Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

複数の条件に合うものを抽出する方法

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのデータ抽出の方法はいろいろありますが、ここでは[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[詳細設定]を使って、複数な条件に合うものを抽出する方法を紹介します。

サンプルデータの確認

Excelで作成した下のようなデータ表があります。

1行に1つのデータ、先頭行に見出しがあります。

表

検索条件

検索条件は以下の3つとし、3つの条件に合うデータを抽出します。

納入月日が---「2014/12/12」より前

得意先名が---「りんご」という文字を含む会社

商品コードが---「4」で始まるコード

検索条件の設定

まず、検索条件を入力する行を表の上や下などに決めます。

ここでは、表の上へ設定します。

下のように表の上へ5行追加して、検索条件を入力します。

見出しは表の見出しと同じにします

コピーして貼り付けた方が無難です。

下のようになります。

検索条件にはアスタリスクなどのワイルドカードの使用ができます。

横並びの場合はAND条件、縦並びの場合はOR条件となります。

検索条件の入力

[データ]タブの[詳細設定]をクリック

準備が出来たら、データの抽出を行います。

表内でクリックして、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[詳細設定]をクリックします。

[詳細設定]のポップヒントには以下のように記されています。

複雑な条件を使ってフィルター処理を行うときのオプションです。

詳細設定

フィルターオプションの設定

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示されます。

[リスト範囲]は、自動で範囲が設定されていると思います。

もし、修正が必要であれば、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、ドラッグで修正します。

直接入力しても構いません。

[抽出先]は[選択範囲内]を選択しておきます。

既定のままです。

[検索条件範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

セル[A2]からセル[C3]までをドラッグして、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

検索条件の指定

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは下のようになります。

[OK]ボタンをクリックします。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

データは下のようになります。

検索条件が何であるかが、一目で分かりますね。

抽出結果

フィルターの解除

フィルターを解除するには、[クリア]ボタンをクリックします。

フィルターの解除

検索条件の追加

検索条件を[商品コード]が「4または5で始まる」という条件に変えてみます。

[納入月日]と[得意先名]は同じ条件にします。

納入月日が---「2014/12/12」より前

得意先名が---「りんご」という文字を含む会社

商品コードが---「4」または「5」で始まるコード

検索条件は、下のように入力します。

検索条件の追加

同じように[詳細設定]をクリックして、[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスで設定します。

検索条件範囲は、今度はセル[A2]からセル[C4]とします。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

データは下のようになります。

抽出されたデータ

抽出したデータの書き出し

抽出したデータを別に書き出すこともできます。

その場合は、[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスで、下のように[抽出先]を[指定した範囲]に変更します。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

[抽出範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、書き出したいセル位置を指定します。

ここでは、表の下に書き出したいので、セル[A23]をクリックします。

そして、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

抽出範囲の指定

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは下のようになります。

[OK]ボタンをクリックします。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

下のように抽出したデータが書き出されます。

抽出したデータの書き出し

別シートへの書き出し

別シートへ書き出したい場合は、書き出したいシートをアクティブして、上記操作をします。

例えば、[データ抽出]シートに表示したい場合は、[データ抽出]シートをアクティブして、[データ]タブの[詳細設定]をクリックします。

データ抽出シート

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示されますので、[抽出先]を[指定した範囲]に切り替え、[リスト範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

シートを切り替えて、リスト範囲を指定します。

ここでは、[フィルターオプション]シートに切り替えます。

リスト範囲であるセル[A6]からセル[D21]を指定します。

[検索条件範囲]も同じようにセル[A2]からセル[C4]を指定します。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは下のようになります。

[抽出範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリッククリックして、[データ抽出]シートへ切り替えます。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

そして、抽出先となるセル位置をクリックします。

[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

抽出先の指定

下のように抽出されたデータが表示されます。

抽出されたデータの書き出し

特定の列のみの抽出と重複レコードの削除

また、特定の列のみ抽出して重複レコードを削除することもできます。

たとえば、[商品コード]の一意のコード(重複コードを削除)のみを抽出したいと思います。

まず、抽出先に書き出したい項目と同じ名前の見出しを入力します。

抽出したい項目名を入力

そして、[データ]タブの[詳細設定]をクリックします。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示されたら、[抽出先]は[指定した範囲]、[リスト範囲]は[A6からD21]ですね。

[抽出範囲]でセル[F6]を指定します。

[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして指定します。

[重複するレコードは無視する]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

下のように一意の商品コードが抽出されます。

一意のコードの抽出

検索条件で「で終わる」を指定

検索条件で「で終わる」を指定する場合の方法です。

例えば、商品コードの末尾が[0]のコードを抽出したい場合は、検索条件のセルの書式を文字列にして[=*0]のように入力します。

で終わるの検索条件

[詳細設定]をクリックして表示される[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは何かと便利ですね。

関連以下は、関連ページです。

重複したデータを削除してリスト作成

大きなリストの中から、重複データを探し出して削除する方法です。 下のような表があります。 この中から重複するデータを一気に削除したいと思いま ...

続きを見る

複数項目を【または】でデータ抽出

下のようなデータあって、この中から[担当者]が[山田]または、[売上額]が[100000]より大きいデータを抽出する方法です。 注意1行に1 ...

続きを見る

フィルタオプションの設定

フィルタオプションで文字列を含まない条件の複数指定

フィルタオプションの設定で抽出できない

また、Excelをフィルターモードにしたときのフィルター機能は便利ですが、抽出条件はデータの種類によって変わります。

以下の記事で解説しています。

フィルターの抽出条件はデータの種類で変わる

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。 表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクテ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

記事を更新しました

タイルのサイズ変更とスタート画面にピン留め

Windows10のスタート画面のタイルのサイズは、右クリックのショートカットメニューから変更することができます。 タイルのサイズ変更 タイ ...

検索ボックス(Cortana)を非表示にするには

Windows10のスタートボタンの右横には[検索ボックス]があります。 結構、大きめです。 検索ボックスの非表示設定 この検索ボックスは、 ...

カレンダーの作成(クイック表作成から)

Wordのクイック表作成からカレンダーを作成する方法です。 クイック表作成からカレンダーを選択 まず、カレンダーを挿入したい位置にカーソルを ...

ナビゲーションウィンドウの非表示設定とオブジェクトの表示形式

Accessも2007以降、インターフェースが大きく変わりました。 まず、Accessの画面と各部の名称を解説します。 名称を知っておくと、 ...

画像の差し込み印刷(IncludePictureフィールドを使って作成)

Wordの差し込み印刷は、同じ文面の書面に宛先だけを差し替えて印刷することができる機能です。 住所や氏名を印刷したラベルをまとめて作成して、 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.