Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

プレゼンテーションをMP4で保存、スライドにMP4を挿入

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPoint2013では、名前を付けて保存で[mp4]を選択して保存できるようになっています。

これは、嬉しいですね。

mp4

[ビデオの挿入]をクリックして、[mp4]ファイルを選択して挿入することもできます。

ビデオの挿入

PowerPoint2010の時は、[Mediaクリップの挿入]でした。

PowerPoint2010

[名前を付けて保存]の[ファイルの種類]

[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[ファイルの種類]は、以下の通りです。

増えましたねぇー!!おかげで何かと便利です。

参考[名前を付けて保存]ダイアログボックスは、[F12]キーを押して表示することもできます。

ファイルの種類

参考PowerPointのMicrosoftのサポートページです。

PowerPoint でサポートされているオーディオ ファイル形式およびビデオ ファイル形式 - Office サポート

上記ページの一覧表です。

サポートされているビデオファイル形式

サポートされているオーディオファイル形式

参考[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[ファイルの種類]から、[PowerPoint画像化プレゼンテーション]として保存する方法は以下の記事で解説しています。

ファイルサイズを小さくしたいなら【画像化プレゼンテーション】として保存

作成済みのプレゼンテーションを[PowerPoint画像化プレゼンテーション]として保存することができます。 各スライドが図として保存されま ...

続きを見る

また、[GIFグラフィック交換形式]で保存する方法も解説しています。

GIFグラフィックス交換形式で保存

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.