Windows XP & Office 2003 PowerPoint 2003

プレースホルダー(レイアウト)の再適用

投稿日:2017年1月7日 更新日:

スライドにレイアウトを適用すると、プレースホルダーが表示されています。

プレースホルダーを削除するつもりではなかったのに、削除してしまって困ったということはないですか?

削除してしまったプレースホルダーを再表示する方法を紹介します。

レイアウトの再適用

参考PowerPoint2007以降は、[リセット]ボタンをクリックするだけです。

削除したプレースホルダーを復活させるにはスライドのリセット

PowerPointのスライドで、間違ってプレースホルダーを削除してしまったという場合もあると思います。 プレースホルダーを再表示(復活)さ ...

続きを見る

プレースホルダーとは

[クリックしてテキストを入力]と表示される枠を[プレースホルダー]と呼びます。

PowerPointのスライド

プレースホルダーの削除

このプレースホルダーは選択して[Delete]キーを押すと消えてしまいます。

プレースホルダーの選択

消えてなくなったあと、また表示したいということもありますね。

プレースホルダーが削除されたスライド

[レイアウトの再適用]を選択

メニューバーの[書式]から[スライドのレイアウト]をクリックします。

[書式]メニューの[スライドのレイアウト]

作業ウィンドウに[スライドのレイアウト]が表示されます。

適用されたレイアウトが選択されているはずです。

このレイアウトの▼をクリックして、[レイアウトの再適用]をクリックします。

作業ウィンドウのレイアウトから[レイアウトの再適用]を選択

これでプレースホルダーが再表示されます。

プレースホルダーが再表示されたスライド

参考スライドマスタで書式や文字の大きさなどを変更した場合、プレースホルダーには適用されますが、テキストボックスには適用されません。

以下の記事で解説しています。

テキストボックスとプレースホルダー

プレースホルダーを使ったほうが、後の編集は効率的に行うことができます。

PowerPoint2007以降は、もっと簡単に再表示できるようになっています。[リセット]ボタンをクリックするだけです。

プレースホルダーの再表示(PowerPoint2007)

PowerPoint2010でも解説しています。

削除したプレースホルダーを復活させるにはスライドのリセット

PowerPointのスライドで、間違ってプレースホルダーを削除してしまったという場合もあると思います。 プレースホルダーを再表示(復活)さ ...

続きを見る

また、プレースホルダーの活用については、以下の記事で解説しています。ぜひ、プレースホルダーを使いこなしてください。

プレースホルダーを活用してプレゼンテーションを効率よく作成

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか? プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボッ ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 PowerPoint 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.