Windows 8 & Office 2013 PowerPoint 2013

スライドにコメントを挿入する(コメントに返信ができる)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2013では、コメントに返信ができるようになっています。

コメントの挿入から印刷設定までを解説します。

コメントに返信

コメントの挿入

コメントを挿入するには、[校閲]タブの[コメント]グループにある[コメントの挿入]をクリックします。

[校閲]タブの[コメントの挿入]

参考[コメントの挿入]コマンドは、[挿入]タブの[コメント]グループにもあります。

[挿入]タブの[コメント]

スライドに対してコメントを挿入

スライド内のプレースホルダーやテキストボックスなど、オブジェクトを何も選択せずにコメントを挿入すると、スライドに対してコメントが挿入されます。

スライドの左上にコメントのアイコンが、ウィンドウの右側にコメントウィンドウが表示されます。

スライドに対してコメントを挿入

プレスーホルダーなどのオブジェクトへコメントを挿入

オブジェクトを選択してコメントを挿入すると、そのオブジェクトの右上に挿入されます。

以下は、プレースホルダーを選択してコメントを挿入しています。

オブジェクトを選択してコメントを挿入

参考スライドショーの実行中は、コメントは表示されません。

吹き出しのコメントはドラッグで移動

スライド内の吹き出しのコメントマークは、ドラッグで移動できます。

分かりやすい位置に移動させるといいと思います。

スライド内のコメントマークをドラッグで移動

コメントに表示されるユーザー名について

コメントに表示されるユーザー名は[PowerPointのオプション]で変更できます。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

Backstageビューの[オプション]

または、キーボードから[Alt]→[T]→[O]の順に押して表示します。これは、Word、Excelなどでも使用できます。

キーボード[Alt]→[T]→[O]

[PowerPointのオプション]ダイアログボックスの[基本設定]にある[ユーザー名]で変更します。

企業などでは、変更できないように規制されている場合もあります。また、ユーザー名と頭文字は他のアプリケーションにも反映されます。

[頭文字]は、印刷時のコメントに表示されることがあります。

参考Officeにサインインしているときは、ユーザー名を変更しても反映されません。変更を反映するためには、[Officeへのサインイン状態にかかわらず、常にこれらの設定を使用する]のチェックボックスをオンにします。

[PowerPointのオプション]ダイアログボックスの[基本設定]にある[ユーザー名]

コメントの返信ボックス

コメントを入力して コメント以外の箇所をクリックして確定されます。

コメント作業ウィンドウのコメントの下に[返信ボックス]が表示されます。

各コメントに対する返信を入力することができます。

グループでの共同作業の場合、やりとりがやりやすくなりますね。

[コメント]作業ウィンドウでコメントに返信

[コメント]作業ウィンドウの非表示と再表示

[コメント]作業ウィンドウを非表示にするには、[校閲]タブの[コメント]グループにある[コメントの表示]をクリックするか、[コメント]作業ウィンドウの[閉じる]ボタンをクリックします。

コメントの表示

コメントを表示、追加、削除するためのコメントウィンドウを表示します。スライドショーの実行中は、コメントは表示されません。

コメントウィンドウを閉じる

ステータスバーの[コメント]で表示/非表示を切り替え

ステータスバーの[コメント]をクリックしても、[コメント]作業ウィンドウの表示/非表示を切り替えられます。

ステータスバーの[コメント]

コメントと注釈の非表示

[校閲]タブの[コメントの表示]の[コメント注釈の非表示]をクリックすると、スライド内のコメントマーク(吹き出し)も非表示になります。

[校閲]タブの[コメントの表示]の[コメント注釈の非表示]

[コメント]作業ウィンドウの再表示

[コメント]作業ウィンドウを再表示するには、[校閲]タブの[コメントの表示]をクリックします。

また、[コメント]作業ウィンドウは、スライド内のコメントマークをクリックしても表示することができます。

コメントマークをクリックしてコメントウィンドウを表示

参考作業ウィンドウは、ドラッグで移動させたり、ダブルクリックで固定位置へ戻すことができます。

作業ウィンドウの操作(タイトルをダブルクリックで固定位置へ)

WordやExcelの操作中にコマンドボタンをクリックすると、ウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 [図の書 ...

続きを見る

コメントの印刷

既定ではコメントは印刷されるようになっています。

Backstageビューの[印刷]の設定で[すべてのスライドを印刷]を選択しています。

プレビューで確認すると、コメントマークにユーザー名(頭文字)が表示されます。

印刷プレビューのコメントマークにユーザー名(頭文字)が表示

2枚目にコメントの内容が印刷されます。

印刷プレビューのコメント

コメントの印刷はしたくない場合

コメントを印刷しないようにするには、[設定]の[フルページサイズのスライド]をクリックして、[コメントおよびインク注釈を印刷する]をクリックして、オフにします。

[コメントおよびインク注釈を印刷する]をオフに

コメントの削除と一括削除

コメントを削除するには、削除したいコメントを選択して、[校閲]タブの[コメント]グループにある[コメントの削除]をクリックします。

[コメントの削除]のアイコンの方をクリックします。

コメントの削除

選択したコメントを削除します。

プレゼンテーションからすべてのコメントを削除したり、このスライドのコメントのみを削除するなど、その他のオプションを表示するには、矢印をクリックしてください。

[校閲]タブの[コメントの削除]

コメントマークで右クリックして、ショートカットメニューから[コメントの削除]をクリックします。

コメントマークで右クリックして[コメントの削除]

[コメント]作業ウィドウのコメントから[削除]ボタンをクリックします。

[コメント作業ウィンドウ]の[削除]ボタン

コメントの一括削除

コメントを一括で削除するには、[校閲]タブの[コメント]グループにある[コメントの削除]の下方(文字部分)をクリックします。

メニューから[このスライドからすべてのコメントとインクを削除]、もしくは[このプレゼンテーションからすべてのコメントとインクを削除]をクリックします。

[校閲]タブの[コメント]グループにある[コメントの削除]

関連Word2013も同じようにコメントに返信ができるようになっています。

書き込まれた【コメントに返信】して意見をやり取りできる

Word2013では、コメントに返信ができるようになりました。 書き込まれたコメントについて、意見を書き込んだりできるので、よりインタラクテ ...

続きを見る

Word2016では、コメントに解決ボタンが表示されます。

コメントの挿入と使い方(【返信】と【解決】ボタンでより便利に)

Wordでは、コメント機能を利用して文章中に気になることをメモのようにを挿入することができます。 自分で文章を作成中に後でチェックしたい箇所 ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 PowerPoint 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.