リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

小数点の位置を揃えて表示するには(小数点揃えタブの使用)

投稿日:2018年1月11日 更新日:

Wordで小数点を含む数値を数行に渡って並べた時に、小数点の位置を綺麗に揃えて表示する方法です。小数点がない数値、整数が混在していても揃えることができます。また、表の場合も同じように設定することができます。
小数点揃えをした文書と表

Excelでの設定方法は、以下の記事で解説しています。

小数点の位置を揃えるには(小数点以下の異なる桁数が混在する場合)

一列の複数セルに小数点以下の桁数の異なる数値が並んでいる場合、小数点の位置は揃いません。小数点以下の異なる桁数の数値が混在していても、小数点 ...

続きを見る

設定の確認

まず、編集記号ルーラーが表示されているかを確認します。

編集記号の表示

本文中のカーソルの位置を確認して、[Tab]キーを打ってみてください。下のように、右矢印の記号が表示されますか?もし、表示されないようであれば、[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]のボタンをクリックしてオンにしてください。
[編集記号の表示/非表示]をオンに

ルーラーの表示

本文の上部と左側にルーラーが表示されていなければ、[表示]タブの[表示]グループにある[ルーラー]のチェックボックスをオンにしてください。
ルーラーの表示

参考もし、ルーラーが下のようになっている場合は、単位が文字幅になっていません。
文字単位になっていないルーラー

これは設定の違いです。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。[Wordのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]の[表示]にある[単位に文字幅を使用する]のチェックボックスがオフになっていると、上記のようになります。使いやすいほうでいいと思います。
ここでは、単位は文字幅にしています。
[Wordのオプション]ダイアログボックス

以上でタブ設定の準備は完了です。小数点を揃える方法を2つ紹介します。

小数点揃えタブで設定

本文に下のように入力されているとします。参考空白スペースなどで、揃えられているかもしれませんが、空白スペースは置換機能を使うなどして削除しても構いません。
本文に入力された文字列

範囲選択

小数点揃えをしたい行の範囲を選択します。注意この範囲選択を忘れる方が多いようです。範囲選択をしないと、カーソルがある段落のみの設定になってしまいますので、忘れないにように範囲選択をしてください。
範囲選択

小数点揃えタブの選択

水平ルーラーの左端にある[タブセレクタ]を見ると、下のように[左揃えタブ]になっていると思います。
タブセレクタ

タブセレクタを3回クリックすると、[小数点揃えタブ]になります。参考タブセレクタが[左揃えタブ]だった場合です。それ以外のタブが表示されていた場合は、何度かクリックして[小数点揃えタブ]を表示します。
小数点揃えタブ

水平ルーラーの任意の位置でクリック

水平ルーラーの小数点の位置にしたい箇所でクリックします。この位置は、後で修正することができます。下のように水平ルーラーにタブマーカーが表示されたと思います。
水平ルーラーでクリック

[Tab]キーで小数点揃えの位置へ移動

数値の前にカーソルを置いて、[Tab]キーを押します。
カーソルを置いてTabキー

タブマーカーの位置へ文字列が移動します。タブに続く文字列の位置が指定されます。
タブ設定

同じように他の段落でも、カーソルを数値の前に置いて、[Tab]キーを押していきます。これで、小数点を揃えることができます。小数点がない場合は、右端になります。
全ての段落でタブ設定

左揃えタブで設定後、小数点揃えに変更

もし、下のように[左揃えタブ]で設定してあるのであれば、[小数点揃えタブ]に変更するだけで済みます。
左揃えタブ設定後

左揃えタブの設定

左揃えタブで、数値の左(先頭)を揃える方法です。
まず、左揃えしたい段落を範囲選択します。
範囲選択

タブセレクタで[左揃え]になっていることを確認します。
タブセレクタ

水平ルーラーの任意の位置でクリックします。
水平ルーラーでクリック

数値の前にカーソルを置いて、[Tab]キーを押してタブマーカーの位置まで移動させます。すべての段落で行います。数値の左側が揃います。
左揃えタブの設定

小数点揃えに変更

まず、範囲選択します。左揃えのタブ設定をした段落をすべて選択します。
範囲選択

水平ルーラーの[左揃えタブマーカー]でダブルクリックします。[タブとリーダー]ダイアログボックスが表示されます。
タブマーカーをダブルクリック

[タブとリーダー]ダイアログボックスの[小数点揃え]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
小数点揃えを選択

水平ルーラーのタブマーカーは、[左揃え]タブから[小数点揃え]タブに変わっています。各段落の数値も小数点揃えになっています。
小数点揃えになった文字列

タブ位置の変更

タブ位置を変更したい範囲を選択して、水平ルーラーのタブマーカーをドラッグします。
タブマーカーをドラッグ

参考[Alt]キーを押したままドラッグすると、より詳細に設定することができます。
Altキーを押したままドラッグ

タブ位置の解除

小数点揃えのタブ位置を解除したい範囲を選択します。そして、タブマーカーをルーラーの外へドラッグします。必ず、小数点揃えを解除したい範囲を選択して行います。
タブマーカーをルーラーの外へドラッグ

または、タブマーカーをダブルクリックして、[タブとリーダー]ダイアログボックスを表示します。そして、タブ位置を選択して[クリア]をクリックします。[OK]ボタンをクリックして、[タブとリーダー]ダイアログボックスを閉じます。参考この場合も必ず、小数点揃えを解除したい範囲を選択して行います。タブ位置が複数ある場合は、削除したいタブ位置を選択します。
タブとリーダーダイアログボックスを表示してクリア

これで水平ルーラーのタブマーカーは削除され、タブ位置が解除されます。ただし、文中で設定した[タブ文字]はそのまま残ります。これも削除したい場合は、編集記号の[→]の箇所にカーソルを置いて、個別に[Delete]キーや[BackSpace]キーを使って削除します。

詳細は、以下の記事で解説しています。ショートカットキーなども紹介しています。
タブの削除、タブ位置の解除

タブ文字を一括削除することもできます。

タブ文字の削除

Excelで作成された文書をコピーして、Wordへ貼り付けると下のように多くのタブが挿入されてしまうことがあります。 この不要なタブ文字を一 ...

続きを見る

表のセルで小数点揃え

表のセルでもタブ位置を設定することができます。サンプルとして、下のような表を作成しています。
表

小数点揃えをしたい範囲を選択します。列ごと選択する場合は、選択したい列の一番上の罫線にマウスポインタを合わせると、下向きの黒い矢印になりますので、この時にクリックします。表の範囲選択の方法は、範囲選択でも解説しています。
列の選択

タブセレクタで[小数点揃え]を選択して、水平ルーラーの任意の位置でクリックします。
水平ルーラーでクリック

参考表のセルで[Tab]キーを押すと、セルを移動します。セル内でタブを設定する場合は、[Ctrl]キー + [Tab]キーです。

関連右揃えタブを使う方法は、以下の記事で解説しています。

右端と左端に文字を配置するには

Wordの文書を開くと、一行目にたくさんの空白スペースを見ることがあります。 もちろん[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]ボタンをオン ...

続きを見る

左揃えタブ、右揃えタブ、リーダーの設定については、以下の記事で解説しています。

文字の位置を揃えるには左揃えタブと右揃えタブを設定(リーダーも表示)

タブを設定すると、文字列の開始位置を変更して間隔を空けることができます。また、複数段落の文字の先頭位置や後ろを綺麗に揃えることができます。 ...

続きを見る

ルーラーを使って、[ページ設定]ダイアログボックスを表示することもできます。

ダイアログボックスを効率よく表示!ルーラーをダブルクリックしてページ設定

通常、ダイアログボックスを表示したい場合は、リボンのグループ名の右側にある[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックして表示させますが ...

続きを見る

タブ位置の解除については、以下の記事でも詳細に解説しています。

クリックアンドタイプ機能の注意点とタブの解除方法

Wordには、クリックアンドタイプ機能という機能があります。これは、文字が入力されていない箇所でダブルクリックすると、その位置から文字を入力 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

ソルバーを使用して最適値を求める

Excelには、ソルバーという機能があります。ソルバーとは、数式の計算結果を目標値として設定して、その結果を得るために複数の制約条件を指定し ...

変換候補の「クラウド候補を使ってみる」って何?

Windows10で 入力中に変換候補の中に[クラウド候補を使ってみる]というのが表示されることがあります。 このクラウド候補とは、IMEが ...

Windows10の付箋(Sticky Notes)の起動方法

Windows10での付箋の起動方法を3つ紹介します。Windows10の[付箋]は、Anniversary Update以降[Sticky ...

アンケート結果はピボットテーブルで簡単集計

アンケートをとって、顧客満足度などの調査をすることがあると思います。アンケートをとった後は、集計しますね。その時、テーブルやピボットテーブル ...

データテーブルを使って複数の計算結果を同時に表示する

Excelの[データ]タブにある[What-If 分析]の中にある[データテーブル]を使うと、複数の計算結果を同時に一覧形式で表示することが ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.