Windows XP & Office 2003 PowerPoint 2003

スライドショーの実行時はショートカットキーでスマートに

投稿日:2017年1月7日 更新日:

スライドショーの実行時には、キーボードから操作するとスマートかもしれませんね。

また、ショートカットキー一覧は、ヘルプから表示できますので、プレゼンテーションの前に、ショートカットキーを確認したい場合も便利です。

スライドショー実行時のショートカットキー

以下は、主なものだけです。

F5 スライドショーの実行
Shift + F5  現在のスライドから実行
Enter 次のスライドに進む
Backspace 前のスライドに戻る
スライド番号を入力してEnter    入力した番号のスライドへ移動
Esc スライドショーの終了
Ctrl + A マウスポインタの表示
Ctrl + P マウスポインタをペンにする
Ctrl + E マウスポインタを消しゴムにする
ペン字の消去(すべて消去)
Ctrl + U マウスポインタに戻す
画面を黒くする(解除はどのキーでもOK)
画面を白くする(解除はどのキーでもOK)

[B]キーで画面を黒く、[W]キーで画面を白くできることは知っておくと、何かと便利です。

また、スクリーンを黒くしたり、白くするには、ショートカットメニューからも操作できます。

スクリーン全体を黒や白にする

[スライドショーのヘルプ]の表示方法

スライドショーで右クリックします。

スライドショー実行時に右クリックのショートカットメニューが表示されない場合は、以下の記事を参考にしてください。

ショートカットメニューが表示されない場合

ショートカットメニューの[ヘルプ]をクリックすると、実行できる操作一覧が表示されます。

ショートカットメニューの[ヘルプ]

[F1]キーを押してもいいです。

キーボード[F1]キー

PowerPoint2003の[スライドショーのヘルプ]です。

PowerPoint2003の[スライドショーのヘルプ]

以下の記事でも少し紹介しています。

PowerPointのショートカットキー

PowerPointのバージョンがアップしても、スライドショーのヘルプを表示する方法は同じです。

以下は、PowerPoint2019の[スライドショーのヘルプ]です。[全般]タブに一般的なショートカットが表示されています。

PowerPoint2019の[スライドショーのヘルプ]

参考以下は、スライドショー実行時のインクの注釈について解説しています。

スライドショー実行時にペンや蛍光ペンを利用して強調表示する

スライドショー実行中にスライド上の文字列などをペンで囲んだり、蛍光ペンで色を付けて強調表示することができます。 これを[インク注釈]と呼びま ...

続きを見る

以下は、PowerPoint2010ですが、内容は同じです。

スライドショー実行時のインクの注釈

Officeのヘルプの使用方法については、以下に記しています。

ヘルプの利用(Officeアシスタントの使用)

Microsoft Officeを使っていると、わからないことがたくさんでてきます。 ヘルプを上手に活用しましょう。 キーボードから[F1] ...

続きを見る

Microsoft Officeのヘルプはバージョンによって、様変わりしています。

Office2010の解説です。

ヘルプをオフラインで参照するには

Office2010で、ヘルプをオフラインで参照する方法です。 現在表示しているヘルプが、オンラインのヘルプか、オフラインのヘルプかは、ヘル ...

続きを見る

Office2013の解説です。

オフラインヘルプの利用(内容はリボンのポップヒントと同じ)

Office2013でオフラインでヘルプを参照する方法です。 Office2013では、Office2010のときにはBackstageビュ ...

続きを見る

Office2016の解説です。

操作アシストの活用とヘルプの表示

Office2016の新機能です。 リボンに[操作アシスト]という機能が追加されました。 ここでは、例としてWord2016で解説します。 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 PowerPoint 2003

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.