リンクユニット

Google検索

Office2019 PowerPoint2019

スライドのテキストを下付き、上付きにするにはショートカットキーが便利

投稿日:

PowerPointのスライドでテキストを下付き、上付きにする方法です。

PowerPoint2007以降は、クイックアクセスツールバーに追加することができますが、PowerPointではショートカットキーを利用することもできます。

下付き文字の設定

[フォント]ダイアログボックスから設定

下付き/上付きにしたい文字を選択します。

そして、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[フォント]ダイアログボックス起動ツールボタンをクリックします。

[ホーム]タブの[フォント]ダイアログボックス起動ツール

[フォント]ダイアログボックスが表示されます。

[フォント]タブの[文字飾り]にある[上付き]、[下付き]のチェックボックスをオンにします。

ここでは、[下付き]にしたいので、[下付き]のチェックボックスをオンします。

[上付き]または[下付き]のチェックボックスをオンにすると、[相対位置]も有効になります。既定は[上付き]が[30%]、[下付き]が[-25%]です。

参考[フォント]ダイアログボックスで[相対位置]の調整ができるのはPowerPointのみです。

[フォント]ダイアログボックス

[フォント]ダイアログボックスは、選択した文字で右クリックしてショートカットメニューからも表示することができます。

右クリックのショートカットメニュー

ショートカットキーから設定

PowerPointの上付き、下付きのショートカットキーです。文字列を選択してから実行します。

また、解除する場合は、同じショートカットキーを使用します。

ただし、PowerPoint2007では、同じショートカットキーでは解除できません。PowerPoint2007では、[フォント]ダイアログボックスからチェックをオフにするか、クイックアクセスツールバーで操作しなければなりません。

下付きのショートカットキー

[Ctrl]+[;](セミコロン)

キーボード[Ctrl]+[;]

上付きのショートカットキー

[Ctrl] + [Shift] + [;](セミコロン)

キーボード[Ctrl] + [Shift] + [;]

参考Wordの場合のショートカットキーは、以下のとおりです。[下付き]のショートカットキーは、PowerPointと異なりますので気をつけてください。

  • 下付き[Ctrl] + [Shift] + [-](マイナス)
  • 上付き[Ctrl] + [Shift] + [;](セミコロン)

Wordの下付き/上付きについては、以下の記事で解説しています。

上付き文字・下付き文字

Wordでは[下付き文字]、[下付き文字]も簡単に表示させることができます。 [フォント]ダイアログボックスの表示 たとえば、[H2O]と入 ...

続きを見る

クイックアクセスツールバーに[下付き/上付き]ボタンを追加

PowerPoint2007以降、クイックアクセスツールバーに[下付き]と[上付き]のボタンを追加して実行することができます。

[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]をクリックして、[その他のコマンド]をクリックします。

クイックアクセスツールバーのユーザー設定

[PowerPointのオプション]ダイアログボックスの[クイックアクセスツールバー]が表示されます。

[コマンドの選択]の▼ボタンをクリックして[リボンにないコマンド]を選択します。

右側の[クイックアクセスツールバーのユーザー設定]の▼ボタンをクリックすると、[すべてのドキュメントに適用(既定)]と現在開いてるプレゼンテーション[科学反応式.pptx]が表示されます。

ここでは、現在開いてるプレゼンテーションのみに追加したいので、[科学反応式.pptx]を選択します。

参考クイックアクセスツールバーは、特定のファイルのみに追加することができます。

クイックアクセスツールバーのコマンドを特定のファイルのみに追加する

PowerPointのオプション

[リボンにないコマンド]の中から[下付き]と[上付き]を探して、中央の[追加]ボタンをクリックします。

左側に[下付き]と[上付き]が表示されたことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。

PowerPointのオプション[下付き][上付き]

クイックアクセスツールバーに[下付き]と[上付き]が追加されました。

クイックアクセスツールバーの[下付き][上付き]

下付き、上付きにしたい文字列を選択してクイックアクセスツールバーのボタンをクリックします。

解除する場合は、設定した文字列を選択して、再度、クイックアクセスツールバーのボタンをクリックします。

クイックアクセスツールバーからコマンドボタンを削除する場合は、削除したいボタンで右クリックしてショートカットメニューから[クイックアクセスツールバーから削除]をクリックします。

参考Excelでは、Excel2016からクイックアクセスツールバーに追加できるようになりました。

セルの文字を下付き、上付きにするはクイックアクセスツールバーに追加

Excel2016とExcel2019では、下付き、上付きのコマンドボタンをクイックアクセスツールバーやリボンに追加できるようになっています ...

続きを見る

また、リボンに追加することもできます。リボンに追加する方法は、以下の記事を参照してください。

マクロをリボンに登録するには

Office2010では、リボンのカスタマイズができるようになりました。 非常に便利ですね。 Excelのマクロやアドインは、クイックアクセ ...

続きを見る

Excelがデータを読み上げる!読み合わせは【セルの読み上げ】で

Excelには、セルのデータを読み上げる機能があります。日本語の音声で読み上げてくれます。 データにミスがないかチェックが必要な時、読み合わ ...

続きを見る

複数のテキストに連続して設定する場合

下付きや上付きの設定を、連続して行う場合は、[書式のコピー/貼り付け]ボタンまたは[F4]キー使用すると便利です。

[書式のコピー/貼り付け]ボタンは、[ホーム]タブの[クリップボード]グループにあります。

特に[フォント]ダイアログボックスで[相対位置]を設定して、複数の文字列に対して同じ設定を行いたい場合は、[書式のコピー/貼り付け]ボタンは有効だと思います。

[ホーム]タブの[書式のコピー/貼り付け]

[書式のコピー/貼り付け]ボタンは、ダブルクリックすると連続して使用できます。解除する場合は、[Esc]キーを押すか、再度、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックします。

以下の記事で解説しています。

リボンのポップヒントの内容とその活用

Excel、Word、PowerPoint、Accessなどにある[書式のコピー/貼り付け]ボタンですが、このボタンをポイントすると現れるポ ...

続きを見る

また、直前の操作の繰り返しのショートカットキーである、[F4]キーを使う方法もあります。

キーボード[F4]キー

以下の記事も参考になると思います。

直前の操作を繰り返す3つの方法

WordやExcel、PowerPointの作業中に操作を繰り返すことは多いと思います。 直前の操作を繰り返す方法を3つ紹介します。 クイッ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Office2019 PowerPoint2019

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.