Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

People Graph(Office用アプリ)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Office2013では、Office用アプリを挿入して使うことができます。

[挿入]タブの[アプリ]グループを見ると、[People Graph]というのがありました。

[People Graph]って何だろう?と、ちょっと触ってみました。

簡単な操作で面白いグラフが出来たので、ここで紹介します。

People Graph

参考私の場合、なぜかいつの間にか増えていたのですが、もし[People Graph]が見当たらないようであれば、[ストア]をクリックして、[Office用アプリ]から検索して追加してください。

また、いつの頃からか分かりませんが、[アプリ]グループは、[アドイン]グループに名前が変わっています。

People Graph

[挿入]タブの[アプリ]グループにある[People Graph]をクリックします。

挿入タブ

下のようなグラフがサンプルとして表示されます。

サンプルグラフ

右上にある[データ]ボタンをクリックします。

データボタン

データの選択

タイトルを[アクセス数]に修正します。

[データの選択]ボタンをクリックします。

データの選択

サンプルデータが表示され、[Excelスプレッドシートで2つの列を選んでください。]と書かれています。

Excelスプレッドシートで2つの列を選んでください。<p>

事前に準備していた表のデータ部分を選択します。

ここでは、セル[A2]からセル[B4]までを選択します。

注意2列目に数値を入力した表が必要です。

[作成]ボタンをクリックします。

作成ボタン

見やすく分かりやすい絵グラフが作成できました。

数値が必ず左側に表示されます。

グラフの完成

種類の変更

右上にある[設定]ボタンをクリックします。

設定

3つの種類の中から選択することができます。

クリックするだけです。

種類

テーマの変更

[テーマ]は7つあります。

これもクリックするだけで変更することができます。

テーマ

図形の変更

[図形]は16個あります。

図形

メニューの表示

右上にあるボタンをクリックすると、メニューが表示されます。

イメージとして保存することもできます。

メニュー

データの変更

元データの数値を変えると、グラフの方もすぐに更新されます。

データ更新

ぜひお試しください。

面白いですよ。

関連以下は、Office用アプリ関連の記事です。

ランダムな数字を生成するRandomGenerator

Excel2013以降では、無料のアドインを使用することができます。 People Graphは、すでに紹介していますが、 今回はランダムな ...

続きを見る

日付選択カレンダーもあります。

Office用アプリの追加(カレンダーから日付入力)

Office2013では、Office用のアプリを挿入することができます。 Excel2007までは、簡単にカレンダーを挿入して日付をクリッ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.