追加した状態です。

行の追加

下は、5の[下敷き]行を削除した状態です。

行の削除

新しく書式設定した段落番号は、[番号ライブラリ]に保存されます。

番号ライブラリ

番号ライブラリーから削除するには

削除したい場合は、右クリックしてショートカットメニューから削除することができます。

ショートカットメニューから削除

段落番号の変更

また、他の段落番号に変更したい場合は、番号を入力されたセルをクリックして、再度 [ホーム]タブの[段落番号]の矢印▼をクリックして、[番号ライブラリ]の中の目的にあった番号形式を選択します。

ポイント(マウスを合わせる)するだけで、結果を確認できるので分かり易いと思います。

段落番号の変更

途中の番号から開始するには

番号を1からではなく、途中から開始したい場合は、[段落番号]の矢印▼をクリックして、[番号の設定]をクリックします。

この時も必ず表の番号のセルをクリックしてから、操作してください。

番号の設定

[開始番号]に開始したい番号を入力します。

下のプレビューで確認して間違いがなければ[OK]ボタンをクリックします。

番号の設定ダイアログボックス

結果、下のようになります。

開始番号を変更した表

この連続入力方法を使って、カレンダーを作成する方法を紹介しています。

カレンダーの作成(クイック表作成から)

Wordのクイック表作成からカレンダーを作成する方法です。 クイック表作成からカレンダーを選択 まず、カレンダーを挿入したい位置にカーソルを ...

続きを見る

Word2003での解説もあります。以下の記事のほうがより詳細かもしれません。参考にしてください。

表に連続番号を振りたい

Wordの表に連続番号を振りたい場合がありますね。 そのときに便利な方法です。 列の選択 番号を振りたい列や行を選択します。 ここでは、列を ...

続きを見る

Wordの表の各部の名称や機能について、まとめています。

Wordの表の各部の名称と表の機能

表の各部の正確な名称を知っておくと、操作が分からないときやトラブルが発生したときに検索しやすくなります。 また、Wordの表でできる内容を把 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.