リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

PowerPointでのルーラーを使ったインデントの設定

投稿日:2018年2月25日 更新日:

PowerPointでもWordのようにルーラーを表示してインデントの設定を行なうことができます。
ルーラーのインデントマーカー

インデントの上げ下げは、[ホーム]タブの[段落]グループにある[インデントを増やす]と[インデントを減らす]コマンドで行なうことができます。
[インデントを増やす]と[インデントを減らす]コマンド

インデントを増やす・インデントを減らす

PowerPoint2010では、PowerPoint2007で[レベルを上げる]、[レベルを下げる]の表現だったのが、[インデントを増やす ...

続きを見る

[インデントを増やす]と[インデントを減らす]では、既定で設定されているタブ位置に設定されますが、ルーラーのインデントマーカーを使うと、任意の位置にインデントを設定することができます

ルーラーの表示

既定では、水平ルーラーと垂直ルーラーは表示されていません。インデントやタブを設定するときには、ルーラーを表示しておきます。

[表示]タブの[表示]グループにある[ルーラー]のチェックボックスをオンにします。ショートカットキーは、ポップヒントにあるように[Shift + Alt + F9]ですね。ポップヒントには、以下のように記されています。

ルーラーは、タブ位置の表示と設定や表の枠線の移動のほか、文書内のオブジェクトの位置を揃えたり大きさを測ったりするのに使用できます。

表示タブのルーラー

ルーラーが表示されると下のようになります。[水平ルーラー]と[垂直ルーラー]が表示されます。
[水平ルーラー]と[垂直ルーラー]

PowerPointでは、Wordのようにルーラーの単位を文字単位にする設定はありません。

ルーラーやダイアログボックスの表示単位を変更するには

Wordのルーラーやダイアログボックスの表示単位は変更することができます。時々、[文字の均等割り付け]のダイアログボックスを表示したら、表示 ...

続きを見る

インデントマーカーの名称

プレースホルダーやテキストボックスの中でクリックすると、水平ルーラーにインデントマーカーが現れます。

①1行目のインデント 箇条書き記号の位置を変更したいときに使用します。

②ぶら下げインデント 箇条書きの本文の位置を変更したいときに使用します。

③左インデント 箇条書き記号を含めた段落全体の行頭位置を変更するときに使用します。
[1行目のインデント]と[ぶら下げインデント]が同時に動きます。

インデントマーカーの名称

箇条書きの段落を移動

移動させたい段落でクリックします。そして、インデントマーカーの[左インデント]をドラッグします。
左インデントをドラッグ

段落の先頭位置が移動します。[一行目のインデント]と[ぶら下げインデント]も同時に移動しますので、行頭文字と本文の間隔は変わりません。
[一行目のインデント]と[ぶら下げインデント]も同時に移動

行頭文字の位置を変更

行頭文字を移動させたい段落でクリックします。[一行目のインデントマーカー]に、マウスポインターを合わせてドラッグします。行頭文字の位置だけが移動します。
[一行目のインデントマーカー]をドラッグ

行頭文字と本文の間隔を変更

行頭文字と本文の間隔を調整したい段落でクリックします。[ぶら下げインデントマーカー]にマウスポインタを合わせてドラッグします。行頭文字と本文の間隔を調整することができます。
[ぶら下げインデントマーカー]をドラッグ

参考Wordの場合は、行頭文字と本文の間隔を調整するには、リストのインデントの調整で行うことができます。

箇条書きの行頭文字や番号と本文の間隔を調整したい

段落ダイアログボックスでの設定

また、[段落]ダイアログボックスで設定することもできます。ルーラーのインデントマーカーでの設定が苦手な場合は、以下の方法をおすすめします。

インデントを設定したい段落内でクリックします。
[ホーム]タブの[段落]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックします。
[段落]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]ボタン

[段落]ダイアログボックスが表示されます。[インデントと行間隔]タブにある[インデント]の[テキストの前]と[ぶら下げ]の[幅]の数値を調整します。
[段落]ダイアログボックス

複数段落をまとめて設定

複数行を同時にインデントを設定することができます。[Ctrl]キーを押しながら、設定したい段落をすべて選択します。そして、インデントマーカーや、[段落]ダイアログボックスで設定します。
複数段落の選択

参考Wordでもインデントの解説をしています。

Wordのインデントの設定

段落にインデントを設定すると、文章が見やすくなりますね。 インデントは、段落単位で設定されるということを忘れないでください。 一段落に対して ...

続きを見る

PowerPointでのタブ設定については、以下の記事で解説しています。

タブを使って文字の開始位置や終了位置を揃える

PowerPointでもタブを使って、文字列と文字列の間隔を空けて、複数段落の文字の開始位置や終了位置を揃えることができます。空白スペースで ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

動作設定ボタンの挿入

PowerPointには、他のアプリケーションにはない[動作設定ボタン]というのがあります。このボタンを使うと、ボタンをクリックすることで、 ...

枠線(目盛線)の表示と非表示

Excel2016では、[表示]タブの[表示]グループに[目盛線]という項目があります。何かというと、ワークシートの枠線のことなんですね。E ...

データベースのプロパティから個人情報を削除

Accessのプロパティには、作成者、管理者、会社名などの個人情報を入力して登録しておくことができます。[プロパティ]は一般に[属性]と呼ば ...

アウトラインの自動作成とグループ化

データをグループ化すると、アウトラインを作成することができます。アウトラインが設定された表は、目的にあったレベルの詳細を表示したり、または部 ...

絵文字の入力方法

Windows10のIMEでは、面白い絵文字をたくさん表示することができます。特にWord2016では、下のように色付き絵文字を入力すること ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.