Google検索

Windows10 & Office2016 Excel2016

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのテーブルはとても便利なものです。

通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析にも使用できるようになります。見た目は通常の表と変わりないようにみえますが、実際の内容についは大きな違いがあります。大げさではなく、テーブルのほうが圧倒的に便利です。

Excel のテーブルの概要 - Excel(Microsoft)

Excel2016での解説ですが、旧バージョンでも同様の操作ができますので、ぜひお試しください。

テーブルを使用すると、以下のようなスライサーを使った絞り込みを行うこともできます。

スライサーの操作

サンプルの確認


下のような住所一覧があります。

表

テーブルに変換

これをテーブルに変換します。

表内のセルをアクティブにします。

範囲選択する必要はありません。

[挿入]タブの[テーブル]をクリックします。

ポップヒントには、以下のようにしるされています。

関連データの整理と分析を行うテーブルを作成します。

テーブルに作成しておくと、シート内のデータの並べ替え、フィルター、書式設定を簡単に行えるようになります。

また、Excel2013以降であれば、クイック分析からテーブルを作成することもできます。

クイック分析で簡単データ分析

クイック分析は、Excel2013からの機能です。 セル範囲を選択すると、選択範囲の右下に[クイック分析]のボタンが表示されます。 このボタ ...

続きを見る

テーブルの作成でも解説しています。

挿入タブのテーブル

[テーブルの作成]ウィンドウが表示され、データ範囲が自動的に選択されています。

テーブルに変換するデータ範囲を確認して、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックボックスはオンにしたまま、[OK]ボタンをクリックします。

参考[テーブルの作成]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは[Ctrl]+[T]です。

テーブルの作成

下のようになります。

テーブルの完成

また、リボンも[テーブルツール]に切り替わります。また、テーブル名が自動的に付けられます。

[デザイン]タブの[プロパティ]グループの[テーブル名]で確認できます。

リボンとテーブル名

テーブルの名前

テーブルに変換すると、テーブル名が自動的に付けられますが、このテーブル名は変更することができます。

テーブルの名前の確認と変更方法

また、Power Queryで指定フォルダー内のすべてのテーブルの結合を行う場合はテーブル名が重要になります。

Power Queryでフォルダー内のすべてのファイルのデータを結合

ExcelのPower Queryを使って、指定したフォルダー内の複数ファイルのデータを1つのテーブルに結合することができます。後でそのフォ ...

続きを見る

参考もし、テーブルにうまく変換できない場合は、以下の記事を参考にしてください。既存の表をテーブルに変換しようとしても、うまく行かない場合もあります。テーブルに変換するデータについての注意点を以下の記事にまとめましたので見直してみてください。

テーブルやピボットテーブルでうまくいかない場合の見直し点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理や分析が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。 でも、既存の表をテ ...

続きを見る

表が一行おきの色違いの縞模様に

テーブルになると、カラフルな表に切り替わります。

このスタイルは、[テーブルのスタイル]から変更することができます。

テーブルスタイル

テーブルスタイルの右下のボタンをクリックして、豊富なスタイルからワンクリックで変更することができます。

もし、テーブルの書式を設定したくなければ、スタイル一覧の中の左上にある[なし]か、一番下にある[クリア]をクリックします。

スタイルの種類

[テーブルのスタイルのオプション]グループにある[縞模様]のチェックボックスをオフにすると、テーブルの縞模様は解除されます。また、スタイルも縞模様なしのものが表示されます。

[テーブルのスタイルのオプション]グループにある[縞模様]のチェックボックス

自動的にフィルターが設定

並べ替えやデータの抽出をすぐに行うことができます。

また、詳細なフィルターを使用してデータを抽出することもできます。

フィルターの抽出条件はデータの種類で変わるを参照してください。

フィルターの抽出条件はデータの種類で異なる

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。 表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクテ ...

続きを見る

フィルター

自動的に先頭行が固定

先頭行が固定されるので、スクロールしても常に列の項目が表示されます。

先頭行

[Shift]キーなしで行をドラッグで移動

行全体を移動させたい時は、セル範囲を選択して外枠の線をドラッグするだけです。複数行を選択してもできます。

通常の表であれば[Shift]キーを使ってドラッグしなければなりませんが、その必要はありません。

ドラッグで選択行を移動

列の場合も同様の操作ができます。[Shift]キーなしで挿入モードになります。

ただし、テーブル内の行や列を選択した時のみです。行全体や列全体ではありません。

テーブルが大きくてテーブル範囲内の行や列が選択しにくい場合は、セルを選択して、右クリックのショートカットメニューの[選択]からクリックすると早いです。

  • テーブルの列全体
  • テーブルの行

テーブルの列全体、テーブルの行を選択

参考通常の表で[Shift]キーを使って行や列を入れ替える方法については、以下の記事で解説しています。

Shiftキーで範囲選択した行を入れ替え

no image
【Shift】キーを使って列やセルの簡単入れ替え

[Shift]キーを使って枠線をドラッグすると、列の入れ替えやセルの入れ替えを簡単に行うことができます。[Shift]キーを使うことで挿入モ ...

続きを見る

行や列を挿入した時に自動拡張(書式も)

テーブル内に行や列を挿入すると、自動的にテーブルの範囲が拡張されて、スタイルも設定されます。

反対にテーブル内の行や列を削除しても、自動的にテーブルの範囲が縮小されて、スタイルも再設定されます。

行や列を挿入、または削除してもテーブルの書式が崩れることがありません。

テーブルの右に新しい列を追加したり、最終行に新しい行を追加しても自動的に書式が引き継がれます。

以下の画像は、セル[G1]に[備考]と入力して、[Enter]キーを押して確定したところです。

それだけで、テーブルが拡張され、書式も設定されます。

テーブルに新しい列を追加

セルの右下に現れる[オートコレクトのオプション]は、以下のようになっています。

ここで、テーブルを拡張しないこともできます。

  • テーブルの自動拡張を元に戻す
  • 自動的にテーブルを拡張しない
  • オートコレクト オプションの設定

オートコレクトのオプション

参考もし、上記のようにテーブルが自動的に拡張されない場合は、[Excelのオプション]を表示して設定を確認してください。

以下の記事で解説しています。

テーブル範囲の自動拡張

テーブルでは集計が簡単

[デザイン]タブの[テーブルスタイルのオプション]グループにある[集計行]のチェックボックスをオンにすると、自動的に集計行が追加され、集計行のセルには[SUBTOTAL関数]が設定されます。

SUBTOTAL関数

プルダウンメニューから様々な集計値を求めることができます。※テーブルのサンプルは変更しています。

テーブルの集計行の追加

参考SUBTOTAL関数は、オートフィルターを使用した時に、表示されているセルのみを集計することができます。

SUBTOTAL 関数では、集計方法の値にかかわらず、フィルターの結果に含まれていない行はすべて無視されます。

SUBTOTAL 関数 - Office サポートより

色付きセルの合計もテーブルを使用すると簡単に求めることができます。

色付きセルの集計はテーブルで(合計・個数など)

Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。 この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば ...

続きを見る

集計列の自動作成

I列に[販売単価]と[数量]を掛けた[金額]を挿入します。

セル[I1]に[金額]入力して、[Enter]キーで確定します。テーブルが同じ書式で[I]列まで拡張されます。

テーブルに列を追加

セル[I2]に[=]を入力して、セル[G2]をクリックします。[@販売単価]と表示されます。テーブルでは、セル参照が[構造化参照]と呼ばれるものになります。

テーブルで数式を入力

数式は、[=[@販売単価]*[@数量]]となります。

テーブルの数式[構造化参照]

テーブルでは、数式をコピーする必要はありません。[Enter]キーを押すだけで、列全体に数式が入力されます。

テーブルでは[Enter]キーを押して数式をコピー

列全体に同じ数式を入力したくない場合

列全体に同じ数式を入力したくない場合は、[オートコレクトのオプション]で[集計列の自動作成を停止]を選択します。

[オートコレクトのオプション]で[集計列の自動作成を停止]を選択

以下のようになります。

[オートコレクトのオプション]で[集計列の自動作成を停止]を実行

一度[集計列の自動作成を停止]を選択すると、[オートコレクトのオプション]には[この列のすべてのセルをこの数式で上書き]しか表示されなくなります。

[この列のすべてのセルをこの数式で上書き]をクリックすると、列全体に数式が入力されます

[オートコレクトのオプション]の[この列のすべてのセルをこの数式で上書き]

[この列のすべてのセルをこの数式で上書き]をクリックすると、列全体に数式が入力されますが、

既定のオートコレクトのオプションの状態に戻すには、[Excelのオプション]ダイアログボックスの[文章校正]タブの[オートコレクション]をクリックして、[オートコレクト]ダイアログボックスを表示します。

そして、[入力オートフォーマット]タブの[テーブルに数式をコピーして集計列を作成]のチェックボックスをオンにします。

[入力オートフォーマット]タブの[テーブルに数式をコピーして集計列を作成]

テーブルでもスライサーの使用が可能

Excel2013以降ではスライサーを利用して、フィルタリングの状態を見やすく分かりやすく表示することができます。

[デザイン]タブにある[スライサーの挿入]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

スライサーを使って、データのフィルター処理を視覚的に実行します。

スライサーを使うと、テーブルやピボットテーブル、ピボットグラフ、キューブ関数のフィルター処理が速くなり、簡単になります。

スライサーの挿入

スライサーを挿入から、[会社名]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。

スライサーの挿入から選択

以下のような操作ができるようになります。

スライサーの操作

Excel2016では、スライサーに[複数選択]ボタンが追加されました。

テーブルのスライサーに複数選択ボタンが追加

テーブルやピボットテーブルでは、スライサーを使用してデータのフィルターを視覚的に実行することができます。 Excel2010のピボットテーブ ...

続きを見る

関連Excel2013の以下の記事でもスライサーについて解説しています。

テーブルでもスライサーの挿入ができる(フィルター処理を視覚的に)

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 以下のようなスライサーを使った絞り込みを行うことができます ...

続きを見る

複数テーブルでリレーションシップの作成

テーブルが2個以上あって、共通フィールドがあればリレーションシップの設定ができます。Excel2013からの機能です。

リレーションシップ

Accessのようにリレーションシップの状態をダイアグラムビューで表示することもできます。

ダイアグラムビュー

リレーションシップの設定をすると、ピボットテーブルで1つのレポートを作成することができます。

以下の記事で解説しています。

テーブル間でリレーションシップを設定してピボットテーブルを作成

Excel2013以降は、テーブル間でリレーションシップを設定して1つのレポートを作成できるようになっています。 以下の記事では、[Powe ...

続きを見る

関連以下もテーブル関連の記事です。

テーブルのサイズ変更と解除

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。 テーブルの機能については、テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率 ...

続きを見る

色付きセルの集計はテーブルで(合計・個数など)

Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。 この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば ...

続きを見る

Power Query(パワークエリ)を使用すると、分析に適しない表をテーブルに変換できます。

先頭行に複数の同じ項目名がある表をPower Queryで分析可能なテーブルに変換

Excel2016から標準で装備されているPower Query(パワークエリ)を使用すると、効率よくデータを加工することができます。 Ex ...

続きを見る

1列の複数行で1レコードになっている表をPower Queryで複数列のテーブルに変換

1列の複数行に1レコードのデータが並んでいる表も、Power Query(パワークエリ)エディターを使って、複数列のテーブルに整形することが ...

続きを見る

マトリックス表(クロス集計)も簡単にテーブルに変換することができます。

Power Queryでデータベースに整形(マトリックス表をテーブルに)

Power Query(パワークエリ)は、Excel2016とExcel2019には、標準でインストールされています。Excel2010とE ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.