Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

シートからデータモデルへ追加

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。
POWERPIVOTタブを表示させよう

このPOWERPIVOTのデータモデルにデータを追加するには、データモデルを表示させてデータをインポートする方法以外に、ワークシートからデータモデルにデータを追加することもできます。

ワークシートからデータモデルに追加する方法

取り込みたいデータ内のセルをアクティブにして、[挿入]タブにある[ピボットテーブル]をクリックします。
通常のピボットテーブルを作成する方法と同じですね。
挿入タブのピボットテーブル

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。
この下方に[複数のテーブルを分析するかどうかを選択]にある[このデータをデータモデルに追加する]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
ピボットテーブルの作成

しばらくすると、ピボットテーブルがワークシートに追加されます。
ここまででは分からないと思いますが、
ピボットテーブル

スポンサーリンク
[POWERPIVOT]タブをクリックして、[データモデル]グループの[管理]をクリックします。
POWERPIVOTタブ

そうすると、ワークシートのデータが取り込まれています。
データモデル

ダイアグラムビュー

データモデルに追加しておくと、データの改ざんができなくなるほか、複数のシートを取り込んでダイアグラムビューでリレーションシップを結ぶことができます。
ダイアグラムビュー

より高度な分析が可能となります。
PowerPivotのダイアグラムビュー

PowerPivotのダイアグラムビュー

Excel2013のPowerPivotウィンドウにはダイアグラムビューがあります。 ちょっと気が付きにくいのですが、実際試してみるとリレー ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

配置ガイドの表示/非表示

Word2013の新機能です。 Word2013では、図形や画像、テキストボックス、ワードーアートを移動させる時に余白の境界線やページの中央 ...

PowerView(パワービュー)

Excel2013では、[PowerView]という機能が追加されました。 どんなものだろうと何気に触っていたのですが、簡単に地図上にグラフ ...

コマンドまたはアクション'レコードの削除'は無効です

Access2013で、帳票フォームを作成し、レコードを削除できるように[削除]ボタンを作成しました。 ですが、[削除]ボタンをクリックする ...

Tabキーで効率的な入力

Excelでオプションなどで何も設定しない状態で、効率的に入力する方法です。※Excelのバージョンは関係ありません。 下のような表がありま ...

SELECT INTO ステートメントでは複数値を持つフィールドは使用できません

Access2013で添付ファイル型のフィールドを含むテーブルを元にテーブル作成クエリを実行しようとすると 以下のようなメッセージが表示され ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.