Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Print Friendly, PDF & Email

表示モードの切り替えはステータスバーから

投稿日:2017年6月12日 更新日:

PowerPointのプレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示方法があります。編集目的によって、表示を切り替えると効率的です。この表示モードの切り替えは、[表示]タブから切り替えることもできますが、ステータスバーのボタンからも切り替えることができます。また、ステータスバーの表示切替ボタンは、[Shift]キーを使うと異なる表示になります。

[標準/アウトライン表示]の切り替え

PowerPointを起動すると、下のように[標準]モードになっています。分かりやすいように[表示]タブを表示しておきます。
標準表示

ステータスバーの[標準]ボタンをクリックすると、[アウトライン表示]モードに切り替わります。[表示]タブの[プレゼンテーションの表示]グループにあるボタンも[標準]から[アウトライン表示]に切り変わります。
再度、ステータスバーの[標準]ボタンをクリックすると、[標準]表示になります。
アウトライン表示

[スライド一覧]表示に切り替え

ステータスバーの[スライイド一覧]ボタンをクリックすると、[スライド一覧]表示モードになります。[表示]タブも、もちろん連動してるので、[スライド一覧]が有効になります。再度 [スライド一覧]ボタンをクリックすると、[標準表示]か[アウトライン表示]になります。[スライド一覧]ボタンをクリックする前に表示していたどちらかの表示になります。
スライド一覧表示

[閲覧表示]に切り替え

ステータスバーの[閲覧表示]ボタンをクリックすると、
閲覧表示

下のように[閲覧表示]モードになります。
閲覧表示は、PowerPoint2010からの機能です。[閲覧表示]だと、ウィンドウを最大化にせずにスライドショーの確認ができるので便利です。

閲覧表示でウィンドウ内スライドショー

PowerPoint2010から、閲覧表示でスライドショーを実行して確認できるようになりました。 [表示]タブの[プレゼンテーションの表示] ...

続きを見る

閲覧表示時に表示モードを切り替えるには、ステータスバーの[スライド一覧]もしくは[標準]ボタンをクリックします。[標準]ボタンは、[標準]もしくは[アウトライン表示]になります。[閲覧]ボタンをクリックする前に表示していた表示になります。
閲覧表示時のステータスバー

表示タブから切り替えるより、ステータスバーから切り替えたほうが効率的ですね。

Shiftキーを使うと異なる表示モードに

また、ステータスバーの表示切替ボタンですが、[Shift]キーを押しながらクリックすると、異なる表示になります。[Shift]キーを押しながら、ポイントしてもポップヒントは表示されませんが、ちょっと知っておくと便利かもしれません。

標準 スライドマスター表示
スライド一覧 配布資料マスター表示
閲覧表示 スライドショーの設定
スライドショー スライドショーの設定

関連PowerPoint2003の頃から、[Shift]キーを使うと表示が切り替わっていました。

画面表示モードの切り替えボタンは、Shiftキー使うと異なる切り替えに

PowerPointのウィンドウの左下には、[画面表示モードの切り替えボタン]があります。 画面表示モードの切り替えボタン マウスでポイント ...

続きを見る

PowerPoint2010でも解説しています。

Shiftキーを押した時の表示選択ボタン

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、左から[標準]、[スライド一覧]、[閲覧表示]、[スラ ...

続きを見る

PowerPoint2013から、[スライド]と[アウトライン]タブがなくなりましたが、アウトライン表示で編集したほうが効率的な場合もあります。プレゼンテーションの全体構成などを考える場合は、アウトライン表示にしておいたほうが作業しやすいと思います。
PowerPoint2013にはスライドとアウトラインタブがない

PowerPointでは、Wordで作成した文書をそのままスライドに取り込むことができます。

アウトラインからスライド

Wordで作成した文章をそのままPowerPointのスライドに取り込むことができます。新機能ではありません。 アウトラインからスライド [ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

球体を描いて保存する

PowerPointで球体を描いて、それを画像として保存する方法を紹介します。球体を描くには、Office2010以降のバージョンであれば可 ...

Office2016の更新オプション

Office2016では、更新オプションから最新の更新プログラムを確認したりインストールすることができます。 ここでは、Word2016で解 ...

テキストボックスの書式のコピー/貼り付けが出来ない

Office2016に限ったことではないのですが、よく質問を受けるので取り上げてみました。Wordや、Excel、PowerPointでも操 ...

前年対比ができる積み上げグラフはおすすめグラフで

Excelで下のような積み上げ縦棒グラフを横に並べて前年対比ができるようなグラフの作成方法です。Excel2013から[おすすめグラフ]とい ...

メール本文に地図を簡単挿入

Outlookでメール本文に地図を簡単に挿入する方法です。Office2010から追加されたスクリーンショットという機能を使用します。スクリ ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.