リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Print Friendly, PDF & Email

スライドショー実行時にスライドのタイトル一覧を表示して目的のスライドへ移動

投稿日:2017年4月5日 更新日:

スライドショー実行時にスライドのタイトルの一覧を表示して、目的のスライドへ移動することができます。

スライド一覧表示

表示の確認

PowerPointの表示方法には、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]があります。[表示]タブに切り替えて、[プレゼンテーションの表示]グループを見ると分かります。既定は[標準]になっています。PowerPoint2010までは、起動時の画面に[スライド]と[アウトライン]があったのですが、PowerPoint2013以降は、その表示がなくなりました。PowerPoint2013以降は、表示を切り替えるためには[表示]タブに切り替える必要があります。
表示タブ

[表示]タブから[アウトライン表示]をクリックして切り替えます。
アウトライン表示

表示の切り替えは、ステータスバーから行うこともできます。

表示モードの切り替えはステータスバーから

PowerPointのプレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示 ...

続きを見る

注意[アウトライン表示]に切り替えて、下のようにタイトルが表示されていれば、スライドショー実行時に[すべてのスライド]ダイアログボックスを表示して、スライドのタイトル一覧を表示させることができます。が、ここにタイトルがなければ[すべてのスライド]ダイアログボックスを表示してもタイトルは表示されません。代わりにスライド番号が表示されます。
タイトルの表示

テキストボックスとプレースホルダーの違い

PowerPointでは、プレースホルダーというのがあります。
プレースホルダー

この[プレースホルダー]の[タイトルを入力]という箇所にスライドのタイトルを入力している場合はいいのですが、[プレースホルダー]を削除して[テキストボックス]などでタイトルを入力している場合は、アウトラインに表示されません。

[テキストボックス]と[プレースホルダー]の違いは、以下のようなこともあります。

[プレースホルダー]では、[テキストをプレースホルダーに自動的に収める]などの機能(自動調整オプション)がありますが、[テキストボックス]にはありません。

[プレースホルダー]では、入力する文字数が多くなると、自動的にフォントサイズを小さくしてプレースホルダー内に収まるようにしてくれますが、[テキストボックス]では、文字数が多くなってスライドからはみ出してしまう場合は、自分でフォントサイズを調整しなければなりません。
自動調整オプション(PowerPoint2007)の記事でも解説しています。

自動調整オプション

[プレースホルダー]を使用しないで作成している場合、後の編集が非効率的になったり、また、PowerPointの標準機能を使うことが出来ないこともあります。[プレースホルダー]と[テキストボックス]の違いはしっかり把握されることをお勧めします。

テキストボックスとプレースホルダー

プレースホルダの再表示(PowerPoint2007)

スライドマスター(箇条書きの設定が一括で出来ます)

目次スライドの作り方(簡単に作成できます)

タイトルを使った目次スライドの作り方

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。 PowerPoint2003では、[目次スライド]ボ ...

続きを見る

プレースホルダーで作成したタイトルがあれば出来ること
  • タイトルの書式などをスライドマスターから一括変更することができる
  • アウトライン表示での編集ができる
  • タイトルのアニメーションをスライドマスターから一括設定ができる
  • スライドショーの実行時に[Ctrl]+[S]で一覧を表示してスライドへ移動することができる
  • 目次スライドを簡単に作成できる

スライドショーでスライド一覧を表示するには

プレースホルダーを使ってタイトルを入力したプレゼンテーションであれば、実行は簡単です。[スライドショー]タブの[スライドショーの開始]グループにあるボタンから実行します。または、ショートカットキーで実行します。[F5]キーで最初から実行です。[Shift]+[F5]キーで現在のスライドから実行です。

スライドショーの実行

スライドショー実行時に[Ctrl]キーと[S]キーを同時に押します。[すべてのスライド]ダイアログボックスが表示され、すべてのスライドのタイトル一覧が表示されます。クリックして目的のスライドへ簡単に移動することができます。

Microsoftのページでは、「[すべてのスライド] ダイアログ ボックスを表示する。」のショートカットキーとして紹介されています。
ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを行う - PowerPoint

もちろん、スライドへの移動は、キー操作で行うことができます。上下方向キーで目的のスライドへ移動して、[Enter]キーで実行します。[すべてのスライド] ダイアログ ボックスの非表示は、[Esc]キーです。
スライドショーの実行時はできるだけ、ショートカットキーでカッコ良くプレゼンしたいですね。

参考下の画像で、[2.スライド2]と表示されているところがありますが、これはプレースホルダーによるタイトルが設定がされていないスライドです。プレースホルダーでタイトルが設定されていない場合は、スライド番号が表示されます。
スライド一覧の表示

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

パワーポイントを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

クエリでデータをグループ化して集計

クエリのデザイングリッドに[集計]セルを表示すると、データをグループ化して、グループごとに集計することができます。製品ごとに数量や売上の合計 ...

スライドの向きを縦にするには

PowerPointでは、スライドの向きは既定では横向きになっています。それを縦向きにする方法です。 PowerPoint2007、2010 ...

検索ボックスを非表示にするには

Windows10のスタートボタンの右横には[検索ボックス]があります。結構、大きめです。 この検索ボックスは非表示にすることもできます。 ...

画像を挿入できるSmartArtグラフィック

SmartArtグラフィックとは、図形や矢印、画像などを組み合わせて、情報の相互関係を視覚的にわかりやすく表示できるOffice共通の機能で ...

差し込み印刷の[名簿]ならテキストボックス1つでリスト分のテキストボックスを作成

Wordの差し込み印刷にある[名簿]という機能を使うと、フィールドを差し込んだテキストボックスを1つ作成して、新規文書に差し込むとリスト全件 ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.