Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

Webページでアニメーションを動かすには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointがインストールされていないパソコンでプレゼンテーションを見てもらう方法の一つとして、[Webページとして保存]する方法があります。

ただ、この方法で保存しても、既定ではアニメーションは動かないと思います。

せっかく作ったプレゼンテーションです。

アニメーションも動くように設定してみましょう。

Webページとして保存

メニューバーの[ファイル]から[Webページとして保存]をクリックします。

ファイルメニュー Webページとして保存

[名前を付けて保存]ダイアログボックスのファイルの種類が[単一ファイル Webページ]になっていると思います。(PowerPoint2003の場合)

PowerPoint2002の場合は、[Webアーカイブ]を選択してください。 [ファイル名]に名前を入力します。

名前を付けて保存

[タイトルの変更]をクリックして、ページタイトルを変更することができます。

ページタイトルとは、ブラウザでタイトルバーに表示される名前のことです。

タイトルの変更

[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[発行]ボタンをクリックします。

発行ボタン

[Webオプション]ダイアログボックスの表示

[Webページとして発行]ダイアログボックスが表示されます。

[Webオプション]ボタンをクリックします。

Webオプションボタン

ブラウズ時にスライドアニメーションを表示する

[Webオプション]ダイアログボックスの[全般]タブで[ブラウズ時にスライドアニメーションを表示する]のチェックボックスをクリックしてオンにします。

[OK]ボタンをクリックします。

全般タブ

[名前を付けて保存]ダイアログボックスから

また、このチェック項目は、[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[ツール]から[Webオプション]をクリックしても[Webオプション]ダイアログボックスが表示されますので、ここから設定することもできます。

名前を付けて保存ダイアログボックス

参考PowerPoint2010以降は、Webページとして保存がなくなりました。

Webページとして保存がなくなった

PowerPoint2010では、[Webページ]として保存する機能が廃止されました。 PowerPoint2007のファイルの種類 下は、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 PowerPoint2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.