Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

散布図のラベル表示

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013以降では、標準で散布図にラベル表示ができるようになりました。

散布図にデータラベル表示が可能(Excel2013)

ラベル表示した散布図

下のような表を元にラベルを表示した散布図を作成する方法です。おすすめグラフを使って作成します。

表と散布図

表内のセルをアクティブにしておすすめグラフをクリック

表内のセルをアクティブにして、[挿入]タブにある[おすすめグラフ]をクリックします。

参考表の隣接したセルに文字列などが入力されている場合は、グラフに必要なセル範囲を範囲選択して、[おすすめグラフ]をクリックします。

おすすめグラフ

[グラフの挿入]ダイアログボックスの[おすすめグラフ]が表示されます。

上から3番目に[散布図]がありますのでクリックして選択します。

解説には以下のように記されています。

散布図は、2つ以上の値のセットや、データの組を比較する際に使用します。

値のセット間の関係を示す場合に、このグラフを使用します。

こういう解説も読んでいただくと、グラフを選ぶ場合の参考になると思います。

プレビューを見て問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。

ここでは、ラベル表示はされていませんが、グラフを作成後にラベル表示をすることができます。

グラフの挿入ダイアログボックス

散布図は、下のように作成されます。

散布図

データラベルの表示

グラフを選択すると、グラフの右上に3つのボタンが表示されますので、一番上の[グラフ要素]から[データラベル]をクリックして、[その他のオプション]をクリックします。

グラフ要素

ウィンドウの右側に[データラベルの書式設定]が表示されます。

データラベルの書式設定

[ラベルオプション]の[セルの値]のチェックボックスをオンにします。

[データラベル範囲]ダイアログボックスが表示されます。

ダイアログボックスの拡大/縮小ボタンをクリックして、

データラベル範囲

散布図に表示したい商品名の範囲を選択します。

[OK]ボタンをクリックします。

データラベル範囲の選択

下のように散布図に商品名が表示されます。

売上面積値が不要であれば[Y値]のチェックボックスを外します。

Y値

後はタイトル名を書き換えると下のようになります。

グラフの完成

参考グラフの角を丸くするには、[塗りつぶしと線]の[枠線]にある[角を丸くする]のチェックボックスをオンにします。

グラフの角を丸くする

Excel2010以前で散布図にラベルを表示する方法は、以下の記事で解説しています。

散布図の作成(ラベル付けの方法)

互いの相関関係をみるには、相関図を作成しますね。 相関図はエクセルのグラフウィザードにある[散布図]を使って作成することができます。 下のよ ...

続きを見る

散布図の作成(Excel2007)

複合グラフの作成方法も紹介しています。

Excel2016のおすすめグラフ

Excel2013から追加された機能に、「おすすめグラフ」というのがあります。 集合縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフも数回のクリックで作 ...

続きを見る

また、近似曲線を追加してデータの傾向を可視化することもできます。

近似曲線を追加して来月の売上を予測する

作成した折れ線グラフに[近似曲線]を追加して、データの傾向を可視化することができます。 また、来月、再来月などの未来の売上を予測することもで ...

続きを見る

ワンクリックで傾向を予測してグラフを表示することもできます。

予測シートって便利!ワンクリックで傾向を予測してグラフを表示

Excel2016の[データ]タブには、[予測シート]という機能があります。 Excel2016からの新機能です。 データを基に先の予測をグ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.