Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly

Wordの表に連番を自動入力

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで表を作成すると、1つの列に連番を入力したい時があります。セルに1つ1つ入力するのは面倒ですね。一気に入力する方法を紹介します。

下のような表を作成しました。この表の左端に1から始まる連番を入力します。
表

範囲選択

連番を入力したい範囲を選択します。
範囲を選択

スポンサーリンク

段落番号の設定

[ホーム]タブの[段落番号]の矢印▼をクリックします。そして、[番号の整列:左]をポイントします。リアルタイムプレビューで結果が表示されます。このままクリックして確定します。
段落番号

段落番号のドットの削除

でも、番号にドットは不要なので、段落番号の書式を変更します。表内の番号のセルにカーソルを置いた状態で[ホーム]タブの[段落番号]の矢印▼をクリックします。そして[新しい番号書式の定義]をクリックします。
新しい番号書式の定義

[新しい番号書式の定義]ダイアログボックスが表示されます。[番号書式]のドットのみを削除します。下の[プレビュー]で確認します。問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。
新しい番号書式の定義ダイアログボックス

全ての番号からドットが消えたと思います。
段落番号の変更

この段落番号のメリットは、表の行を追加したり、削除しても番号が自動的に降り直されことです。
下は、3の下に行を追加した状態です。
行の追加

下は、5の行を削除した状態です。
行の削除

新しく書式設定した段落番号は、[番号ライブラリ]に保存されます。
番号ライブラリ

番号ライブラリーから削除するには

削除したい場合は、右クリックしてショートカットメニューから削除することができます。
ショートカットメニューから削除

段落番号の変更

また、他の段落番号に変更したい場合は、番号を入力されたセルをクリックして、再度 [ホーム]タブの[段落番号]の矢印▼をクリックして、[番号ライブラリ]の中の目的にあった番号形式を選択します。クリックする前に結果を確認できるので分かり易いと思います。
段落番号の変更

途中の番号から開始するには

番号を1からではなく、途中から開始したい場合は、[段落番号]の矢印▼をクリックして、[番号の設定]をクリックします。この時も必ず表の番号のセルをクリックしてから、操作してください。
番号の設定

[開始番号]に開始したい番号を入力します。下のプレビューで確認して間違いがなければ[OK]ボタンをクリックします。
番号の設定ダイアログボックス

結果、下のようになります。
開始番号を変更した表

この連続入力方法を使って、カレンダーを作成する方法を紹介しています。
カレンダーの作成(クイック表作成から)

カレンダーの作成(クイック表作成から)

Wordのクイック表作成からカレンダーを作成する方法です。 クイック表作成からカレンダーを選択 まず、カレンダーを挿入したい位置にカーソルを ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

データの統合(表の項目名の数と並び順が一致している場合)

Excelには複数の表を統合してくれるデータの統合という機能があります。各店舗や各支店の異なるブックのデータをまとめたり、複数シートのデータ ...

PowerView(パワービュー)ボタンの表示

Excel2016では、[PowerView]ボタンは標準ではリボンに表示されていません。[クイックアクセスツールバー]に表示させる方法と、 ...

直前の操作を繰り返す3つの方法

WordやExcel、PowerPointの操作中に操作を繰り返すことは多いと思います。直前の操作を繰り返す方法を3つ紹介します。 クイック ...

操作アシスト

Office2016の新機能です。リボンに[操作アシスト]という機能が追加されました。 操作アシストのテキストボックスに操作したい語句を入力 ...

変換候補の「クラウド候補を使ってみる」って何?

Windows10で 入力中に変換候補の中に[クラウド候補を使ってみる]というのが表示されることがあります。 このクラウド候補とは、IMEが ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.