Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

プレゼンテーションをWordへ送信

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointでは、作成したプレゼンテーションをWordへ送信して、Wordで配布資料などを作成することができます。

MicrosoftWordへ送る

ここでは、PowerPoint2013で解説していますが、PowerPoint2007からの機能です。

配布資料の作成

[ファイル]タブをクリックします。

ファイルタブ

[エクスポート]から[配布資料の作成]をクリックして[配布資料の作成]ボタンをクリックします。

説明には、以下のように記されてします。

Microsoft Word で配布資料を作成

・スライドとノートをWord文書に取り込みます

・Wordでコンテンツの編集や書式設定をします

・プレゼンテーションの変更に合わせて、配布資料のスライドを自動的に更新します

エクスポート

[Microsoft Wordに送る]ダイアログボックスが表示されます。

ページレイアウトは以下の5種類があります。

  • スライド横のノート
  • スライド横の空白行
  • スライド下のノート
  • スライド下の空白行
  • アウトラインのみ

ここでは、既定のまま[Microsoft Wordのページレイアウト]は[スライド横のノート]、[Microsoft Word文書にスライドを追加する]は[貼り付け]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

参考メニューにあるように、[リンク貼り付け]を行うこともできます。

[アウトラインのみ]では、リンク貼り付けは無効になります。

MicrosoftWordへ送る

Wordが自動的に起動して、下のように表が作成されています。

Wordの機能を使って、編集や印刷、保存を行うことができます。

Word文書

他のWordのページレイアウトは以下のようになります。

スライド横の空白行

スライド横の空白行

スライド下のノート

スライド下のノート

スライド下の空白行

スライド下の空白行

アウトラインのみ

アウトラインのみ

注意アウトラインのみを選択すると、プレースホルダーの内容のみが送信されます。

テキストボックスの内容は送信されません。

PowerPointでは、プレースホルダーの内容は格納されますが、テキストボックスの内容は格納されません。

プレースホルダーを理解して活用しよう

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか? プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボッ ...

続きを見る

関連PowerPoint2010でも解説しています。

PowerPointからWordへ送信

PowerPointの[配布資料の作成]でPowerPointから、Wordへ送信して文書を作成することができるはずなんですが・・・。 [配 ...

続きを見る

以下は、PowerPoint2007での解説です。

PowerPointからWordへ送信(PowerPoint2007)

また、反対にWordからPowerPointへ送信することもできます。

WordからPowerPointへ送信

Wordで入力した内容をワンクリックでPowerPointに送信することができます。 クイックアクセスツールバーへボタンを登録 クイックアク ...

続きを見る

PowerPointから、Wordの文書を取りこむこともできます。

アウトラインからスライド(Wordの文書からスライドを作成)

Wordで作成した文章をそのままPowerPointのスライドに取り込むことができます。 新機能ではありません。 アウトラインからスライド ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.