Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

テキストボックスにセルの内容をリンク

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010に限ったことではありませんが、テキストボックスはセルの内容をリンクさせることができます。

テキストボックスは、ワークシート上のどこにでも作成でき、自由にドラッグで配置できます。

グラフのタイトルや図形の説明などでも、よく使用します。

セルに文字を入力

セル[A1]に何か文字を入力します。

セルA1

テキストボックスの挿入

[挿入]タブの[テキスト]グループの[テキストボックス](文字部分)をクリックすると、[横書きテキストボックス]と[縦書きテキストボックス]のメニューがあります。

ここでは、[横書きテキストボックス]を選択します。

[挿入]タブの[テキスト]グループの[テキストボックス]

任意の位置にテキストボックスを作成します。

テキストボックスの挿入

任意の大きさにドラッグすると、カーソルがテキストボックスの中に表示されます。

テキストボックスにカーソルが表示

参考テキストボックスは、[挿入]タブの[図形]から挿入することもできます。

[挿入]タブの[図形]の[テキストボックス]

数式バーに参照セルを入力

テキストボックスを選択したまま、数式バーに半角で[=A1]と入力して[Enter]キーを押します。

数式バーに[=]を入力した後に、対象のセル(ここではセル[A1])をクリックして、[Enter]キーを押しても構いません。

セルの内容が変更されると、テキストボックスの内容も変更されます。

テキストボックスにセル参照

座席を決めたり、いろいろな場面で活用できそうです。

ワークシートの複数のテキストボックス

テキストボックスは、[フォント]グループにあるコマンドを使って、塗りつぶしの色を設定したり、フォントの色を変更したりすることができます。

テキストボックスを削除する場合は、テキストボックスを選択して[Delete]キーを押します。

参考グラフのタイトルなどでも、よく使用します。

積み上げ縦棒グラフに合計値を表示(テキストボックスを挿入して表示)

Excelで下のような表を基に積み上げ縦棒グラフを作成しました。 その作成した積み上げグラフに合計値を表示する方法です。 グラフの作成はEx ...

続きを見る

関連Excelのテキストボックスに関する記事です。

Excelのテキストボックスでのタブ設定

Excelでテキストボックスを挿入した後、そのテキストボックス内の文字列にタブ設定をする方法を紹介します。 テキストボックスの挿入 [挿入] ...

続きを見る

印刷したくない文字列はテキストボックスや図形を使うと便利

Wordには、隠し文字という機能があるのですが、Excelには隠し文字の機能はありません。 もし、Excelで印刷したくない文字列があるなら ...

続きを見る

テキストボックスの[書式のコピー/貼り付け]ができない

Office2016に限ったことではないのですが、「テキストボックスで書式のみをコピーして貼り付けようとしてもできない」と、よく質問を受けま ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 7 & Office 2010 Excel 2010

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.