Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

図形を結合して独自の図形を作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2013では、複数の図形を組み合わせたものを1つの図形として作成することができます。

図形の結合

図形の挿入

[挿入]タブの[図]グループにある[図形]から任意の図形を挿入します。

挿入タブの図形コマンド

図形の結合

2つ目の図形からは、[Shift]キーを押しながらクリックして、複数の図形を選択します。

[書式]タブの[図形の挿入]グループにある[図形の結合]をクリックします。

参考複数の図形を選択しないと、このボタンは有効になりません。

図形の結合

1つの図形になります。

枠線や塗りつぶしなどの書式設定を行うこともできます。

図形の作成

型抜き/合成

[型抜き/合成]を選択した場合は、下のようになります。

リアルタイムプレビューで確定する前に結果を確認することができます。

参考リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイント(マウスで合わせる)して、確定後の結果を確認できる機能のことです。

確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。

型抜き/合成

重なり抽出

[重なり抽出]を選択すると、下のようになります。

単純型抜き

[単純型抜き]を選択すると、下のようになります。

参考PowerPoint2010では、[図形の合成]コマンドをリボンやクイックアクセスツールバーに追加して同じように操作することができます。

以下の記事で解説しています。

【図形の合成】ボタンをリボンやクイックアクセスに追加

PowerPoint2013では、下のように[描画ツール]タブの[書式]タブに図形の結合というコマンドがありますが、PowerPoint20 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.