Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

図形・テキストボックスで縦書き文字を下位置の左右中央にする

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2013で図形やテキストボックスを挿入後、文字列を縦書きして、その文字列を下の左右中央に配置する方法です。

ここでは、図形を挿入して解説します。

縦書き文字を下位置の左右中央に配置

図形の挿入

[挿入]タブにある[図形]から[正方形/長方形]をクリックして、挿入します。

[挿入]タブにある[図形]

テキストの入力

大きさを調整したら、キーボードから直接入力します。

または、右クリックして[テキストの編集]をクリックして、カーソルを表示して入力します。

参考図形を選択したまま、キーボードから直接入力することもできますが、図形の中にカーソルを表示したい場合は、[テキストの編集]をクリックします。

また、PowerPoint2016では、ダブルクリックでカーソルを表示することができます。

テキストの編集

文字列を入力します。

図形に文字列を入力

図形の書式設定

また、右クリックしてショートカットメニューから[図形の書式設定]をクリックします。

右クリックして[図形の書式設定]

縦書き

[テキストボックス]の[文字列の方向]から[縦書き]を選択します。

[文字列の方向]から[縦書き]を選択

左右中央

[垂直方向の配置]は、[左右中央]を選択します。

[垂直方向の配置]から[左右中央]を選択

右揃え

その後、[ホーム]タブの[段落]グループにある[右揃え]ボタンをクリックします。

これで図形の下位置、左右中央に文字列を配置することができます。

[ホーム]タブの[段落]グループにある[右揃え]ボタンをクリック

参考文字列を縦書きにするには、[ホーム]タブの[段落]グループにある[文字列の方向]から[縦書き]を選択しても同じです。

[ホーム]タブの[段落]グループにある[文字列の方向]から[縦書き]を選択

また、テキストボックスは、ボタン内に[横書きテキストボックス]と[縦書きテキストボックス]があります。

はじめから縦書きと決めている場合は、[縦書きテキストボックス]を選択すると早いですね。

テキストボックス

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.