Google検索

Windows8 & Office2013 Excel2013

ランダムな数字を生成するRandomGeneratorとRANDBETWEEN関数

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2013以降では、無料のアドインを使用することができます。

People Graphは、すでに紹介していますが、

People Graph(Office用アプリ)

Office2013では、Office用アプリを挿入して使うことができます。 [挿入]タブの[アプリ]グループを見ると、[People Gr ...

続きを見る

今回はランダムな数字を生成してくれる[Random Generator]というアドインを紹介します。ランダムな数字は関数を使って入力することもできます。

[Random Generator]の取り込み

[挿入]タブの[アドイン]グループにある[ストア]をクリックします。

挿入タブのストア

Office用アプリページが表示されますので、検索ボックスに[Random Generator]と入力して検索します。

全て入力しなくても検索できると思います。

Office用アプリ

[Random Generator]をクリックします。

Random Generator

次の画面で[信頼する]をクリックします。

Random Generatorウィンドウ

[Random Generator]の使い方

Excelに取り込まれ、右側の作業ウィンドウに[Random Generator]が現れます。

整数

まず、ランダムな整数を入力したい範囲を選択します。

[Integer]を選択して、[0から100]までの範囲を指定します。

既定のままですが。

[Generate]をクリックします。

Generateボタン

英語のメッセージが表示されますが、[Yes]をクリックします。

Yesボタン

範囲選択したセルにランダムな整数が入力されます。

整数の自動生成

日付

[Date]を選択して、期間をします。

カレンダーが表示されますので、クリックするだけです。

[Generate]をクリックします。

Dateの選択

期間内の日付がランダムに入力されます。

サンプルファイルなどを作成する場合は、便利ですね。

日付の自動生成

関数を使用して乱数を表示(RANDBETWEEN関数)

関数を使用して、上記と同じようにランダムな数字を表示したい場合は、RANDBETWEEN関数を使用します。

数式バーに[=RANDBETWEEN(1,100)]と入力すると、1から100までの整数の乱数を入力することができます。

[RANDBETWEEN]関数

参考ブックを閉じて、開くたびに数字は変わります。

個人用アプリの表示

一度、取り込んだアプリは、個人用アプリから選択できるようになります。

[挿入]タブの[個人用アプリ]の[すべて表示]をクリックすると、

個人用アプリ

これまで使用したアプリを見ることができます。

時々、右上にある[最新情報]をクリックしてチェックしてみるといいかもしれません。

個人用アプリのすべて表示

注意Excel2016では、「個人用アプリ」ではなく、「マイアドイン」になっています。

操作は同じです。

Excel2016

関連以下は、Office用アプリの関連記事です。

People Graph(Office用アプリ)

Office2013では、Office用アプリを挿入して使うことができます。 [挿入]タブの[アプリ]グループを見ると、[People Gr ...

続きを見る

Office用アプリの追加(カレンダーから日付入力)

Office2013では、Office用のアプリを挿入することができます。 Excel2007までは、簡単にカレンダーを挿入して日付をクリッ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.