Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

【Tab】キーと【Enter】キーで効率的に入力

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでオプションなどで何も設定しない状態で、効率的に入力する方法です。

Excelのバージョンは関係ありません。

[Tab]キーを使ってセルを移動


[Tab]キーを使った効率的な入力方法を紹介します。

キーボード Tab

下のような表があります。

セル[A2]に入力して確定後、[Tab]キーを押します。

右隣のセル[B2]に移動します。

セルA1

セル[B2]に移動します。

[Tab]キーを押します。

セルB2

セル[C2]に移動します。

[Tab]キーを押します。

セルC2

表の右端まで移動したら、[Enter]キーを押します。

キーボード[Enter]キー

セルD2

セル[A3]がアクティブになります。

セルA3

表の右端のセルまでは、[Tab]キーで移動して、下の行の先頭セルへ移動するには[Enter]キーを押します。

範囲選択して入力

もう一つの方法としては、まず入力する範囲を選択して反転させます。

セル[A2]に入力して確定後、[Tab]キーを押します。

右隣のセル[B2]に移動します。

範囲選択

[Tab]キーで移動します。

表の右端のセルに来ても[Tab]キーを押します。

Tabキー

下の行の先頭セルへ移動します。

下の行へ

キーボードで数値を入力した後、次のセルへ移動して、表の右端まで移動したら下の行の先頭へ移動すると、キーボードから指を離すことなく入力ができて効率的です。

[Tab]キーを[Enter]キーにすると、セル[A2]からセル[A3]というように下へ移動して、次はセル[B2]へ移動します。

選択した範囲内でのみ移動します。

[Enter]キーを押してセルを移動する方向

[Enter]キーで移動するセルの方向はオプションで変更できます。

[ファイル]タブをクリックして、Backstageビューを表示します。

[オプション]をクリックして[Excelのオプション]を表示します。

[詳細設定]を選択して[編集設定]にある[Enterキーを押したら、セルを移動する]の方向で設定できます。

既定は[下]です。

範囲選択して[Enter]キーを押して、右へ移動させたい場合は、[右]を選択して[OK] ボタンをクリックします。

[Excelのオプション]の[詳細設定]-[Enterキーを押したら、セルを移動する]の方向

関連以下の記事も参考になると思います。

効率的な入力方法を知って作業時間を短縮

データを入力する前に、あらかじめ入力する範囲を選択しておくと効率よく入力することができます。 また、Excelには効率よく入力できる機能がた ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.