Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップ

投稿日:2017年5月17日 更新日:

Wordには段落の先頭文字だけを大きくするドロップキャップという機能があります。

ドロップキャップの文字はレイアウト枠の設定になるので、自由に書式を変更することができます。

ドロップキャップを使うことで、インパクトのある紙面に変化させることができます。

ドロップキャップを設定した文書

段落内にカーソルを置いて(段落内であればどこでもいいです)、[挿入]タブの[テキスト]グループにある[ドロップキャップの追加]ボタンをクリックします。

注意この時、段落の先頭に空白スペースがないことを確認してください。先頭に空白スペースがあるとドロップキャップの設定はできません。

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップの設定ができない

ドロップキャップの設定

まず、ドロップキャップを設定したい段落内でクリックします。

段落内であれば、どこでもいいです。

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[ドロップキャップの追加]をクリックします。

メニューの中から[本文内に表示]または[余白に表示]をクリックします。

ドロップキャップの設定は、リアルタイムプレビューになっているので、選択肢をマウスポインタでポイントするだけで結果を確認できます。

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

以下は、[本文内に表示]をポイントしている状態です。

ドロップキャップの設定 本文内に表示

[余白に表示]にすると、以下のようになります。

余白に表示

複数の段落にドロップキャップを設定

複数の段落にもドロップキャップを適用したい場合は、直前の繰り返し操作のショートカットキーである[F4]キーを使って、適用したい段落にカーソルを置いて[F4]キーを押していきます。

直前の操作を繰り返すには、[繰り返し]ボタンを使ってもいいです。

繰り返し操作については、以下の記事を参照してください。

直前の操作を繰り返す3つの方法

WordやExcel、PowerPointの操作中に操作を繰り返すことは多いと思います。 直前の操作を繰り返す方法を3つ紹介します。 クイッ ...

続きを見る

または、ドロップキャップを設定したい段落を[Ctrl]キーを押しながら選択して、その後 [ドロップキャップの追加]ボタンをクリックします。

そうすると、一気にドロップキャップの設定を行うことができます。

複数段落の設定

ドロップキャップのオプション

[ドロップキャップの追加]の下にある[ドロップキャップのオプション]をクリックして開くと、

ドロップキャップのオプション

ドロップキャップの[位置]、[フォント]、[ドロップする行数]、[本文からの距離]を設定することができます。

ドロップキャップのダイアログボックス

レイアウト枠の表示

レイアウト枠の枠線上でマウスポインタの形が四方向の形になった時にダブルクリックすると、[レイアウト枠]ダイアログボックスを表示することができます。

レイアウト枠の選択

ここでも細かい設定を行うことができます。

レイアウト枠ダイアログボックス

ドロップキャップの書式設定

ドロップキャップは選択して自由に書式を設定することができます。

書式設定

他のドロップキャップに設定したい場合は、設定したいドロップキャップを選択して直前の繰り返し操作のショートカットキーである[F4]キーを押していきます。

繰り返し機能については、直前の操作を繰り返す3つの方法で解説しています。

直前の操作を繰り返す3つの方法

WordやExcel、PowerPointの操作中に操作を繰り返すことは多いと思います。 直前の操作を繰り返す方法を3つ紹介します。 クイッ ...

続きを見る

または、置換機能を使って一括して設定することもできます。

ドロップキャップの書式をまとめて置換するにはで解説しています。

ドロップキャップの書式をまとめて置換するには

ドロップキャップの書式を置換機能を使って一気に変更する方法です。 ドロップキャップについては段落の先頭文字を大きくするドロップキャップを参照 ...

続きを見る

文書先頭のドロップキャップの前に段落を挿入するには

文書の先頭のドロップキャップの前に新しい段落を挿入するには、まずドロップキャップの左端にカーソルを置いて[Enter]キーを押します。

レイアウト枠の左端でクリックしてEnter

そして、新しくできた段落にカーソルを置いて、[ホーム]タブの[すべての書式をクリア]ボタンをクリックします。

書式のクリア

すると、レイアウトが消えて通常の段落になります。

書式クリア後

ドロップキャップの解除

ドロップキャップを解除するには、1つの段落を選択して[ドロップキャップの追加]で[なし]をクリックします。

別の段落のドロップキャップを解除したい場合は、繰り返し機能を使うか、Ctrlキーを使って、解除したい段落を選択して解除します。

ドロップキャップの解除

ドロップキャップを本文内に表示設定した後、Ctrlキーを使って選択すると、下のように最初にクリックした段落は行が選択されますが、2番目以降の段落はレイアウト枠が選択されます。

最後の段落のレイアウトのみしか選択していないように見えますが、途中の段落も選択されています。

複数の段落の選択

以下の記事では、ドロップキャップのフォントサイズや書式をまとめて揃える方法を解説しています。

ドロップキャップの書式をまとめて置換するには

ドロップキャップの書式を置換機能を使って一気に変更する方法です。 ドロップキャップについては段落の先頭文字を大きくするドロップキャップを参照 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

記事を更新しました

文書内の特定の書式の文字列のみを印刷したくない(隠し文字の設定)

Wordで文書内の特定の書式の文字列のみを印刷したくない場合の方法です。 一部の文字列のみを印刷したくない場合は、その文字列を隠し文字にする ...

Yes/No型をチェックボックスではなく文字列で表示するには

Accessのテーブルでフィールドのデータ型を[Yes/No型]にすると、シートビューではチェックボックスになります。 テーブルや、フォーム ...

複数の文字列を結合してひとつの文字列にするには

Excelで1つのセルに他のセルの文字列を結合した文字列を表示する方法を紹介します。 3つの方法を紹介しますので、ご自分に合った方法で操作し ...

縦棒グラフや折れ線グラフに平均値を追加するには

Excelで支店別の売上を棒グラフや折れ線グラフで作成した後に、平均値のラインを追加したいなと思われることもあると思います。 その場合の方法 ...

近似曲線を追加して来月の売上を予測する

作成した折れ線グラフに[近似曲線]を追加して、データの傾向を可視化することができます。 また、来月、再来月などの未来の売上を予測することもで ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.