Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

右端と左端に文字を配置するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordの文書を開くと、一行目にたくさんの空白スペースを見ることがあります。

もちろん[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]ボタンをオンにしていなければ気がつきませんが・・・

編集記号の表示/非表示

もし、これが2行であれば、日付は[右揃え]ボタンを使って、右端に揃えてある文書もありますが、1行で右端と左端に文字を配置するとなると、多くの方は空白スペースを使用されるようです。

右揃え

右揃えタブの使用

スマートに行うには、[右揃えタブ]を使用します。

[表示]タブの[ルーラー]がオンになっていることを確認して、左端に注目してください。

ルーラー

括弧のようなマークがあると思います。

ポイントすると、ポップヒントには[左揃えタブ]と表示されると思います。

左揃えタブ

タブセレクタで右揃えタブを選択

そのマーク(タブセレクタ)を2回クリックします。

ポップヒントには、[右揃えタブ]と表示されます。

右揃えタブ

水平ルーラーの右端でクリックして、カーソルの移動

そのまま、ルーラーの右端でクリックします。

そして、タイトルと日付の間にカーソルを置きます。

カーソルの位置

キーボードから[Tab]キーを押す

[Tab]キーを押します。

Tabキー

タイトルと日付の間が空いて、日付は右端へ移動します。

右揃え

参考なぜ、空白スペースでレイアウトするより、右揃えタブでレイアウトしたほうがいいのか?

もし、文字列が増えた場合、または少なくなった場合でも、右揃えタブでレイアウトした場合は何もする必要がありません。

空白スペースの場合は、また空白スペースを調整しなければなりませんね。

良い文書というのは、後々の編集が楽であることだと思います。

2つのレイアウト

関連小数点揃えタブの使い方については、以下の記事で解説しています。

小数点の位置を揃えて表示するには(小数点揃えタブの使用)

Wordで小数点を含む数値を数行に渡って並べた時に、小数点の位置を綺麗に揃えて表示する方法です。 小数点がない数値、整数が混在していても揃え ...

続きを見る

左揃えタブ右揃えタブリーダーの設定については、以下の記事で解説しています。

文字の位置を揃えるには左揃えタブと右揃えタブを設定(リーダーも表示)

タブを設定すると、文字列の開始位置を変更して間隔を空けることができます。 また、複数段落の文字の先頭位置や後ろを綺麗に揃えることもできます。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.