Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

PowerPointでのテキスト入力(4つの図形の特徴を知って使い分け)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointには、4つの入力方法があります。

  1. プレースホルダーに入力
  2. テキストボックスに入力
  3. ワードアートを使用して入力
  4. 図形を挿入して入力

1つずつ解説しますので、それぞれの特徴を知って効率よくプレゼンテーションを完成できるようにしてください。

4つとも図形なので詳細設定などは、[図形の書式設定]ダイアログボックスで行うことができます。

参考PowerPoint2016では、より詳細に解説しています。

知らないと損をするPowerPointの文字入力4つの方法

PowerPointで文字を入力するには、以下の4つの方法があります。 プレースホルダーを使って入力 テキストボックスを使って入力 ワードア ...

続きを見る

プレースホルダーに入力

[クリックしてタイトルを入力]、[クリックしてサブタイトルを入力]、[クリックしてテキストを入力]と表示されているところをクリックすると、そのまま入力できます。

タイトルスライド

プレゼンテーションの1枚目に使用されることが多いレイアウトです。

プレースホルダー[クリックしてタイトルを入力]

タイトルとコンテンツ

プレゼンテーションの2枚目以降のスライドに使用されることが多いレイアウトです。

プレースホルダー[クリックしてタイトルを入力]

PowerPoint2013以降のプレースホルダーは、[クリックして]という表記が省かれています。

以下は、PowerPoint2013のタイトルスライドです。

PowerPoint2013のプレースホルダー

プレースホルダーへ入力した文字列は、[アウトライン表示]に切り替えた場合も表示されます。

PowerPoint2010-標準表示の[スライド]タブと[アウトライン]タブ

参考PowerPoint2013以降は、[アウトライン表示]の切り替えが変わりました。

起動したときの標準表示のサムネイルウィンドウに[スライド]タブと[アウトライン]タブはありません。PowerPoint2013以降は、ステータスバーから切り替えができます。

表示モードの切り替えはステータスバーから

プレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示方法があります。 編集 ...

続きを見る

[アウトライン表示]のサムネイルウィンドウへ入力

[アウトライン]表示に切り替えて、サムネイルウィンドウに直接入力すると、プレースホルダーのタイトルに入力されます。

アウトライン表示のサムネイルウィンドウに入力

入力後は[Enter]キーを押すと、次のスライドが挿入されます。

[Enter]キーを押して次のスライドを挿入

上記の方法でスライドのタイトルを次々と入力していくと、プレゼンテーション全体の構成もつかみやすくなります。以下の記事で解説しています。

アウトライン表示モードでプレゼンテーションを作成・編集する

PowerPointには、箇条書きの表示順やレベルを調整するのに便利な[アウトライン表示]という表示モードがあります。 アウトライン表示では ...

続きを見る

プレースホルダー内の文字列の選択

  • プレースホルダー内のすべての文字を選択
    プレースホルダーの枠線を選択します。
  • プレースホルダーの一部の文字を選択
    選択したい範囲の文字列をドラッグで選択、または、開始文字前にカーソルを置いて、[Shift]キーを押して、最後の文字列の後ろをクリックします。
  • プレースホルダーの複数の文字の選択
    選択したい文字列をドラッグで範囲選択して、[Ctrl]キーを押して、次の範囲の文字列を選択します。

箇条書きの場合は、行頭文字をクリックします。

レイアウトの変更

スライドのレイアウトは、[ホーム]タブの[レイアウト]グループある[スライドのレイアウト]から変更できます。

[ホーム]タブの[レイアウト]

参考プレースホルダーを使う利点については、以下の記事で解説しています。

プレースホルダーを活用してプレゼンテーションを効率よく作成

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか? プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボッ ...

続きを見る

テキストボックスに入力

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[テキストボックス]をクリックして、[横書きテキストボックス]または[縦書きテキストボックス]をクリックします。

[挿入]タブの[テキストボックス]ボタン

または、[挿入]タブの[図形]から挿入します。

[挿入]タブの[図形]-[テキストボックス]

プレースホルダーなどの図形を選択すると、[描画ツール]タブが現れますが、[書式]タブの[図形の挿入]グループにある[縦書きテキストボックスの描画]の▼をクリックすると、[横書きテキストボックス]と[縦書きテキストボックス]のメニューがあります。

[書式]タブの[図形の挿入]グループにある[縦書きテキストボックスの描画]

テキストボックスに入力した文字は、[アウトライン表示]に切り替えた場合、表示されません。

以下の記事で解説しています。

テキストボックスとプレースホルダー

テキストボックス

横書きと縦書きの文字列の変更

テキストボックスは、横書きと縦書きのコマンドがありますが、横書きと縦書きは[図形の書式設定]の[テキストボックス]-[文字列の方向]で変更できます。

テキストボックスを選択し、て右クリックしてショートカットメニューから[図形の書式設定]をクリックします。

ショートカットメニューの[図形の書式設定]

[図形の書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

[テキストボックス]の[文字列の方向]で変更できます。

この文字列の変更は、プレースホルダーやワードアート、図形などでも同じ操作ができます。

[図形の書式設定]ダイアログボックスの[文字列の方向]

段組みの設定について

PowerPointでは、[図形の書式設定]ダイアログボックスで[段組み]の設定ができます。テキストボックスだけでなく、プレースホルダー、ワードアート、図形でもできます。

PowrPoint2013以降は、[図形の書式設定]作業ウィンドウになっています。

PowerPoint2016の段組みの詳細設定

[図形の書式設定]ダイアログボックスで[段組み]

[ホーム]タブの[段落]グループにある[段組み]からも設定できます。

[ホーム]タブの[段落]グループにある[段組み]

参考Wordのテキストボックスでは段組みはできません。PowerPointとExcelのテキストボックスでは段組みが設定できます。

Excelも[図形の書式設定]ダイアログボックスから設定できます。

Wordでは、テキストボックスをリンク設定することで段組みのように見せることはできます。

テキストボックス内の文字列をリンクして文章の流し込みを行う

Wordでは、テキストボックス内の文字列を別のテキストボックスへ流し込んでリンクさせることができます。 画像と合わせて複数のテキストボックス ...

続きを見る

ワードアートを使用して入力

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[ワードアート]をクリックします。

挿入タブのワードアートボタン

以下のように[ここに文字を入力]と表示されますので、この中をクリックして文字を入力します。

[ここに文字を入力]の文字は削除してください。

ワードアート

参考PowerPoint2003では、ワードアートをドラッグすると文字も拡大/縮小されていましたが、PowerPoint2007以降はできなくなりました。

しかし、PowerPoint2007以降でも、ひと工夫するとドラッグでテキストも同時に拡大/縮小することができます。

以下の記事で解説しています。

ワードアートの文字(テキスト)をドラッグで大きくする方法

ワードアートを使って、ドラッグで簡単に文字を大きくする方法です。通常は、ワードアートの文字列の大きさは、フォントサイズを変更しなければなりま ...

続きを見る

図形を挿入して入力

[挿入]タブの[図]グループにある[図形]をクリックします。

挿入タブの図形ボタン

任意の図形を挿入します。

図形を選択している状態であれば、キーボードからそのまま入力することができます。

また、図形を選択した状態で右クリックして、ショートカットメニューの[テキストの編集]をクリックすると、図形の中にカーソルが現れます。

ショートカットメニューのテキストの編集

図形の変更

図形を選択して、[書式]タブの[図形の挿入]グループにある[図形の変更]から変更したい図形をクリックします。

[書式]タブの[図形の変更]

関連PowerPoint2016では、4つの入力方法について、より詳細に解説しています。

知らないと損をするPowerPointの文字入力4つの方法

PowerPointで文字を入力するには、以下の4つの方法があります。 プレースホルダーを使って入力 テキストボックスを使って入力 ワードア ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.