Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

球体を描いて保存する

投稿日:2017年1月7日 更新日:

PowerPointで球体を描いて、それを画像として保存する方法を紹介します。

球体を描くには、Office2010以降のバージョンであれば可能です。

Office2007の場合は、ExcelとPowerPointのみ可能で、Wordでは描くことができません。

球体を描く方法は、検索するとたくさんヒットします。

1つの方法として参考にしてください。

球体

ここではPowerPointで解説します。

真円の挿入

PowerPointを起動して、まず真円を描きます。

[挿入]タブの[図形]から[楕円]をクリックします。

真円を描くには、ドラッグせずにクリックするか、[Shift]キーを押しながらドラッグします。

楕円

図形の書式設定

下のように真円が描けたら、直径を2で割りやすい数値に変更します。

円を選択したまま、[書式]タブの[サイズ]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]をクリックして[図形の書式設定]作業ウィンドウを表示します。

参考作業ウィンドウの操作については、以下の記事で解説しています。

作業ウィンドウの操作

WordやExcelで作業をしていると、コマンドボタンをクリックした時にウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 ...

続きを見る

サイズ

そして、[縦横比を固定する]のチェックボックスをオンにします。

サイズの[高さ]を2で割りやすい数値にします。

[縦横比を固定する]のチェックボックスをオンにしているので、[幅]の数値は自動で変わります。

ここでは、円の直径を8cmにします。

直径の数値

塗りつぶし

[塗りつぶしと線]をクリックして、[線]から[線なし]を選択します。

また、塗りつぶしの色は[塗りつぶし(単色)]を選択したまま、[色]から任意の色を選択してください。

ここでは、既定のままで進みます。

線なしを選択

効果

次に[効果]をクリックして、[3-D書式]を展開して[面取り:上]をクリックして、一覧の中から[丸]をクリックします。

面取りから丸を選択

そして、幅と高さに円の半径の数値を入力します。

単位は[cm]にします。

[cm]と入力しても自動的に[pt]に変換されますが、気にしないでください。

これで球体らしくなりました。

半径の数値を入力

あとは、[表面]で[質感]や[光源]を調整します。

ここでは、[質感]は[標準-つや消し(明るめ)]、[光源]は[普通-ソフト]を選択しています。

ここはいろいろ工夫してみてください。

質感と光源の設定

影をつけるには、[効果]の[影]から[遠視投影:下]を選択します。

これで完成です。

影の設定

図として保存

作成した図を保存するには、右クリックしてショートカットメニューから[図として保存]をクリックします。

図として保存

[ファイルの種類]から拡張子を変えることができるので、目的にあったものを選択してください。

図として保存しておくと、他のアプリケーションでも使用できるので便利だと思います。

ファイルの種類

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.