リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Print Friendly, PDF & Email

プレースホルダーのコピーはマスターで

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointでプレースホルダー追加する場合は、スライドでコピーして追加するより、マスターで追加したほうが後々便利だと思います。PowerPoint2016で解説しますが、他のバージョンでも同じです。
下のようにスライドにレイアウト「2つのコンテンツ」を適用します。
スライドのレイアウト

左右に並んだプレースホルダーにもう1つ追加しなければならない場合、どうするか?ということなんですが、この時、スライドの1つのプレースホルダーをコピーして追加することもできますね。ですが、この方法だと後の編集が不便になる場合があります。
プレースホルダーをコピーして追加

できれば、マスターからレイアウトを追加した方が良いと思います。その方法です。

スライドマスターの表示

[表示]タブの[マスター表示]グループにある[スライドマスター]をクリックします。スライドマスターって何?という方は、ポップヒントをお読みください。ポップヒントには以下のように記されています。

マスタースライドに基づいて、色、フォント、背景、効果など、プレゼンテーション全体のすべての見た目が決まります。たとえば、スライドマスターに図形やロゴを挿入すると、すべてのスライドに自動的に反映されます。

スライドマスター

レイアウトをコピーして追加

スライドマスターは、下のように表示されていると思います。2つのコンテンツのレイアウトです。ここでレイアウトをコピーして追加します。
スライドマスターを表示

マスターを下のように変更します。
レイアウトを追加

レイアウト名の変更

レイアウトの名前は変更しなくても構いませんが、分かりやすくするため[3つのレイアウト]に変更します。
スライドマスターのサムネイルで右クリックして、ショートカットメニューから[レイアウト名の変更]をクリックします。
レイアウト名の変更

[レイアウト名の変更]で[2つのコンテンツ]を[3つのコンテンツ]に変えて、[名前の変更]をクリックします。
名前の変更

マスター表示を閉じる

ウィンドウの右上にある[マスター表示を閉じる]ボタンをクリックします。
マスター表示を閉じる

スライドレイアウトの変更

これで準備OKです。[ホーム]タブの[スライドのレイアウト]をクリックして、
スライドのレイアウト

先ほど作成した[3つのコンテンツ]をクリックします。
3つのコンテンツを適用

プレースホルダーが追加されます。このプレースホルダーに入力して調整します。
プレースホルダーの追加

完成です。見た目は「プレースホルダーをコピーして作成」したものと変わりません。
マスターからコピーして追加して完成

でも、[デザイン]タブからテーマのデザインなどを適用してみると・・・
「プレースホルダーをコピーして作成」したものは、テーマが適用されません。
「マスターからコピーして追加」したものは、テーマが適用されます。
「プレースホルダーをコピーして作成」したものは箇条書きのマークが揃っていませんね。
デザインテーマの適用

スライドの数が多かったり、デザインテーマの変更が頻繁にある場合などは、スライドマスターから変更修正されることをお勧めします。

もし、プレースホルダーをスライド上でコピーして追加した後でも、[書式のコピー/貼り付け]を使って同じ書式にすることはできます。この時、プレースホルダーの枠線を選択して、プレースホルダーの中にカーソルがない状態で操作してください。分かりにくければ、テキストボックスの書式のコピー/貼り付けができないを参照してください。テキストボックスで解説していますが、プレースホルダーも同様です。

テキストボックスの書式のコピー/貼り付けが出来ない

Office2016に限ったことではないのですが、よく質問を受けるので取り上げてみました。Wordや、Excel、PowerPointでも操 ...

続きを見る

書式のコピー/貼り付け

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

パワーポイントを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

オブジェクトの配置

PowerPointでは、図形や画像を扱うことは多いと思います。オブジェクトを配置するコマンドを上手に使って効率よく配置したいですね。 オブ ...

本文の周りを線で囲むには

Wordで本文の周りを線で囲む方法です。ページ罫線を設定するときに[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスを表示しますが、このダ ...

数式を手書きで挿入

Office2016の新機能です。Excel2016、PowerPoint2016、Word2016で手書きの数式を挿入できます。共通の操作 ...

データの統合(表の項目名の数と並び順が異なる場合)

Excelのデータ統合という機能を使うと、複数シートの項目名の数や並び順が違っていても一つのワークシートにまとめることができます。 統合には ...

複雑な図形の操作をする時には選択ウィンドウを表示

Office2010からの機能として、[オブジェクトの選択と表示]というのがあります。この機能は、複雑な図形やテキストボックスなどを操作する ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.