Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

人口ピラミッドグラフの作成

投稿日:2017年10月3日 更新日:

人口ピラミッドをおすすめグラフで作成する方法です。
ピラミッドグラフ

グラフの元になるデータを編集

下のようなデータがあります。
グラフ元のデータ

ピラミッドグラフを作成する前に、上記データを編集します。グラフの左側に表示する男性の数値をすべてマイナス値にします。
マイナス値に変更

まとめてマイナス値にするには

セルを1つずつマイナス値にするのは面倒ですね。一気にマイナス値にする方法です。
表以外のセルに[-1]を入力して、そのセルをコピーします。ここでは、セル[B13]に[-1]を入力しています。
-1のセルをコピー

男性の数値、セル[B3]からセル[B11]まで範囲選択します。
範囲選択

そして、[ホーム]タブの[貼り付け]ボタンの▼をクリックして、[形式を選択して貼り付け]をクリックします。参考ショートカットキーは、[Ctrl]+[Alt]+[V]です。
形式を選択して貼り付け

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。[貼り付け]から[値]を選択して、[演算]から[乗算]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
形式を選択して貼り付けダイアログボックス

これでマイナス値になります。
マイナス値に変更

表示形式の変更

男性の数値のセルを選択して、右クリックしてショートカットメニューから[セルの書式設定]をクリックします。参考[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]キー + [1]キーです。
セルの書式設定

[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブが表示されます。[ユーザー定義]をクリックします。テキストボックスに、[<0]0;G/標準 と入力します。これで、マイナス値は絶対値で表示されるようになります。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
ユーザー定義

おすすめグラフ

男性の数値は、下のように見た目は絶対値が表示されます。
項目を含めた範囲、ここではセル[A2]からセル[C11]まで選択します。[挿入]タブをクリックして、[グラフ]グループの[おすすめグラフ]をクリックします。参考[おすすめグラフ]は、Excel2013からの機能です。グラフの一覧から選択しても構いません。
おすすめグラフ

[グラフの挿入]ダイアログボックスが表示されます。[おすすめグラフ]の中の[積み上げ横棒]をクリックします。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
積み上げ横棒

下のようなグラフが挿入されます。
グラフの挿入

横棒グラフを選択しても作成することができます。集合横棒での作成方法

グラフタイトルのリンク

まず、グラフタイトルを変更します。[グラフタイトル]と表示されたテキストボックスを選択します。選択したまま、数式バーに[=]を入力して、グラフタイトルとなるセルをクリックします。ここでは、タイトルはセル[A1]に入力しているので、セル[A1]をクリックします。[Enter]キーを押します。
参考ここでは、グラフタイトルは、すでに入力したものがあったのでセルをリンクする方法を紹介していますが、グラフタイトルは直接入力しても構いません。
グラフタイトルの変更

グラフタイトルには、セル[A1]の文字が表示されます。
グラフタイトルのリンク

縦(項目)軸を反転

[縦(項目)軸]を選択します。[グラフツール]の[書式]タブをクリックして、[現在の選択範囲]グループの[選択対象の書式設定]をクリックします。参考[軸の書式設定]を表示するには、[縦(項目)軸]をダブルクリックしてもいいです。
選択対象の書式設定

軸の書式設定が表示されます。[軸のオプション]にある[軸を反転する]のチェックボックスをオンにします。
軸の書式設定

縦(項目)軸の位置を変更

縦(項目)軸を左に表示したいので、[ラベル]をクリックして展開します。[ラベルの位置]の▼ボタンをクリックして、プルダウンメニューから[下端/左端]を選択します。
ラベルの位置

グラフスタイルの変更

グラフのスタイルを変更するには、[グラフツール]の[デザイン]タブの[グラフスタイル]から選択します。[その他]ボタンをクリックすると、スタイルの一覧を表示することができます。
デザインの変更

データラベルの表示

データラベルを表示するには、グラフエリアを選択して、グラフの右上に表示される[グラフ要素]をクリックして、[データラベル]をクリックします。
データラベルの表示

データラベルの位置は、[中央]、[内側上]、[内側軸寄り]のみなので、下のようにグラフ系列の外側に表示したい場合は、ドラッグで移動させます。
データラベルの位置


上記は積み上げ横棒を使っての解説でしたが、横棒グラフを使っても作成することができます。

集合横棒グラフでの作成方法

おすすめグラフの中で[集合横棒]を選択します。
集合横棒

以下のようなグラフが作成されます。
集合横棒グラフ

このグラフを元に上記と同じようにグラフタイトルのリンクをして、項目軸を反転ラベルの位置を左側に変更します。
横棒グラフの編集

そして、男性か女性、どちらかの系列を選択して、[書式]タブの[選択対象の書式設定]をクリックします。
選択対象の書式設定

[データ系列の書式設定]が表示されます。[系列の重なり]を[100%]、[要素の間隔]を[0%]にします。グラフは下のようになります。
データ系列の書式設定

また、横棒グラフの場合、データラベルの位置は系列の外側に表示することもできます。グラフエリアを選択して、右上に表示される[グラフ要素]の[データラベル]をクリックします。ラベルの位置は[中央]、[内側上]、[内側軸寄り]、[外側上]です。(データラベルの書式設定の表示)
データラベルの表示

参考積み上げ横棒と同じようにデザインを変更することもできます。ただ、[系列の重なり]と[要素の間隔]も変更されますので、先にデザインを決めてから行った方がいいと思います。
デザインの変更

関連項目軸を中央に配置する人口ピラミッドグラフの作成は、以下の記事で解説しています。

項目軸を中央に配置した人口ピラミッドグラフの作成

Excelのグラフで人口ピラミッドを作成し、項目軸を中央に配置する方法を紹介します。 項目軸を左位置に配置した人口ピラミッドの作成方法は、以 ...

続きを見る

以下の記事では、関数を使ってグラフのように見せる方法を紹介しています。

ピラミッド型グラフを関数で作成

人口ピラミッドを関数を使って、下のようにグラフのように見せる方法です。 使用するREPT関数は、文字列を指定した回数繰り返す関数、縦棒を繰り ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

カレンダーの作成(クイック表作成から)

Wordのクイック表作成からカレンダーを作成する方法です。 クイック表作成からカレンダーを選択 まず、カレンダーを挿入したい位置にカーソルを ...

通知アイコンのカスタマイズ

Windows10でタスクバーに表示される通知アイコンのカスタマイズの方法です。 タスクバーの一番右にある時間表示の箇所で右クリックします。 ...

ステップ記録ツールで保存したmhtファイルをWordで編集するには

Windowsには、操作の手順を画面キャプチャを撮って自動で記録してくれるステップ記録ツールという機能があります。とても便利なツールです。 ...

画像を挿入できるSmartArtグラフィック

SmartArtグラフィックとは、図形や矢印、画像などを組み合わせて、情報の相互関係を視覚的にわかりやすく表示できるOffice共通の機能で ...

スライドの背景に画像を挿入する

PowerPoint2013、PowerPoint2016でスライドの背景に画像を挿入する方法です。 [デザイン]タブの[背景の書式設定] ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.