Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

目的別スライドショーは印刷も可能

投稿日:

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。この[目的別スライドショー]を作成すると、印刷物も用途に合わせて作成することができます。
目的別スライドショーを作成したいプレゼンテーションを起動します。
[スライドショー]タブにある[目的別スライドショー]をクリックします。
ポップヒントには、[選択したスライドのみを表示します。プレゼンテーションを短くすませる場合や、見る人に合わせて調整する場合に便利です。表示したいスライドを選択して、新しいスライドショーに追加し、必要に応じてスライドの順序を変えれば完成です。]と記されています。
スライドショータブ
[目的別スライドショー]ダイアログボックスで[新規作成]をクリックします。
[目的別スライドショー]ダイアログボックス
[目的別スライドショーの定義]ダイアログボックスが表示されます。スライドショーの名前を付けます。そして、プレゼンテーションの中で追加したいスライドを選択して、[追加]ボタンをクリックします。
目的別スライドショーの定義

スポンサーリンク

右側の目的別スライドショーのスライドにスライドが追加されたことを確認します。スライドの順番を変えるには、矢印ボタンを使って調整します。調整が終わったら、[OK]ボタンをクリックします。
目的別スライドショーの定義で調整
完成した目的別スライドショーを確認するには、[開始]ボタンをクリックします。目的別スライドショーは、複数登録することができます。
スライドショーの開始
目的別スライドショーを開始するには、[スライドショー]タブの[スライドショーの設定]をクリックして、
スライドショーの設定
[スライドショーの設定]ダイアログボックスの[スライドの表示]で[目的別スライドショー]をクリックして、用途にあった目的別スライドショーを選択します。
[スライドショーの設定]ダイアログボックス
または、[スライドショー]タブの[目的別スライドショー]から選択して実行します。
目的別スライドショー
目的別スライドショーは、印刷することも可能です。
[設定]の▼ボタンをクリックして、
印刷設定
[目的別スライドショー]の中から選択します。
目的別スライドショーの選択
PDFの作成時も[目的別スライドショー]を選択することができます。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスで、[ファイルの種類]から[PDF]を選択して、[オプション]ボタンをクリックします。
名前を付けて保存ダイアログボックス
[オプション]ダイアログボックスの[範囲]から[目的別スライドショー]を選択して、用途に合ったスライドショーを選択して[OK]ボタンをクリックします。
オプションダイアログボックス
目的別スライドショーを利用して、3枚目のスライド番号を1にすることもできます。
3枚目のスライド番号を1にするには

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

分類項目の設定

Office2013でメッセージの分類項目に色をつけて割り当てる方法です。 分類項目で色分けをしておくと、目的のメールを探しやすくなりますし ...

オプションボタンの挿入

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。 オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。 また、ワークシー ...

Excel2013ではリレーションシップを使おう

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。Vlookup関数を使うより簡単だと思います。 Excelの2枚のワークシー ...

見えるセルだけをコピーするには

Excelで下のような表があって、集計行のみを別表にしたいということがあります。 フィルタリングしてコピー ひとつの方法として、フィルタリン ...

条件付き書式で複数条件を結び付ける

Accessのフォームやレポートでは条件付き書式を設定することができます。 この条件付き書式で、複数の条件を満たされているかどうかを判定する ...

-Windows8 & Office2013 PowerPoint2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.