リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

Tabキーで効率的な入力

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでオプションなどで何も設定しない状態で、効率的に入力する方法です。Excelのバージョンは関係ありません。

下のような表があります。

Tabキーを使ってセルを移動

セルA2に入力して確定後、[Tab]キーを押します。右隣のセルB2に移動します。
セルA1

セルB2に移動します。[Tab]キーを押します。
セルB2

セル[C2]に移動します。[Tab]キーを押します。
セルC2

表の右端まで移動したら、[Enter]キーを押します。
セルD2

セルA3がアクティブになります。
セルA3

表の右端のセルまでは、[Tab]キーで移動して、下の行の先頭セルへ移動するには[Enter]キーを押します。

範囲選択して入力

もう一つの方法としては、まず 入力する範囲を選択して反転させます。

セルA2に入力して確定後、[Tab]キーを押します。右隣のセルB2に移動します。
範囲選択

[Tab]キーで移動します。表の右端のセルに来ても[Tab]キーを押します。
Tabキー

下の行の先頭セルへ移動します。
下の行へ

[Tab]キーを[Enter]キーにすると、セルA2からセルA3というように下へ移動して、次はセルB2へ移動します。
選択した範囲内でのみ移動します。

キーボードで数値を入力した後、次のセルへ移動して、表の右端まで移動したら下の行の先頭へ移動すると、キーボードから指を離すことなく入力ができて効率的です。

関連以下の記事も参考になると思います。

効率的な入力

データを入力する前に、あらかじめ入力する範囲を選択しておくと効率よく入力できます。 範囲選択して入力 まず、データを入力する範囲を選択します ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

折れ線グラフを途切れさせない

Excel2013でデータに空白セルがあっても、折れ線グラフを途切れさせないようにする機能を紹介します。 たとえば、下のような空白セルがある ...

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示

Excelで下のような表を元に積み上げ縦棒グラフを作成しました。その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。グラフの作成はExce ...

PowerPivotのスライサーの配置

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というの ...

3枚目のスライド番号を1にするには

PowerPointで、スライド番号を挿入したいが、1枚目と2枚目にはページ番号を挿入せずに、3枚目のスライドからスライド番号1を開始したい ...

分割フォームの列幅を保存するには

Accessで分割フォームをよく利用しています。 単票フォームとデータシートが一つのフォームに作成できて便利です。 ですが、分割フォームを作 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.