リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Print Friendly, PDF & Email

画面切り替えでカウントダウンタイマーを作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成や、ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成で紹介しています。

クリアアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointで下のようなカウントダウンタイマーを作成する方法です。 レイアウトの選択 PowerPoint2016で解説します。1枚 ...

続きを見る

ホイールアニメでカウントダウンタイマーを作成

PowerPointでカウントダウンタイマーを作成する方法をクリアアニメでカウントダウンタイマーを作成で紹介しています。 ここでは、先のアニ ...

続きを見る

ここでは、[ホイールアニメ]と[画面切り替え]を使ってカウントダウンタイマーを作成する方法を紹介します。スライドの枚数は増えますが、一番簡単な方法ではないかと思います。
カウントダウンタイマー

1つのスライドに1つの真円を挿入

[白紙]レイアウトのスライドに円を描いて、テキストを入力します。楕円は[Shift]キーを押したままドラッグすると、真円を描くことができます。図形を選択して[F2]キーを押すとテキストの編集ができるようになります。1枚目は「START」にします。円の大きさや色、フォントなども調整します。
1枚目のスライド

スライドのコピーとテキストの編集

1枚目のスライドが出来たら、スライドをコピーして図形の中のテキストだけを編集します。順番は、[START]、[3]、[2]、[1]、[END]の順にします。
スライドのコピー

数字のフォントは300~400ぐらいあってもいいと思います。フォントサイズのプルダウンでは[92]までしか表示されませんが、直接入力することができますので任意の大きさに調整します。
フォントサイズの変更

アニメーションの設定

アニメーションの設定をします。2枚目のスライドのオブジェクトを選択して、[アニメーション]タブの[その他]ボタンをクリックします。
アニメーションのその他ボタン

[終了]カテゴリーにある[ホイール]をクリックします。
終了カテゴリーのホイールを選択

このホイールの効果のオプションは、1スポークから8スポークまで用意されていますので、任意の効果を選択します。クリックしてすぐに効果を確認することができます。
効果のオプション

そして、アニメーションのタイミングは、[継続時間]を01:00に設定します。
アニメーションのタイミングの設定

アニメーションウィンドウが表示されていなければ、[アニメーションの詳細設定]グループにある[アニメーションウィンドウ]をクリックして表示させます。[アニメーションウィンドウ]にある[ここから再生]ボタンをクリックしてアニメーションを確認します。

アニメーションのコピーと貼り付け

アニメーションの確認をして問題がなければ、[アニメーションのコピー/貼り付け]をダブルクリックします。PowerPoint2010からの機能です。

アニメーションのコピー/貼り付け

PowerPoint2010から、アニメーションのコピーと貼り付けができるようになっています。 同じプレゼンテーションの中のスライドはもちろ ...

続きを見る

アニメーションのコピー/貼り付け

そして、3枚目と4枚目のオブジェクトに貼り付けます。ダブルクリックしているので継続して貼り付けることができます。マウスポインタが下のように刷毛のマークになった時にクリックします。終わったら、[Esc]キーを押して解除します。
アニメーションの貼り付け

画面の切り替え設定

今度は、画面の切替設定を行うので、[画面切り替え]タブをクリックします。1枚目のスライドは、画面切り替えの効果は[なし]を、[画面の切り替えのタイミング]は[クリック時]にします。
画面の切り替え

2枚目から5枚目までのスライドを選択して、画面切り替えの効果は[なし]を選択して、[画面切り替えのタイミング]で[自動的に切り替え]を選択して[00:01.00]にします。
画面切り替えのタイミング

[スライドショー]または[閲覧]で確認

[スライドショー]タブの[最初から]をクリックして、スライドショーを実行して確認してみてください。
スライドショー

[閲覧]表示で確認してもいいですね。[表示]タブの[プレゼンテーションの表示]グループにある[閲覧表示]をクリックします。
閲覧表示

関連PowerPointのアニメーションの設定に関する記事です。

縦棒グラフにアニメーションをつける

PowerPointでは、グラフにアニメーション効果を簡単に設定することができます。棒グラフの項目別や系列別にフェードを設定して、より効果的 ...

続きを見る

表の行にアニメーションを付ける

PowerPoint2013で下のように表の行ごとにアニメーションを付ける方法です。 Excelの表を確認 表はExcelで作成しています。 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

パワーポイントを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

辞書に追加した単語を削除するには

正しい文字列を入力しても赤の波線が表示されてしまうことがあります。そういう時、[辞書に追加]をしておくと、赤の波線は表示されなくなります。で ...

レポートのレコードを抽出して印刷

Accessのレポートでフィルターをかけて、一部の情報のみを印刷したいことがあると思います。レポートのフィルターを実行するには、レポートビュ ...

ステップ記録ツールで保存したmhtファイルをWordで編集するには

Windowsには、操作の手順を画面キャプチャを撮って自動で記録してくれるステップ記録ツールという機能があります。とても便利なツールです。 ...

データの入力規則を使ってIMEの入力モードを自動切り替え

Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたり設定することができます。この設定を行っておくと、入力時にI ...

文字コメントを表示したくない

入力途中で下のようにコメントが表示されることがあります。これは、同音異義語など、変換候補の一覧で語句の意味などを付けて判別しやすいよう表示さ ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.