Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Print Friendly

スライドにページ番号と総ページ数を挿入

投稿日:

PowerPointで各スライドに下のようにページ番号(スライド番号)と総ページ数(総スライド数)を挿入する方法です。
スライドのページ番号

[表示]タブから[スライドマスター]をクリックします。
スライドマスター

スライドマスターから、使用しているレイアウトを選択して、[ページ番号]の枠へ下のように[<#>/総ページ数]を入力します。既定では、ページ番号は[<#>]となっているので、その後ろへ入力します。ここでは、総ページ数は5なので、[<#>/5]と入力します。使用しているレイアウト全てに入力します。
ページ番号へ総ページ数を入力

スポンサーリンク

入力が終わったら、[スライドマスター]タブにある[マスター表示を閉じる]ボタンをクリックして、スライドマスター表示を閉じます。
スライドマスターを閉じる

標準表示に戻ったら、[挿入]タブにある[スライド番号]をクリックします。
スライド番号

[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスが表示されます。[スライド番号]のチェックボックスをクリックしてオンにします。そして、[すべてに適用]をクリックします。
[ヘッダーとフッター]ダイアログボックス

これですべてのスライドにページ番号と総ページ数が表示されるようになります。もし、先にページ番号を表示していて、ページ番号の変更が反映されないようであれば、一度 [ヘッダーとフッター]ダイアログボックスで[ページ番号]をオフにして適用し、再度 オンにしてみてください。
スライド番号の完成

お勧め記事と広告

関連記事

フォームを開く時に前回のフィルターの状態で開きたい

Accessの分割フォームでデータシートのフィルターを使って絞り込みを行います。 絞り込みの結果は下のようになります。 この絞り込んだ状態の ...

複数オブジェクトの選択が可能

Word2013では、複数オブジェクトの選択が[オブジェクトの選択]ボタンのドラッグ操作で可能になりました。 画像や、テキストボックス、図形 ...

ステップ記録ツール

Windows7からの機能ですが、操作の手順を画面キャプチャを撮りながら自動で記録してくれるツールがあります。 ここでは、Windows8で ...

ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでスライサーを使用してフィルタリングすると便利ですね。 下の画像は、二つのピボットテーブルとピボ ...

複数のセルの値を一気に100万倍にするには

Excelで表内のセルの数値を単純にN倍したいと言う場合の簡単な方法です。 今回の質問は、大きな表内のセルの値を一気に1000000倍(百万 ...

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.