Google検索

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

ビデオを挿入して形状を図形に変更、スポイトで色も取得

投稿日:2017年9月9日 更新日:

ビデオを挿入するには、プレースホルダーの[ビデオの挿入]アイコンをクリックして挿入する方法と、[挿入]タブの[メディア]から挿入する方法があります。

ビデオの形状は図形に変更して再生することができます。また、ビデオの中の色を取得して枠線の色などに使用することもできます。

ビデオの形状を図形に変更

ビデオの挿入アイコンをクリックして挿入

[ホーム]タブの[レイアウト]の中からコンテンツプレースホルダーがあるレイアウトを選択します。

ここでは、[タイトルとコンテンツ]を選択します。

タイトルとコンテンツを選択

スライドは下のようになります。

[ビデオの挿入]アイコンをクリックします。

ビデオの挿入をクリック

[ビデオの挿入]ウィンドウが表示されます。

以下の4つの挿入方法が表示されます。

ここでは、パソコンに保存しているビデオを使うので、[ファイルから]の[参照]ボタンをクリックします。

  • ファイルから
  • OneDrive - 個人用
  • YouTube
  • ビデオの埋め込みコードから

ビデオの挿入ダイアログボックス

簡単にビデオを挿入することができます。

挿入されたビデオが選択されている状態であれば、[ビデオツール]タブが表示されます。

参考ここでは、以下のサイトからビデオをダウンロードして、使用させていただいています。

NHKクリエイティブ・ライブラリー

ビデオツールタブ

[挿入]タブの[メディア]から挿入

スライドのレイアウトがコンテンツのあるレイアウトでない場合は、[挿入]タブからビデオを挿入することができます。

[挿入]タブの[メディア]グループにある[ビデオ]をクリックします。

ビデオを選択

メニューには、[オンラインビデオ]と[このコンピューター上のビデオ]があります。

ここでは、[このコンピュータ上のビデオ]をクリックします。目的のビデオをクリックすると、スライドに挿入されます。

ポップヒントには、以下のように記されています。

ご利用のコンピューターまたは接続されている他のコンピューターからビデオを挿入します。

このコンピューター上のビデオ

ビデオを図形に変更

ビデオを選択していると、[ビデオツール]タブが表示されます。

[書式]タブの[ビデオの図形]をクリックすると、下のように図形の一覧が表示されます。

この中から図形を選択します。ここでは、[楕円]を選択します。

楕円を選択

下のように楕円形になります。もちろん、再生することもできます。

楕円のビデオ

関連画像は図形でトリミングすることができます。

長方形の画像を丸くするには

Wordで長方形の画像を挿入した後、その画像をまん丸く(真円)にする方法です。 Word2016で解説していますが、Word2010以降であ ...

続きを見る

画像を図形で切り抜く(図形に合わせてトリミング)

Office2007から挿入した画像を図形の形でトリミングができるようになっています。 WordやExcelでも同じ操作ですが、ここではPo ...

続きを見る

図形に合わせてトリミング

Office2010では、写真や画像を図形に合わせてトリミングすることができます。 挿入した画像を選択して、[書式]タブの[サイズ]グループ ...

続きを見る

スポイトで枠線の色を取得

また、PowerPointの機能として、ビデオの中の色を取得して塗りつぶしの色などに使用することができます。

参考PowerPoint2013からの機能です。

PowerPoint2013の色の取得(スポイト)

枠線の色をビデオの中から取得します。ビデオを再生して、取得したい色がある箇所で停止しておきます。

ビデオの中の色を取得

[書式」タブの「ビデオの枠線]にある[スポイト]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

画面上をクリックして、輪郭の色を選びます。

「ビデオの枠線]の[スポイト]

ビデオの中で取得したい色の箇所でポイント(マウスを合わせるだけ)します。はじめに、スポイトの右上にカラーが表示されます。

スポイントでポイント

そして、その後にすぐカラーコードが表示されます。その色で良ければ、クリックします。

取得したカラーコード

[ビデオの枠線]の[最近使用した色]に登録されます。

[太さ]を[6pt]に変更します。

[太さ]は、リアルタイムプレビューなので、クリックする前に結果を確認することができます。

参考リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能のことです。

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

ビデオの枠線の太さを選択

結果、下のようになります。

ビデオの枠線は取得した色で設定

スポイトによる色変更

「スポイト]は、[書式]タブの[色]の[その他の色]にもあります。

ポップヒントには以下のように記されています。

画面上をクリックして、図の変更に使用する色を選びます。

[書式]タブの[色]の[その他の色]-[スポイト]

スライドの外側の色を取得するには

スポイトは、アプリケーション内だけでなく、アプリケーションの外側の色も取得することができます。

例えば、表示中のExcelのグラフの色や、デスクトップ上のアイコンなど、画面上の色であれば取得することができます。

しかし、ちょっとだけコツがあります。

ここでは例として、ビデオの枠線の色を、スポイトでデスクトップ背景の色を取得して変更します。

まず、[書式」タブの「ビデオの枠線]にある[スポイト]をクリックして、ビデオ内でクリックします。枠線をクリックしなくてもいいです。

ビデオでクリック

マウスから指を離さないで、そのままデスクトップへドラッグします。取得する色が目的の色になったら、マウスから指を離します。

デスクトップへドラッグ

以下のように枠線の色を変更することができます。

ビデオの枠線の色を変更

閲覧表示に切り替えて確認

ステータスバーの[閲覧表示]をクリックして、動作を確認してみます。

表示モードの切り替えは、ステータスバーから行うと便利です。

表示モードの切り替えはステータスバーから

PowerPointのプレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示 ...

続きを見る

ステータスバーの[閲覧表示]

[閲覧表示]だと、ウィンドウを最大化にせずにスライドショーの確認ができるので便利です。

PowerPoint2010からの機能です。

閲覧表示でウィンドウ内スライドショー

PowerPoint2010から、閲覧表示でスライドショーを実行して確認できるようになりました。 [表示]タブの[閲覧表示] [表示]タブの ...

続きを見る

閲覧表示で確認

ビデオにマウスを合わせると、ビデオの再生バーが表示されます。

ビデオの再生バー

関連以下は、ビデオ編集関連の記事です。

ビデオに表紙画像

PowerPoint2010では、挿入したビデオに表紙画像をつけることができるようになっています。 PowerPoint2010以降は、トリ ...

続きを見る

ビデオのスタイルの種類

PowerPoint2010では、ビデオのスタイルの種類が増えました。 [書式]タブの[ビデオスタイル]グループにある▼ボタンをクリックしま ...

続きを見る

ビデオのトリミング

PowerPoint2010では、ビデオのトリミングができるようになりました。 PowerPoint2010以降は、動画の編集が非常に充実し ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.