Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

文字の位置を揃えるには左揃えタブと右揃えタブを設定(リーダーも表示)

投稿日:2018年2月28日 更新日:

タブを設定すると、文字列の開始位置を変更して間隔を空けることができます。

また、複数段落の文字の先頭位置や後ろを綺麗に揃えることができます。

左揃えタブと右揃えタブを設定

複数の項目や内容のかたまりがあって、見やすいように間隔を空けたいときがありますね。

この時、空白スペースを使って間隔を空けると、ずれて綺麗に揃えることができない場合があります。

全角スペースや半角スペースを使って、どうにか揃えようと四苦八苦されるのですが、微妙に揃わないことがあります。

空白スペースで文字列の位置を揃えたもの

Wordには、文字列の左端や右端を綺麗に揃える機能があります。

確認と準備

まず、タブを使用する前に準備してほしいことがあります。

ルーラー編集記号が表示されているかを確認します。

また、すでにスペースやタブが入力されているのであれば、これも削除します。

ルーラーの表示

タブを設定するためには、ルーラーを表示しておく必要があります。

本文の上部と左側にルーラーが表示されていなければ、[表示]タブの[表示]グループにある[ルーラー]のチェックボックスをオンにしてください。

ルーラーの表示

参考もし、ルーラーが下のようになっている場合は、単位が文字幅になっていません。

文字単位になっていないルーラー

これは設定の違いです。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

[Wordのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]の[表示]にある[単位に文字幅を使用する]のチェックボックスがオフになっていると、上記のようになります。

使いやすいほうでいいと思います。

ここでは、単位は文字幅にしています。

[Wordのオプション]ダイアログボックス

編集記号の表示

本文中のカーソルの位置を確認して、キーボードから[Tab]キーを打ってみてください。

下のように、右矢印の記号が表示されますか?もし、表示されないようであれば、[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]のボタンをクリックしてオンにしてください。

[編集記号の表示/非表示]をオンに

スペースやタブの削除

本文には以下のように入力されているとします。

本文

もし、既に空白スペースで設定されてあるのであれば、空白スペースは削除します。

タブ文字があれば、タブ文字も削除します。

四角形(□)は全角スペース、点(・)は半角スペース、矢印(→)はタブ(タブ文字)で入力されたものです。

これをすべて削除します。

編集記号 全角スペース、タブ文字、半角スペース

左揃えタブの設定

段落の選択

タブ位置を設定したい段落を選択します。

離れた複数の段落に設定する場合は、[Ctrl]キーを使って選択します。

注意選択された段落に設定されますので、範囲選択することを忘れないようにしてください。

範囲選択していなくても、カーソルのある段落に設定されます。

複数段落の選択

タブセレクタでタブの確認

タブセレクタを確認して、[左揃えタブ]になっているかを確認します。

もし、[左揃えタブ]になっていなければ、タブセレクタを何度かクリックして[左揃えタブ]にします。

タブセレクタ

水平ルーラーでクリック

水平ルーラーで文字列の左端を揃えたい位置でクリックします。

水平ルーラーのクリックした位置にタブマーカーが表示されます。

タブマーカーは、ドラッグで移動することができます。

左揃えタブの設定

間隔を空けたい位置でクリック

段落内の間隔を空けたい位置でクリックします。

段落内でクリック

キーボードから[Tab]キーを押す

そして、キーボードから[Tab]キーを一回押します。

Tabキー

カーソルが左揃えタブの位置に移動し、文字列も移動します。

左揃えタブの位置にカーソルと文字列が移動

他の段落も同様に[Tab]キーを押していきます。

これで、3つの段落の途中の文字列の開始位置を左揃えタブの位置に揃えることができました。

Tabキーを使って他の段落も左揃えタブの位置へ揃った

タブ位置の調整

左揃えの位置を変更したい場合は、再度 変更したい段落を選択して、水平ルーラーのタブマーカーをドラッグします。

タブ位置の調整

右揃えタブの設定

段落の設定

タブ位置を設定したい段落を選択します。

範囲選択

タブセレクタでタブの確認

タブセレクタを何度かクリックして[右揃えタブ]にします。

[左揃えタブ]になっているのであれば、2回クリックすると[右揃えタブ]になると思います。

タブセレクタ

水平ルーラーでクリック

水平ルーラーで文字列の右端を揃えたい位置でクリックします。

水平ルーラーのクリックした位置にタブマーカーが表示されます。

タブマーカーは、ドラッグで移動することができます。

水平ルーラーの右揃えタブ

間隔を空けたい位置でクリック

段落内の間隔を空けたい位置でクリックします。

右端を揃えたい文字の開始位置でクリックします。

段落内でクリック

キーボードから[Tab]キーを押す

そして、キーボードから[Tab]キーを一回押します。

Tabキー

カーソルの右側の文字列が移動して、[右揃えタブ]の位置に段落末尾がきます。

右揃えタブの位置へ移動

他の段落も同様に[Tab]キーを押していきます。

各段落の末尾が右揃えタブの位置に揃います。

Tabキーを使って他の段落も右揃えタブ位置へ移動

水平ルーラーのタブマーカーをクリックすると、点線が表示されて綺麗に揃っていることを確認することができます。

右揃えタブマーカーをクリックして、揃っていることを確認

文字列を追加、削除した場合

文字列を追加しても、位置がずれることはありません。

空白スペースで位置揃えをしている場合は、位置がずれてしまいますが、タブで設定すると位置がずれることはありません。

もし、間隔を調整する必要があれば、再度 範囲選択して、水平ルーラーのタブマーカーをドラッグして調整してください。

文字列を追加しても位置はずれない

[タブとリーダー]ダイアログボックスの表示

水平ルーラーのタブマーカーをダブルクリックすると、[タブとリーダー]ダイアログボックスを表示することができます。

このダイアログボックスでタブ位置を追加することもできますし、タブを削除(クリア)することもできます。

また、[配置]からタブの種類を変更することもできます。

ただし、すでに設定済みのタブ位置を変更することはできません。

設定済みのタブ位置をクリアして、新たにタブ位置を追加することで調整はできます。

注意[タブとリーダー]ダイアログボックスで設定する場合も必ず、タブ位置を調整したい段落を選択して行います。

タブマーカーをダブルクリックして[タブとリーダー]ダイアログボックスを表示

リーダーの表示

下のようにリーダーを表示することもできます。

リーダーの表示

[タブとリーダー]ダイアログボックスの表示

リーダーを表示したい段落を選択します。

水平ルーラーのタブマーカーをダブルクリックします。

ダブルクリックするのは、[左揃えタブ]、[右揃えタブ]のどちらでも構いません。

タブマーカーをダブルクリック

[タブとリーダー]ダイアログボックスが表示されます。

左揃えタブの位置が選択されているのを確認して、[リーダー]の中から任意の種類のものを選択します。

ここでは、(5)を選択します。

[設定]ボタンをクリックします。

参考続けてリーダーの設定を行うため、[設定]ボタンをクリックします。

左揃えタブ位置のみであれば、[OK]ボタンをクリックして、閉じてもいいです。

[タブとリーダー]ダイアログボックスでリーダーの設定

右揃えタブの位置にもリーダーを表示したいので、右揃えタブの位置を選択します。

ここでは、[30.38字]です。

[リーダー]の中から任意の種類のものを選択します。

ここでは、(5)を選択します。

[OK]ボタンをクリックして、[タブとリーダー]ダイアログボックスを閉じます。

[タブとリーダー]ダイアログボックスでリーダーの設定

下のようにリーダーが表示されます。

リーダーが表示された

タブマーカーの削除

タブ位置を解除したい範囲を選択します。

そして、タブマーカーをルーラーの外へドラッグします。

タブマーカーをルーラーの外へドラッグ

これで水平ルーラーのタブマーカーは削除され、タブ位置が解除されます。

ただし、文中で設定した[タブ文字]はそのまま残ります。

これも削除したい場合は、編集記号の[→]の箇所にカーソルを置いて、個別に[Delete]キーや[BackSpace]キーを使って削除します。

詳細は、以下の記事で解説しています。

ショートカットキーなども紹介しています。

タブの削除、タブ位置の解除

タブ文字を一括削除することもできます。

タブ文字の削除

Excelで作成された文書をコピーして、Wordへ貼り付けると下のように多くのタブが挿入されてしまうことがあります。 この不要なタブ文字を一 ...

続きを見る

関連タブの中には、小数点揃えタブもあります。

以下の記事で解説しています。

小数点の位置を揃えて表示するには(小数点揃えタブの使用)

Wordで小数点を含む数値を数行に渡って並べた時に、小数点の位置を綺麗に揃えて表示する方法です。 小数点がない数値、整数が混在していても揃え ...

続きを見る

以下の記事でも右端揃えタブを使って解説しています。

右端と左端に文字を配置するには

Wordの文書を開くと、一行目にたくさんの空白スペースを見ることがあります。 もちろん[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]ボタンをオン ...

続きを見る

ルーラーを使って、[ページ設定]ダイアログボックスを表示することもできます。

ダイアログボックスを効率よく表示!ルーラーをダブルクリックしてページ設定

通常、ダイアログボックスを表示したい場合は、リボンのグループ名の右側にある[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックして表示させますが ...

続きを見る

タブ位置の解除については、以下の記事でも詳細に解説しています。

クリックアンドタイプ機能の注意点とタブの解除方法

Wordには、クリックアンドタイプ機能という機能があります。これは、文字が入力されていない箇所でダブルクリックすると、その位置から文字を入力 ...

続きを見る

インデントについては、以下の記事で解説しています。

タブとインデントは、文字の位置を揃えるという意味では共通ですが、インデントは複数行に渡るような段落に設定します。

Wordのインデントの設定

段落にインデントを設定すると、文章が見やすくなりますね。 インデントは、段落単位で設定されるということを忘れないでください。 一段落に対して ...

続きを見る

PowerPointでのタブ設定については、以下の記事で解説しています。

タブを使って文字の開始位置や終了位置を揃える

PowerPointでもタブを使って、文字列と文字列の間隔を空けて、複数段落の文字の開始位置や終了位置を揃えることができます。 空白スペース ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

レポートの並べ替え

Accessのテーブルやクエリを基にレポートを作成すると、レポートに表示される並び順は基になるテーブルやクエリに準じたものになります。 クエ ...

Officeテーマ

Office2016のOfficeテーマは、[カラフル][濃い灰色][白]の3種類です。 既定はカラフルです。 アカウントから変更 Offi ...

画像をウォッシュアウトするには

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像をウォッシュアウトする方法です。 画像の挿入 画像は、Word2016ですが、Exc ...

特定のページにのみ透かしを挿入する

Wordでは下のような透かし文字や透かし画像を挿入することができます。 透かしの挿入で解説しています。 この透かしを挿入すると、既定のままで ...

セルの中央に点線や直線を引くには

セルの中央に点線や直線を入力したいという場合の方法です。 セルの幅や高さを変更しても、点線や直線の長さもそれに伴い変更されるので、意外と便利 ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.