リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

Tabキーで効率的な入力

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでオプションなどで何も設定しない状態で、効率的に入力する方法です。Excelのバージョンは関係ありません。

下のような表があります。

Tabキーを使ってセルを移動

セルA2に入力して確定後、[Tab]キーを押します。右隣のセルB2に移動します。
セルA1

セルB2に移動します。[Tab]キーを押します。
セルB2

セル[C2]に移動します。[Tab]キーを押します。
セルC2

表の右端まで移動したら、[Enter]キーを押します。
セルD2

セルA3がアクティブになります。
セルA3

表の右端のセルまでは、[Tab]キーで移動して、下の行の先頭セルへ移動するには[Enter]キーを押します。

範囲選択して入力

もう一つの方法としては、まず 入力する範囲を選択して反転させます。

セルA2に入力して確定後、[Tab]キーを押します。右隣のセルB2に移動します。
範囲選択

[Tab]キーで移動します。表の右端のセルに来ても[Tab]キーを押します。
Tabキー

下の行の先頭セルへ移動します。
下の行へ

[Tab]キーを[Enter]キーにすると、セルA2からセルA3というように下へ移動して、次はセルB2へ移動します。
選択した範囲内でのみ移動します。

キーボードで数値を入力した後、次のセルへ移動して、表の右端まで移動したら下の行の先頭へ移動すると、キーボードから指を離すことなく入力ができて効率的です。

関連以下の記事も参考になると思います。

効率的な入力

データを入力する前に、あらかじめ入力する範囲を選択しておくと効率よく入力できます。 範囲選択して入力 まず、データを入力する範囲を選択します ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

イメージコントロールに外部の画像ファイルを表示

Accessのフォームに画像を表示する方法としては、テーブルのデータ型で[添付ファイル]を選択するのが一番簡単ですが、イメージのコントロール ...

自動文章校正をオフにしても波線が消えない

Wordで 文章を入力していると、赤や青の波線が表示されることがあります。この波線は、スペルチェックや文章校正で指摘された箇所です。この波線 ...

Excel2013ではリレーションシップを使おう

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。VLOOKUP関数を使うより簡単だと思います。 参考[POWERPIVOT] ...

目的別スライドショーは印刷も可能

PowerPointでは、用途に合わせてスライドを調整し登録することができる[目的別スライドショー]という機能があります。この[目的別スライ ...

折れ線はフリーフォームで

Excelでフリーフォームを使って、ギザギザの直線(折れ線・曲がった直線)を描く方法です。 図形からフリーフォームをクリック [挿入]タブの ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.