リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

表の作成と列幅や高さの調整(文字列に合わせて自動調整もできる)

投稿日:2018年7月22日 更新日:

PowerPointの表でも、Wordの表の操作と同じように表の列幅を文字列に合わせて自動的に最適化することができます。

列幅の右の境界線にマウスを合わせてダブルクリックすると、一番長い文字列の幅に自動調整されます。この時、マウスポインタの形に気をつけてください。
表の列幅をダブルクリックで自動調整

スライドに表を挿入する方法と表の列幅と高さの調整ついても解説しています。

参考Wordの表の自動調整については、以下の記事で解説しています。

表の自動調整(Word2007)

表の作成方法

PowerPointでスライドに表を挿入する方法です。

レイアウトのギャラリーのコンテンツを含むスライドから

[ホーム]タブの[新しいスライド]から[表の挿入]ボタンがあるレイアウトを選択します。既定の[Officeテーマ]では、[タイトルとコンテンツ]、[2つのコンテンツ]、[比較]、[タイトル付きのコンテンツ]があります。
スライドのレイアウトギャラリー

ここでは、[タイトルとコンテンツ]を選択します。プレースホルダー内の[表の挿入]アイコンをクリックします。
[表の挿入]アイコン

[表の挿入]ダイアログボックスが表示されます。[列数]と[行数]のテキストボックスに数値を入力して[OK]ボタンをクリックします。
[表の挿入]ダイアログボックス

プレースホルダの位置に表が挿入されます。
表の挿入後

参考表の挿入ダイアログボックスで挿入できる行と列の最大値は、どちらも[75]です。

[表の挿入]ダイアログボックスの[列数]と[行数]のテキストボックスに、とんでもない大きな数値を入力しようとすると、メッセージウィンドウが表示されて、最大値を確認することができます。

以下は、[列数]のテキストボックスに[100]と入力しようとしたときに表示されたメッセージウィンドウです。

75以下の値を入力する必要があります

表の挿入ダイアログボックス 最大値

[行数]も試してみると、同じメッセージでした。ですから、最大75行×75列の表が挿入できるということですね。

[挿入]タブの[表]

[表の挿入]ボタンがあるレイアウトを選択していなくても、表を挿入することができます。

マス目をドラッグ

[挿入]タブの[表]をクリックすると、以下のようなマス目が表示されますので、必要な列数と行数をドラッグして、マウスを離すと挿入されます。最大で8行×10列です。

リアルタイムプレビュー機能なので、ドラッグで列や行を調整すると、挿入する前に確認することができます。挿入後、列も行も増やしたり、減らしたりすることもできます。
[挿入]タブの[表]

[表の挿入]ダイアログボックスを表示

[挿入]タブの[表]をクリックして、マス目の下にある[表の挿入]をクリックすると、[表の挿入]ダイアログボックスが表示されます。
[表の挿入]コマンド

[列数]と[行数]のテキストボックスに数値を入力して[OK]ボタンをクリックします。
[表の挿入]ダイアログボックス

列幅や高さの調整

列幅や高さの調整はドラッグで

表を作成した後に列幅や高さを調整するには、境界線にマウスを合わせて、ドラッグします。ドラッグするときのマウスポインタの形に気をつけてください。

調整したい列の右側の境界線にマウスポインタを合わせます。マウスポインタが以下のような左右開きの形になったことを確認して、左や右にドラッグします。
列幅を調整するときのマウスポインタの形

行の高さの場合は、調整したい行の下の境界線にマウスを合わせます。そして、マウスポインタが上下開きの形になったことを確認して、上や下にドラッグします。
高さを調整するときのマウスポインタの形

列幅の自動調整はダブルクリックで

また、文字列の幅に自動的に合わせることもできます。この時もマウスポインタの形が左右開きの形になったことを確認してダブルクリックします。
ダブルクリックで列幅を自動調整

下のように列内の一番長い文字列に合わせて、自動調整されます。
自動調整後

注意列幅はダブルクリックで調整されますが、高さはダブルクリックで調整されません。また、この列幅の自動調整は表の場合だけで、プレースホルダーやテキストボックスでは、自動調整することはできません。

列幅を揃える

複数の列幅や高さを揃える方法です。

表全体の列幅を揃える

表全体の列幅を揃えたい場合は、表を選択します。そして、[表ツール]の[レイアウト]タブの[セルのサイズ]グループにある[幅を揃える]をクリックします。
幅を揃える

表のすべての列幅を揃えることができます。
幅を揃えた表

複数の列を揃える

複数の列を指定して揃えることもできます。表の上部にマウスを移動させると、マウスポインタが下向きの黒い矢印の形になります。その時にクリックすると、列を選択することができます。ここでは、そのまま右へドラッグして2列を選択します。そして、同様に[幅を揃える]をクリックします。
列の選択

選択した列のみの列幅を揃えることができます。
選択した列の幅を揃えた表

テキストボックスに数値を入力

また、[幅を揃える]の左側にあるテキストボックスに数値を入力して、列幅を揃えることもできます。
テキストボックスに入力して幅を揃える

高さを揃える

高さを揃える場合も同様です。行を選択する場合は、表の左側にマウスポインタを移動させて、マウスポインタが右向きの黒い矢印の形になった時にクリックします。そして、[高さを揃える]をクリックします。
行の選択

以下のように行の高さを揃えることができます。参考表全体の高さを揃える場合は、ドラッグせずに、表を選択した状態でOKです。
表の行の高さを揃えた表

行の高さも[高さを揃える]の左側にあるテキストボックスに数値を入力して、行の高さを揃えることもできます。

参考表のセルの余白の調整については、以下の記事で解説しています。

セルの余白の調整は簡単!Excelから貼り付けた表には余白がない

PowerPointのスライドにExcelの表をコピーして貼り付けることは、よくあると思います。ですが、そのまま貼り付けると、セルの左や右に ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

タイルのサイズ変更とスタート画面にピン留め

Windows10のスタート画面のタイルのサイズは、右クリックのショートカットメニューから変更することができます。 タイルのサイズ変更 タイ ...

Accessの宛名ラベルウィザードを起動してラベル作成

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ここでは、テーブル[T_住所一覧] ...

ペイントでサイズ変更

Windows10のペイントを使って、写真のサイズを小さくする方法です。 まず、検索ボックスを使ってペイントを起動します。 ペイントの起動 ...

データベースのプロパティから個人情報を削除

Accessのプロパティには、作成者、管理者、会社名などの個人情報を入力して登録しておくことができます。[プロパティ]は一般に[属性]と呼ば ...

顔文字が出ない、変換候補一覧に表示される文字が少ない場合の対処方法

Windows10のバージョンアップによってIMEもどんどん進化しています。バージョンアップしたら、顔文字が変換候補一覧に表示されなくなった ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.