Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Print Friendly, PDF & Email

すべてのスライドのスライド番号を丸くするには

投稿日:

PowerPointでプレゼンテーションを作成した後、すべてのスライドのページ番号をを丸く(円形)にしたい場合の方法です。1枚のスライドではなく、すべてのスライドのページ番号を変更する場合は、スライドマスターで変更します。
ページ番号が丸いスライド

作成したプレゼンテーションのページ番号は、下のようになっています。
変更前のスライド番号

スライドマスターの表示

[表示]タブをクリックして、[マスター表示]グループの[スライドマスター]をクリックします。スライドマスターとは、スライドを作成する基になる型のようなものです。
スライドマスターの表示

[スライドマスター]タブの左側のレイアウトの一覧から、一番上のスライドマスターをクリックします。フッターに[スライド番号]があることを確認します。
スライドマスター

図形の変更

[ページ番号]のサイズ変更ハンドルをドラッグして、サイズを調整します。スライドマスターのページ番号を選択(枠線上を選択)して、[書式]タブの[図形の変更]をクリックして、サブメニューの図形の一覧から[楕円]をクリックします。
図形の変更

楕円になったかどうかを確認するために、ページ番号以外の箇所をクリックします。
ページ番号の形が変更されたことを確認

スライドマスターのページ番号に塗りつぶし

[ページ番号]を選択します。[書式]タブの[塗りつぶし]から任意の色を選択します。
ページ番号の塗りつぶし

楕円を真円に設定

[楕円]になっている[ページ番号]を[真円]にするには、[書式]タブの右端にある[サイズ]グループの[高さ]と[幅]のサイズを同じにします。
楕円を真円に設定

フォントの色を変更

フォントの色を変更するには、[ホーム]タブの[フォントの色]から選択します。ここでは、[赤]を選択します。
フォントの色

中央配置

ページ番号を円の中心に配置したいので、[配置とサイズ]ボタンをクリックして、[図形の書式設定]ウィンドウを表示させます。参考ページ番号を右クリックしてショートカットメニューから、[図形の書式設定]をクリックして表示させても同じです。
図形の中央に配置

[図形の書式設定]の[サイズとプロパティ]にある[テキストボックス]を展開します。[垂直方向の配置]の▼ボタンをクリックして、一覧の中から[中心]を選択します。これで、円の中心に配置されたと思います。
[垂直方向の配置]を中心に

標準表示に戻す

[マスター表示を閉じる]をクリックして、マスター表示を閉じます。
マスター表示を閉じる

標準表示になると思います。すべてのスライドのページ番号が丸くなっていることを確認します。
標準表示

表示モードは、ステータスバーから切り替える方法もあります。

表示モードの切り替えはステータスバーから

PowerPointのプレゼンテーションの表示は、[標準]、[アウトライン表示]、[スライド一覧]、[ノート]、[閲覧表示]という5個の表示 ...

続きを見る

テーマの選択

また、[デザイン]タブの[テーマ]の中でページ番号が丸くなっているものを選択して変更することもできます。この場合、ページ番号以外も変更されてしまいます。
テーマの選択

関連スライド番号についての関連記事です。

3枚目のスライド番号を1にするには

3枚目のスライド番号を1にするには

PowerPointで、スライド番号を挿入したいが、1枚目と2枚目にはページ番号を挿入せずに、3枚目のスライドからスライド番号1を開始したい ...

続きを見る

スライドにページ番号と総ページ数を挿入

スライドにページ番号と総ページ数を挿入

PowerPointで各スライドに下のようにページ番号(スライド番号)と総ページ数(総スライド数)を挿入する方法です。 スライドマスターを表 ...

続きを見る

スライドを抜いてもスライド番号は連続したい

スライドを抜いてもスライド番号は連続したい

PowerPointでプレゼンテーションを作成した後、その中の一部のスライドを抜いてプレゼンしたいということがあります。非表示スライドの設定 ...

続きを見る

スライド番号の挿入ができない

スライド番号の挿入ができない

PowerPointでスライド番号を挿入する方法です。 スライド番号の挿入 [挿入]タブの[テキスト]グループにある[ヘッダーとフッター]を ...

続きを見る

スライド番号を途中から振る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

箇条書きの貼り付けオプションで箇条書きの行頭文字は貼り付けたくない

箇条書きが設定された段落をコピーして、別の段落へ貼り付けると[貼り付けのオプション]ボタンが表示されます。この[貼り付けオプション]の中のコ ...

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、埋め込みマクロで設定する方法を紹介します。 ボタンの ...

コメントに解決ボタン

Wordでは、コメント機能を利用して文章中にメモや注意点などをメモのようにを挿入することができます。また、Word2013以降はコメントに返 ...

データの統合(表の項目名の数と並び順が一致している場合)

Excelには複数の表を統合してくれるデータの統合という機能があります。各店舗や各支店の異なるブックのデータをまとめたり、複数シートのデータ ...

Windows10 Creators Update後のコントロールパネルはWindowsシステムツールの中に

Windows10 Creators Updateを実行すると、コントロールパネルのメニューの位置がわかりにくいのではないかと思います。 W ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.