Windows Xp & Office2003 Word2003

表に連続番号を振りたい

投稿日:

Wordの表に連続番号を振りたい場合がありますね。そのときに便利な方法です。

番号を振りたい列や行を選択します。
ここでは、列を選択します。
表の少し上をポイントすると、マウスポインタの形が下向きの黒矢印に変わります。
そのときにクリックすると1列選択することができます。
列の選択
書式設定ツールバーの[段落番号]ボタンをクリックします。
段落番号
下のように連番を入力することができます。
これは、もちろんセル内に文字列を入力した後でもセルの先頭に連番を振ることができます。
表

スポンサーリンク

この番号を違う書式にしたい場合は、表内にカーソルを置いて
メニューバーの[書式]→[箇条書きと段落番号]をクリックします。
書式メニュー 箇条書きと段落番号
そして、[箇条書きと段落番号]ダイアログボックスの[段落番号]タブを選択して、他の書式を選択して[OK]ボタンをクリックするといいです。
あるいは、段落番号の箇所をダブルクリックしても
[箇条書きと段落番号]ダイアログボックスを表示させることができます。段落番号の簡単変更を参照してください。
箇条書きと段落番号ダイアログボックス
変更することができました。
変更後の表


箇条書きにしたい場合は、同じように箇条書きにしたい列や行を選択したあと、
書式設定ツールバーの[箇条書き]をクリックします。
箇条書きボタン


行の挿入をした場合も連番は自動的に振り直されます。
行を選択して右クリックのショートカットメニューから[行の挿入]をクリックします。
行の挿入
下のように自動的に番号が振り直されます。行を削除した場合も同じです。
番号の振り直し


また列を挿入する場合も同じです。
セル内をクリックして、メニューバーの[罫線]→[挿入]→[列(右)]を選択します。
罫線メニュー 挿入
1列右へ行が挿入されて、番号は下のように自動的に振り直されます。
表 番号の振り直し


また、1行1列の表を作成して書式設定ツールバーの[段落番号]ボタンをクリックします。
1行1列の表
キーボードから[Tab]キーを押していくと、行を増やすごとに連番も自動的に入力されます。
Tabキーで行挿入


表の作成については、表の作り方を参照してください。

連続番号の後ろにつくタブを削除したい場合は、段落番号のタブを削除するにはを参照してください。

下は表関連のページです。ご参照ください。

罫線ツールバーの使い方
一行増やしたい
[+]と[-]で表作成
表内の並べ替え
表での計算
見えない罫線
表のオートフォーマット
タイトル行の繰り返し
文字列を表に変換
表の解除
2行ずつ色が違う縞模様の表
表の行の途中で改ページしたくない

Word2007での解説ですが、2002や2003でも同じです。
表のセルの間隔

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

データの移動

アプリケーション間のデータの移動は簡単にできます。 まずWordとExcelを起動させておきます。左右に並べておくと便利ですね。 その方法は ...

言語バーのショートカットキー

キーボード106の場合です。 同時に押すキー 言語バーの状態 元(あ)に戻すには どちらかのキーを押す Shift 無変換 全角英数と半角英 ...

ウィルス感染防止のために

OutlookExpressの初期設定では レイアウトはプレビューウィンドウを表示するようになっています。 でも これが一番危険なのです。 ...

インデント

段落にインデントを設定すると、文章が見やすくなりますね。 インデントは、段落単位で設定されるということを忘れないでください。 一段落に対して ...

水平線の挿入

Wordでは、段落や文章の区切りに水平線を使うことできます。 いろいろな種類があって、面白いですよ。 水平線を入れたい位置でクリックします。 ...

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.