Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

球体を描いて保存する

投稿日:

PowerPointで球体を描いて、それを画像として保存する方法を紹介します。球体を描くには、Office2010以降のバージョンであれば可能です。Office2007の場合は、ExcelとPowerPointのみ可能ですが、Wordでは描くことができません。球体を描く方法は、検索するとたくさんヒットします。1つの方法として参考にされてください。
球体

描いた球体を画像として保存できるのは、PowerPointのみなので、ここではPowerPointで解説します。

PowerPointを起動して、まず真円を描きます。[挿入]タブの[図形]から[楕円]をクリックします。真円を描くには、ドラッグせずにクリックするか、[Shift]キーを押しながらドラッグします。
楕円

下のように真円が描けたら、直径を2で割りやすい数値に変更します。円を選択したまま、[書式]タブにある[サイズ]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]をクリックして[配置とサイズ]作業ウィンドウを表示します。そして、[縦横比を固定する]のチェックボックスをオンにします。サイズの[高さ]を2で割りやすい数値にします。[縦横比を固定する]のチェックボックスをオンにしているので、[幅]の数値は自動で変わります。ここでは、円の直径を8cmにします。
直径の数値

スポンサーリンク
[塗りつぶしと線]をクリックして、[線]から[線なし]を選択します。また、塗りつぶしの色は[塗りつぶし(単色)]を選択したまま、[色]から任意の色を選択してください。ここでは、既定のままで進みます。
線なしを選択

次に[効果]をクリックして、[3-D書式]を展開して[面取り:上]をクリックして、一覧の中から[丸]をクリックします。
面取りから丸を選択

そして、幅と高さに円の半径の数値を入力します。単位はcmにします。cmと入力しても自動的にptに変換されますが、気にしないでください。これで球体らしくなりました。
半径の数値を入力

あとは、[表面]で[質感]や[光源]を調整します。ここでは、[質感]は[標準-つや消し(明るめ)]、[光源]は[普通-ソフト]を選択しています。ここはいろいろ工夫してみてください。
質感と光源の設定

影をつけるには、[効果]の[影]から[遠視投影:下]を選択します。これで完成です。
影の設定

作成した図を保存するには、右クリックしてショートカットメニューから[図として保存]をクリックします。
図として保存

[ファイルの種類]から拡張子を変えることができるので、目的にあったものを選択してください。図として保存しておくと、他のアプリケーションでも使用できるので便利だと思います。ファイルの種類

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

お勧め記事と広告

関連記事

長方形の画像を丸くするには

Wordで長方形の画像を挿入した後、その画像をまん丸く(真円)にする方法です。 Word2016で解説していますが、Word2010以降であ ...

PDFの幅を揃えるには

Windows10に標準搭載のEdgeは、PDFビューワーとしての機能もあります。 Windows10ではAdbeReaderが不要で、解説 ...

画像がアイコンで表示される

ピクチャフォルダー内の画像は、通常は下のように画像の縮小版で表示されます。 その画像の表示が下のようにアイコンになった時に通常の縮小版表示に ...

最近使用したファイルに日付分類

Office2016を起動すると、まず左側に[最近使ったファイル]が表示されています。この最近使ったファイルが日付で分類されるようになりまし ...

検索と置換ダイアログボックスをボタンで起動

Accessでレコードの検索を行う時、[検索と置換」ダイアログボックスを使用することは多いと思います。検索ボタンはリボンの[ホーム]タブにあ ...

-Windows10 & Office2016 PowerPoint2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.