Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

PowerPointでのテキスト入力(4つの方法を知って使い分け)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointには、4つの入力方法があります。

  1. プレースホルダーに入力
  2. テキストボックスに入力
  3. ワードアートを使用して入力
  4. 図形を挿入して入力

1つずつ解説します。

プレースホルダーに入力

[クリックしてタイトルを入力]、[クリックしてサブタイトルを入力]、[クリックしてテキストを入力]と表示されているところをクリックすると、そのまま入力できます。

プレースホルダーへ入力したものは、[アウトライン表示]に切り替えた場合も表示されます。

プレースホルダー[クリックしてタイトルを入力]

プレースホルダー[クリックしてタイトルを入力]

PowerPoint2013以降のプレースホルダーは、[クリックして]という表記が省かれています。

PowerPoint2013のプレースホルダー

参考プレースホルダーを使う利点については、以下の記事で解説しています。

プレースホルダーを活用してプレゼンテーションを効率よく作成

PowerPointでスライドを作成するとき、プレースホルダーを使っていますか? プレースホルダーという名前を聞いたこともない、テキストボッ ...

続きを見る

テキストボックスに入力

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[テキストボックス]をクリックして、[横書きテキストボックス]または[縦書きテキストボックス]をクリックします。

[挿入]タブの[テキストボックス]ボタン

または、[挿入]タブの[図形]から挿入します。

[挿入]タブの[図形]-[テキストボックス]

テキストボックスに入力した文字は、[アウトライン表示]に切り替えた場合、表示されません。

以下の記事で解説しています。

テキストボックスとプレースホルダー

テキストボックス

参考PowerPoint2013以降は、[図形の書式設定]で段組みの設定ができます。テキストボックスだけでなく、プレースホルダー、ワードアート、図形でもできます。

図形の書式設定の[段組み]

ワードアートを使用して入力

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[ワードアート]をクリックします。

挿入タブのワードアートボタン

下のように[ここに文字を入力]と表示されますので、この中をクリックして文字を入力します。

[ここに文字を入力]の文字は削除してください。

ワードアート

参考PowerPoint2003では、ワードアートをドラッグすると文字も拡大/縮小されていましたが、PowerPoint2007以降はできなくなりました。しかし、PowerPoint2007以降でも、一工夫するとドラッグでテキストも同時に拡大/縮小することができます。

以下の記事で解説しています。

ワードアートの文字(テキスト)をドラッグで大きくする方法

ワードアートを使って、ドラッグで簡単に文字を大きくする方法です。通常は、ワードアートの文字列の大きさは、フォントサイズを変更しなければなりま ...

続きを見る

図形を挿入して入力

[挿入]タブの[図]グループにある[図形]をクリックします。

挿入タブの図形ボタン

任意の図形を挿入します。

図形を選択している状態であれば、キーボードからそのまま入力することができます。

また、図形を選択した状態で右クリックして、ショートカットメニューの[テキストの編集]をクリックして、入力することもできます。

図形の中にカーソルが現れます。

ショートカットメニューのテキストの編集

関連PowerPoint2016では、より詳細に解説しています。

知らないと損をするPowerPointの文字入力4つの方法

PowerPointで文字を入力するには、以下の4つの方法があります。 プレースホルダーを使って入力 テキストボックスを使って入力 ワードア ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 PowerPoint 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.