Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

画面表示モードの切り替えボタンは、Shiftキー使うと異なる切り替えに

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointのウィンドウの左下には、[画面表示モードの切り替えボタン]があります。

画面表示モードの切り替えボタン

マウスでポイント(ボタンに合わせるだけ)すると、下のようにポップヒントが表示されます。

このボタンで、画面表示モードを切り替えることができます。

左から、[標準表示]、[スライド一覧表示]、[スライドショー(現在のスライドから)]です。

画面表示モードの切り替え

[Shift]キーを使ったときの画面表示モードの切り替え

また、キーボードの[Shift]キーを押しながら、ポイントしてみましょう。

下のように画面表示切り替えボタンの内容が変わります。

左から、[スライドマスタ表示]、[配布資料マスタ表示]、[スライドショーの設定]となります。

Shiftキー

[Shift]キーを押しながらクリックすると、[画面表示モードの切り替えボタン]の内容は以下のように変わります。

知っておくと、便利ですね。

標準表示  → スライドマスタ表示
スライド一覧表示  → 配布資料マスタ表示
スライドショー(現在のスライドから)  → スライドショーの設定

関連PowerPoint2010でも解説しています。

[Shift]キーを押した時のステータスバーの表示選択ボタン

PowerPoint2010を起動したときの画面右下に表示される[表示選択ボタン]は、[Shift]キーを押しながらクリックすると表示モード ...

続きを見る

以下は、PowerPoint2016の記事です。

表示モードの切り替えはステータスバーから

PowerPointのプレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.