リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

オブジェクトの挿入でWordを埋め込んで操作するとリーダーの設定も可能

投稿日:2018年3月15日 更新日:

PowerPointでは、箇条書きにタブの設定はできても、リーダーの設定をすることはできません。ですが、スライドにWordを埋め込んでタブとリーダーの設定を行うことで、スライドにもリーダーを表示することができます。
オブジェクトの挿入で設定したタブとリーダー

[オブジェクトの挿入]を使用せずに、[下線]や[取り消し線]でリーダーのように見せかけることもできます。

下線を設定
リーダーの代わりに下線で設定

取り消し線を設定
リーダーの代わりに取り消し線で設定

PowerPointでのインデントやタブの設定については、以下の記事で解説しています。

PowerPointでのルーラーを使ったインデントの設定

PowerPointでもWordのようにルーラーを表示してインデントの設定を行なうことができます。 インデントの上げ下げは、[ホーム]タブの ...

続きを見る

タブを使って文字の開始位置や終了位置を揃える

PowerPointでもタブを使って、文字列と文字列の間隔を空けて、複数段落の文字の開始位置や終了位置を揃えることができます。空白スペースで ...

続きを見る

PowerPointのリーダーがないことについては、以下の記事に書いています。

PowerPoint2013もリーダーはない

PowerPointでは、前バージョンからリーダーの設定はできませんでした。 PowerPointでリーダーの設定はできない(PowerPo ...

続きを見る

オブジェクトの挿入

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[オブジェクト]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

オブジェクト 埋め込みオブジェクトとは、このドキュメントに挿入したドキュメントやその他のファイルです。別々にファイルを用意するより、1つのドキュメントにすべてのファイルを埋め込むほうが使いやすくなります。

[挿入]タブの[オブジェクト]ボタン

オブジェクトのコマンドは、ウィンドウが狭い場合は、以下のような形になっています。
ウィンドウが狭いときの[オブジェクト]ボタン

[オブジェクトの挿入]ダイアログボックス

[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスが表示されます。この[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスで[新規挿入]を選択して、[Microsoft Word Document]を選択します。[OK]ボタンクリックします。
[オブジェクトの挿入]ダイアログボックス

Wordで操作

下のような画面になります。外側のウィンドウはPowerPointですが、中はWordの画面になっています。リボンもWordですから、Wordでの操作ができます。
Wordの画面が表示される

枠線の中にカーソルを置いて、テキストを入力して(文字列をコピーして貼り付けてもいいです)、すべての段落を選択して、ルーラー上でクリックして[左揃え]タブの設定をします。リーダーの設定もしています。ここでは、フォントサイズも[16]ポイントに変更しています。

Wordのタブとリーダーの設定については、以下の記事で解説しています。

文字の位置を揃えるには左揃えタブと右揃えタブを設定(リーダーも表示)

タブを設定すると、文字列の開始位置を変更して間隔を空けることができます。また、複数段落の文字の先頭位置や後ろを綺麗に揃えることができます。 ...

続きを見る

Wordでタブとリーダーの設定

PowerPointに戻るには

Wordでの編集が終わったら、枠の外でクリックします。
枠の外をクリックして、PowerPointに戻る

以下のようにWordの編集画面は消えて、PowerPointのみの画面になります。スライドに合うようにサイズ変更ボタンで大きさを調整します。
Wordで設定した箇条書きのサイズを変更

下のようになります。
スライドの箇条書き

再編集したい場合

再度、Wordの画面を表示して編集したい場合は、枠の中でダブルクリックします。
再編集するときは、枠の中でダブルクリック

タブに[下線]を設定してリーダーのように見せる

以下のように文字列との間隔をつなぐだけで良ければ、PowerPointの[下線]で代用することもできます。
下線で設定した箇条書き

スライドにルーラーを表示して、プレースホルダーの段落に左揃えタブを設定しています。この方法については、以下の記事で解説しています。

タブを使って文字の開始位置や終了位置を揃える

PowerPointでもタブを使って、文字列と文字列の間隔を空けて、複数段落の文字の開始位置や終了位置を揃えることができます。空白スペースで ...

続きを見る

プレースホルダの段落にタブを設定

そして、文字列と文字列の空白を[Ctrl]キーを使って選択していきます。[ホーム]タブの[フォント]グループにある[下線]をクリックします。

参考下線のショートカットキーは、[Ctrl]+[U]キーです。
タブを設定した空白の箇所を選択

直線を点線に変更

このままでもいいかもしれませんが、[下線]は点線にすることができるので設定してみます。[ホーム]タブにある[フォント]グループの[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックします。
[フォント]グループの[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリック

[フォント]ダイアログボックスが表示されます。[フォント]タブの[下線のスタイル]の▼ボタンをクリックして、プルダウンメニューから[点線]を選択します。[OK]ボタンをクリックします。
[フォント]ダイアログボックス

選択を解除すると、以下のようになります。
点線の下線

タブに[取り消し線]を設定してリーダーのように見せる

また、直線で良ければ、[取り消し線]を設定する方法もあります。プレースホルダーの段落に左揃えタブを設定してあります。文字列と文字列の空白を[Ctrl]キーを使って選択していきます。

注意PowerPoint2003には、[取り消し線]のコマンドはありません。
タブを設定した空白の箇所を選択

[ホーム]タブの[フォント]グループにある[取り消し線]をクリックします。
取り消し線

選択を解除すると、以下のようになります。
リーダーの代わりに取り消し線で設定

[下線]の場合も[取り消し線]の場合も、タブを設定しているので、ルーラーのタブマーカーをドラッグで移動させると、Wordのリーダーのようにタブマーカーに合わせて伸縮します。

注意タブマーカーを移動させるときは、必ず設定する段落を選択してから行ってください。
タブマーカーをドラッグすると、取り消し線も伸縮する

関連[オブジェクトの挿入]に関する記事です。

Word上でExcelのワークシートを操作する

Wordで文書を作成して、その中に表を作成したい時、Excelのワークシートを使って表を作成することができます。 Excelワークシートの挿 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Accessの宛名ラベルウィザードを起動してラベル作成

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ここでは、テーブル[T_住所一覧] ...

特定のページにのみ透かしを挿入する

Wordでは下のような透かし文字や透かし画像を挿入することができます。透かしの挿入で解説しています。 この透かしを挿入すると、既定のままでは ...

フォームに表示されている関連付けられたフィールドを別フォームで開く

単票フォームを開いているときに、その中のフィールドについて詳細を知りたいということがあります。例えば、売上の単票フォームがあって、その売上単 ...

引用文献と資料文献のマスター登録と文献目録の挿入

論文や報告書などでの文書作成時に参考にしたり、引用したりした文献を資料文献、引用文献と呼びます。また、参考にした書籍やWebページなどは、文 ...

Officeテーマ

Office2016のOfficeテーマは、[カラフル][濃い灰色][白]の3種類です。既定はカラフルです。 アカウントから変更 Offic ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.