Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

複雑な複数の条件に合う合計を求める関数

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで複雑な複数の条件を満たすデータの合計値を求める時に便利な関数があります。
複数の条件に合うものを抽出する方法では、[フィルターオプションの設定]でデータを抽出しましたが、

複数条件の合計を求める関数

複数の検索条件の値の合計を求める関数を紹介します。1つの条件であれば、SUMIF関数で求めることができますが、2つ以上の条件を満たす合計値を ...

続きを見る

ここでは同じデータ表と同じ条件で合計を求める関数を紹介します。検索条件は以下のとおりです。

納入月日が---「2014/12/12」より前
得意先名が---「りんご」という文字を含む会社
商品コードが---「4」で始まるコード
データ表

検索条件の設定

ここでは、検索条件を表の上へ設定します。検索条件の見出しは表の見出しと同じにします。検索条件には、アスタリスクなどのワイルドカードの使用が出来ます。横並びの場合はAND条件、縦並びの場合はOR条件です。フィルターオプションの設定時と同じですね。フィルターオプションの設定については、複数の条件に合うものを抽出する方法を参照されてください。
検索条件

DSUM関数の設定

セルF3にDSUM関数を入力します。[関数の引数]ダイアログボックスのヒントには、「データベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの合計を返します。」とあります。
DSUM関数

[関数の引数]ダイアログボックスの[データベース]には、リスト範囲を指定します。[フィールド]には、合計する列の項目名のセルを指定します。[条件]には、条件が設定されている範囲を指定します。必ず列ラベルを含んだ範囲にします。
関数の指定範囲

結果は下のようになります。
関数の結果

検索条件の追加

検索条件を追加してみます。

検索条件を[商品コード]が「4または5で始まる」という条件に変えてみます。[納入月日]と[得意先名]は同じにします。
納入月日が---「2014/12/12」より前
得意先名が---「りんご」という文字を含む会社
商品コードが---「4」または「5」で始まるコード
検索条件は、下のように入力します。
検索条件の追加

DSUM関数の条件を下のように[セルA2からC4]に変更します。
条件の範囲を変更

結果は下のようになります。
結果

SUMIFS関数も複数の条件で合計を求めることができますが、DSUM関数は より複雑な条件で合計を求めることができます。

先頭の1文字が同じセルを集計するには

Excelで顧客番号や商品番号の先頭の1文字が同じセルの合計をしたいという場合の方法です。 下のような表があります。商品番号の先頭が1の売上 ...

続きを見る

データベース関数

データベース関数には、他に以下のようなものがあります。(関数の挿入ダイアログボックスのヒントより)
DCOUNT関数...[データベース,フィールド,条件]データベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中で数値が入力されているセルの個数を返します。
DCOUNTA関数...[データベース,フィールド,条件]条件を満たすレコードの中の空白でないセルの個数を返します。
DAVERAGE関数...[データベース,フィールド,条件]データベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの平均値を返します。

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

テキストボックスでレコード抽出

Accessのフォームで検索用のテキストボックスを作成して、そのテキストボックスに入力した文字から部分一致でレコードを抽出する方法を紹介しま ...

検索と置換ダイアログボックスをボタンで起動

Accessでレコードの検索を行う時、[検索と置換」ダイアログボックスを使用することは多いと思います。検索ボタンはリボンの[ホーム]タブにあ ...

Wordの表に連番を自動入力

Wordで表を作成すると、1つの列に連番を入力したい時があります。セルに1つ1つ入力するのは面倒ですね。一気に入力する方法を紹介します。 下 ...

単語登録のエクスポートとインポート

Windows10 のIMEで単語登録した一覧をエクスポートする方法です。新しいパソコンへ単語登録したものをインポートしたいとか、またバック ...

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.