Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Print Friendly, PDF & Email

スライドにページ番号と総ページ数を挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointで各スライドに下のようにページ番号(スライド番号)と総ページ数(総スライド数)を挿入する方法です。
スライドのページ番号

スライドマスターを表示して設定

[表示]タブから[スライドマスター]をクリックします。
スライドマスター

スライドマスターから、使用しているレイアウトを選択して、[ページ番号]の枠へ下のように[<#>/総ページ数]を入力します。既定では、ページ番号は[<#>]となっているので、その後ろへ入力します。ここでは、総ページ数は5なので、[<#>/5]と入力します。使用しているレイアウト全てに入力します。
ページ番号へ総ページ数を入力

入力が終わったら、[スライドマスター]タブにある[マスター表示を閉じる]ボタンをクリックして、スライドマスター表示を閉じます。
スライドマスターを閉じる

スライド番号をすべてのスライドに適用

標準表示に戻ったら、[挿入]タブにある[スライド番号]をクリックします。
スライド番号

[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスが表示されます。[スライド番号]のチェックボックスをクリックしてオンにします。そして、[すべてに適用]をクリックします。
[ヘッダーとフッター]ダイアログボックス

これですべてのスライドにページ番号と総ページ数が表示されるようになります。もし、先にページ番号を表示していて、ページ番号の変更が反映されないようであれば、一度 [ヘッダーとフッター]ダイアログボックスで[ページ番号]をオフにして適用し、再度 オンにしてみてください。
スライド番号の完成

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

ミニツールバー

Office2013の画像のミニツールバーは、Office2010のときよりシンプルになっています。 下は画像で右クリックしたときの状態です ...

全てのグラフに引き出し線を表示

Excel2010までは、引き出し線は円グラフのみに表示できたのですが、Excel2013ではすべてのグラフで表示することができるようになり ...

ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでスライサーを使用してフィルタリングすると便利です。 下の画像は、二つのピボットテーブルとピボッ ...

折れ線グラフを途切れさせない

Excel2013でデータに空白セルがあっても、折れ線グラフを途切れさせないようにする機能を紹介します。 たとえば、下のような空白セルがある ...

波線を消すには

Wordで 文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。これは、入力ミスや表記ゆれがある場合に表示されます。指摘された間違 ...

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.