リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのテーブルはとても便利なものです。通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分析にも使用できるようになります。
Excel のテーブルの概要 - Excel(Microsoft)
Excel2016での解説ですが、旧バージョンでも同様の操作ができますので ぜひお試しください。

テーブルを使用すると、以下のようなスライサーを使った絞り込みを行うことができます。
スライサーの操作

下のような住所一覧があります。
表

テーブルに変換

これをテーブルに変換します。表内のセルをアクティブにします。範囲選択する必要はありません。[挿入]タブの[テーブル]をクリックします。ポップヒントには、以下のようにしるされています。

関連データの整理と分析を行うテーブルを作成します。テーブルに作成しておくと、シート内のデータの並べ替え、フィルター、書式設定を簡単に行えるようになります。

また、Excel2013以降であれば、クイック分析からテーブルを作成することもできます。テーブルの作成でも解説しています。
挿入タブのテーブル

[テーブルの作成]ウィンドウが表示され、データ範囲が自動的に選択されています。テーブルに変換するデータ範囲を確認して、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックボックスはオンにしたまま、[OK]ボタンをクリックします。
テーブルの作成

下のようになります。
テーブルの完成

また、リボンも[テーブルツール]に切り替わります。
リボン

まずテーブルで気がつくことがありますね。

表が一行おきの色違いの縞模様になります

このスタイルは、[テーブルのスタイル]から変更することができます。
テーブルスタイル

テーブルスタイルの右下のボタンをクリックして、多種類のスタイルからワンクリックで変更することができます。もし、テーブルの書式を設定したくなければ、スタイル一覧の中の左上にある[なし]か、一番下にある[クリア]をクリックします。
スタイルの種類

自動的にフィルターが設定されます

並べ替えやデータの抽出をすぐに行うことができます。また、詳細なフィルターを使用してデータを抽出することもできます。フィルターの抽出条件はデータの種類で変わるを参照してください。

フィルターの抽出条件はデータの種類で変わる

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクティ ...

続きを見る

フィルター

自動的に先頭行が固定されます

先頭行が固定されるので、スクロールしても常に列の項目が表示されます。
先頭行

行や列を挿入した時に自動拡張され書式も引き継がれます

テーブル内に行や列を挿入すると、自動的にテーブルの範囲が拡張されて、スタイルも設定されます。反対にテーブル内の行や列を削除しても、自動的にテーブルの範囲が縮小されて、スタイルも再設定されます。行や列を挿入、または削除してもテーブルの書式が崩れることがありません。

テーブルの右に新しい列を追加したり、最終行に新しい行を追加しても自動的に書式が引き継がれます。

以下の画像は、セル[G1]に[備考]と入力して、[Enter]キーを押して確定したところです。それだけで、テーブルが拡張され、書式も設定されます。
テーブルに新しい列を追加

セルの右下に現れる[オートコレクトのオプション]は、以下のようになっています。ここで、テーブルを拡張しないこともできます。

  • テーブルの自動拡張を元に戻す
  • 自動的にテーブルを拡張しない
  • オートコレクト オプションの設定

オートコレクトのオプション

参考もし、上記のようにテーブルが自動的に拡張されない場合は、[Excelのオプション]を表示して設定を確認してください。以下の記事で解説しています。

テーブル範囲の自動拡張

集計も簡単です

[デザイン]タブの[集計行]のチェックボックスをオンにすると、自動的に集計行が追加され、集計行のセルには[SUBTOTAL関数]が設定されます。プルダウンメニューから様々な集計値を求めることができます。※テーブルのサンプルは変更しています。
集計行の追加

スライサーの使用ができます

Excel2013以降ではスライサーを利用して、フィルタリングの状態を見やすく分かりやすく表示することができます。[デザイン]タブにある[スライサーの挿入]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

スライサーを使って、データのフィルター処理を視覚的に実行します。スライサーを使うと、テーブルやピボットテーブル、ピボットグラフ、キューブ関数のフィルター処理が速くなり、簡単になります。

スライサーの挿入

スライサーを挿入から、[会社名]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入から選択

以下のような操作ができるようになります。
スライサーの操作

関連テーブルでスライサー(Excel2013)でも解説しています。

テーブルでスライサー

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場した ...

続きを見る

以下もテーブル関連の記事です。

テーブルのサイズ変更と解除

Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。テーブルの機能については、テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率ア ...

続きを見る

色付きセルの合計

Excelの表でセルに色を付ける方は多いと思います。この色付きのセルのみを合計したいという場合、Excel2007以降のバージョンであれば簡 ...

続きを見る

既存の表をテーブルに変換しようとしても、うまく行かない場合もあります。テーブルに変換する表についての注意点を列記しましたので、ご参照ください。
テーブルやピボットテーブルに変換する表の注意点

テーブルやピボットテーブルに変換する時の注意点

Excelのテーブルやピボットテーブルは、データベースとしての管理が簡単にできるようになる、とても便利な機能です。でも、既存の表をテーブルや ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

Excelを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

Excelがデータを読み上げる!読み合わせは[セルの読み上げ]で

Excelには、セルのデータを読み上げる機能があります。日本語の音声で読み上げてくれます。データにミスがないかチェックが必要な時、読み合わせ ...

検索ボックスを非表示にするには

Windows10のスタートボタンの右横には[検索ボックス]があります。結構、大きめです。 この検索ボックスは非表示にすることもできます。 ...

アンケート結果はピボットテーブルで簡単集計

アンケートをとって、顧客満足度などの調査をすることがあると思います。アンケートをとった後は、集計しますね。その時、テーブルやピボットテーブル ...

MovieMakerで動画の結合

Windows10でMovieMakerを使用するには、以下のMicorosoftのページからダウンロードする必要があります。 ムービー メ ...

ステップ記録ツールで保存したmhtファイルをWordで編集するには

Windowsには、操作の手順を画面キャプチャを撮って自動で記録してくれるステップ記録ツールという機能があります。とても便利なツールです。 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.