Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

プレースホルダーを理解して活用しよう

投稿日:2017年10月22日 更新日:

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか?

プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボックスしか使っていないという方も多いのではないのでしょうか?

プレースホルダーの機能を知って、活用していただければと思います。

プレースホルダーってなに?

プレースホルダーとは、スライドを挿入したときに表示される点線で囲まれた枠のことです。

スライドのレイアウトは、テキスト、表、グラフ、SmarttArt、図、ビデオなどの内容を含むプレースホルダーで構成されています。

[タイトルを入力]や[テキストを入力]と表示されています。

プレースホルダー

プレースホルダーのサイズ変更と移動

サイズ変更や移動は、ドラッグ操作で行うことができます。

サイズ変更

プレースホルダーのサイズを変更するときは、プレースホルダーを選択したときに表示される枠の周りに表示されるサイズ変更ボタン(白い〇)にマウスを合わせて、ドラッグで調整します。

サイズ変更ボタン

移動

プレースホルダーを選択します。

プレースホルダーの枠線上でクリックして、マウスポインターが四方向の矢印の形に変わったときにドラッグします。

移動ハンドル

プレースホルダーの削除

不要なプレースホルダーは削除することができます。

プレースホルダーの枠線上でクリックして、マウスポインターが四方向の矢印の形に変わったときにキーボードから[Delete]キーを押します。

プレースホルダーの削除

プレースホルダーのリセット

プレースホルダーを間違って削除しても、また復元させることができます。

[ホーム]タブの[スライド]グループにある[リセット]ボタンをクリックします。

[リセット]ボタンのポップヒントには以下のように記されています。

スライドのプレースホルダーの位置、サイズ、書式を既定の設定に戻します。

リセットボタン

自動調整オプション

プレースホルダーに収まりきらないような文章を入力すると、プレースホルダーの左下に[自動調整オプション]が表示されます。

メニューの中から操作を選択します。

参考[テキストボックス]では、自動調整オプションは表示されません。

自動調整オプション

自動調整オプションについては、以下の記事で解説しています。

プレースホルダーの自動調整オプションボタンの使い方

PowerPointでプレースホルダーに文字を入力していて、その文字数が多くなって収まりきらなくなると、プレースホルダーの左下に[自動調整オ ...

続きを見る

アウトライン表示での編集が可能

[プレースホルダー]で入力した文字は、アウトライン表示にも表示されます。

アウトラインに表示されると、プレゼンテーション全体の構成の見直しなどに役立ちます。

[表示]タブの[アウトラン表示]をクリックして切り替えます。

参考[テキストボックス]や[ワードアート]、[図形]に入力した文字列は、アウトラインには表示されません。

アウトラン表示

また、アウトラインの内容は、そのままWordへ出力することができます。

[ファイル]タブをクリックして、[エクスポート]を選択して[配布資料の作成]をクリックして[配布資料の作成]をクリックします。

配布資料の作成

[Microsoft Wordに送る]ダイアログボックスが表示されます。

[アウトラインのみ]を選択して、Wordへ出力することができます。

[Microsoft Wordに送る]ダイアログボックス

プレースホルダーの組み合わせをカスタマイズ

スライドのレイアウトは、スライドマスターでプレースホルダーを追加したり、削除して独自のレイアウトに変更することができます。

[表示]タブをクリックして、[スライドマスター]をクリックして、[スライドマスター]表示に切り替えます。

スライドマスターボタン

ここでは、新しいレイアウトを挿入して、カスタマイズしたいと思います。

スライドマスター表示の[マスターの編集]グループにある[レイアウトの挿入]をクリックします。

レイアウトの挿入

新しいレイアウトが挿入されます。

[マスターレイアウト]グループにある[プレースホルダーの挿入]をクリックします。

プレースホルダーには、以下の種類があります。

  • コンテンツ
  • コンテンツ(縦)
  • テキスト
  • テキスト(縦書き)
  • グラフ
  • SmartArt
  • メディア
  • オンライン画像

プレースホルダーの挿入

たとえば、表とグラフを縦に並べたレイアウト構成にしたい場合は、下のように組み合わせることができます。

レイアウトの作成

レイアウトの名前を変更します。

作成したレイアウトで右クリックして、ショートカットメニューから[レイアウト名の変更]をクリックします。

レイアウト名の変更

分かりやすい名前を入力して、[名前の変更]ボタンをクリックします。

ここでは、[表とグラフ]という名前にしています。

レイアウト名を付ける

[マスター表示を閉じる]をクリックして、マスター表示を閉じます。

マスター表示を閉じる

標準表示になったら、[ホーム]タブの[新しいスライド]をクリックしてレイアウトの一覧を表示します。

作成した[表とグラフ]が表示されています。

新しいスライドからレイアウトの一覧を表示

[表とグラフ]レイアウトをクリックして、挿入することが出来ます。

作成したレイアウトを挿入

プレースホルダー]は、PowerPointの基本です。

特にスライドのタイトルは、[プレースホルダー]を使って入力されることを強くお勧めします。

関連以下は、プレースホルダーに関する記事です。

テキストボックスとプレースホルダー

プレースホルダの再表示(PowerPoint2007)

スライドマスター(箇条書きの設定が一括で出来ます)

タイトルを使った目次スライドの作り方

PowerPoint2007から、目次スライドの自動作成機能はなくなってしまいました。 PowerPoint2003では、[目次スライド]ボ ...

続きを見る

スライドショー実行時にスライドのタイトル一覧を表示して目的のスライドへ移動

スライドショー実行時にスライドのタイトルの一覧を表示して、目的のスライドへ移動することができます。 表示の確認 PowerPointの表示方 ...

続きを見る

知らないと損をするPowerPointの文字入力4つの方法

PowerPointで文字を入力するには、以下の4つの方法があります。 プレースホルダーを使って入力 テキストボックスを使って入力 ワードア ...

続きを見る

プレースホルダーで作成したタイトルがあれば出来ること
  • タイトルの書式などをスライドマスターから一括変更することができる
  • アウトライン表示での編集ができる
  • タイトルのアニメーションをスライドマスターから一括設定ができる
  • スライドショーの実行時に[Ctrl]+[S]で一覧を表示してスライドへ移動することができる
  • 目次スライドを簡単に作成できる

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.