Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

罫線の中央に図形を配置するには(図形操作はキーを使って簡単操作)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで罫線で囲んだ中に図形やテキストボックスを中央に配置する簡単な方法です。

Excel2016で解説していますが、バージョンは関係ありません。

罫線の中の図形

罫線を表示

下のように複数のセルを罫線で囲んでいます。

ワークシートの罫線

図形の挿入

罫線内に図形、またはテキストボックス挿入します。

ここでは、[図形]から[正方形/長方形]を挿入します。

四角形の挿入

罫線に大きさを合わせる

罫線内の図形を一度、罫線にピッタリ合わせます。

合わせるときは、[Alt]キーを使います。

Alt]キーを押したまま図形をドラッグすると罫線(枠線)にピッタリ合わせることができます。

Altキーを押してドラッグ

[Ctrl]キーを使って大きさを調整

下のようになったら、今度は[Ctrl]キーを押したままサイズ変更ハンドルをドラッグして大きさを調整します。

参考[Ctrl]キーを使うと中心を移動せずにサイズを変更できます。

Ctrlキーを押してドラッグ

下のように中央に配置することができます。

中央に配置

[Shift]キーを使って比率を保ったままサイズを調整

オブジェクトの比率を保ったままサイズを調整する場合は、[Shift]キーを使います。

Shiftキーを押してドラッグ

[Ctrl]+[Shift]で中心と比率を保ったままサイズを調整

オブジェクトの中心と比率を保ったままサイズを調整する場合は、[Ctrl]キーと[Shift]キーを使います。

CtrlキーとShiftキーを押してドラッグ

キーボードを使ったオブジェクトの操作は、Excelに限らずWordやPowerPointでも使える共通の操作です。

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.