Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly

複数の条件に合うものを抽出する方法

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのデータ抽出の方法はいろいろありますが、ここでは[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[詳細設定]を使って、複数な条件に合うものを抽出する方法を紹介します。

Excelで作成した下のようなデータ表があります。1行に1つのデータ、先頭行に見出しがあります。
検索条件は以下の3つとし、3つの条件に合うデータを抽出します。
納入月日が---「2014/12/12」より前
得意先名が---「りんご」という文字を含む会社
商品コードが---「4」で始まるコード
表

検索条件の設定

まず、検索条件を入力する行を表の上や下などに決めます。ここでは、表の上へ設定します。下のように表の上へ5行追加して、検索条件を入力します。見出しは表の見出しと同じにします。コピーして貼り付けた方が無難です。下のようになります。検索条件にはアスタリスクなどのワイルドカードの使用ができます。横並びの場合はAND条件、縦並びの場合はOR条件となります。
検索条件の入力

[データ]タブの[詳細設定]をクリック

準備が出来たら、データの抽出を行います。表内でクリックして、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[詳細設定]をクリックします。
[詳細設定]のポップヒントには以下のように記されています。
「複雑な条件を使ってフィルター処理を行うときのオプションです。」
詳細設定

スポンサーリンク

フィルターオプションの設定

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示されます。[リスト範囲]は、自動で範囲が設定されていると思います。もし、修正が必要であれば、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、ドラッグで修正します。直接入力しても構いません。
[抽出先]は[選択範囲内]を選択しておきます。既定のままです。
[検索条件範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、
[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

セルA2からセルC3までをドラッグして、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
検索条件の指定

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは下のようになります。[OK]ボタンをクリックします。
[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

データは下のようになります。検索条件が何であるかが、一目で分かりますね。
抽出結果

フィルターの解除

フィルターを解除するには、[クリア]ボタンをクリックします。
フィルターの解除

検索条件の追加

検索条件を[商品コード]が「4または5で始まる」という条件に変えてみます。[納入月日]と[得意先名]は同じ条件にします。
納入月日が---「2014/12/12」より前
得意先名が---「りんご」という文字を含む会社
商品コードが---「4」または「5」で始まるコード

検索条件は、下のように入力します。
検索条件の追加

同じように[詳細設定]をクリックして、[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスで設定します。検索条件範囲は、今度はセルA2からセルC4とします。
[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

データは下のようになります。
抽出されたデータ

抽出したデータの書き出し

抽出したデータを別に書き出すこともできます。その場合は、[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスで、下のように[抽出先]を[指定した範囲]に変更します。
[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

[抽出範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、書き出したいセル位置を指定します。ここでは、表の下に書き出したいので、セルA23をクリックします。そして、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
抽出範囲の指定

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは下のようになります。[OK]ボタンをクリックします。
[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

下のように抽出したデータが書き出されます。
抽出したデータの書き出し

別シートへの書き出し

別シートへ書き出したい場合は、書き出したいシートをアクティブして、上記操作をします。例えば、[データ抽出]シートに表示したい場合は、[データ抽出]シートをアクティブして、[データ]タブの[詳細設定]をクリックします。
データ抽出シート

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示されますので、[抽出先]を[指定した範囲]に切り替え、[リスト範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

シートを切り替えて、リスト範囲を指定します。ここでは、[フィルターオプション]シートに切り替えます。リスト範囲であるセルA6からセルD21を指定します。
[検索条件範囲]も同じようにセルA2からセルC4を指定します。[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは下のようになります。[抽出範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリッククリックして、[データ抽出]シートへ切り替えます。
[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

そして、抽出先となるセル位置をクリックします。[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。
抽出先の指定

下のように抽出されたデータが表示されます。
抽出されたデータの書き出し

特定の列のみの抽出と重複レコードの削除

また、特定の列のみ抽出して重複レコードを削除することもできます。
たとえば、[商品コード]の一意のコード(重複コードを削除)のみを抽出したいと思います。まず、抽出先に書き出したい項目と同じ名前の見出しを入力します。
抽出したい項目名を入力

そして、[データ]タブの[詳細設定]をクリックします。[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示されたら、[抽出先]は[指定した範囲]、[リスト範囲]は[A6からD21]ですね。[抽出範囲]でセルF6を指定します。[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして指定します。
[重複するレコードは無視する]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

[フィルターオプションの設定]ダイアログボックス

下のように一意の商品コードが抽出されます。
一意のコードの抽出

検索条件で「で終わる」を指定

検索条件で「で終わる」を指定する場合の方法です。
例えば、商品コードの末尾が0のコードを抽出したい場合は、検索条件のセルの書式を文字列にして[=*0]のように入力します。
で終わるの検索条件

[詳細設定]をクリックして表示される[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスは何かと便利ですね。

以下は、関連ページです。ぜひ、ご参照ください。
複数項目を[または]でデータ抽出

複数項目を[または]でデータ抽出

下のようなデータあって、この中から[担当者]が[山田]または、[売上額]が[100000]より大きいデータを抽出する方法です。※1行に1つの ...

続きを見る

フィルタオプションの設定
フィルタオプションで文字列を含まない条件の複数指定
フィルタオプションの設定で抽出できない

また、Excelをフィルターモードにしたときのフィルター機能は便利ですが、抽出条件はデータの種類によって変わります。フィルターの抽出条件はデータの種類で変わるで解説しています。

フィルターの抽出条件はデータの種類で変わる

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクティ ...

続きを見る

お勧め記事と広告

関連記事

ピボットテーブルの日付のグループ化が自動に

Excel2016では、ピボットテーブルを作成した時に日付のグループ化が自動で設定されるようになりました。 例えば下のような売上数一覧の表か ...

シナリオの登録と管理でシミュレーション

Excelには、[What-If 分析]ツールというのがあり、複数の異なる値を入力して結果をシミュレーションすることができます。[データ]タ ...

言語バーをデスクトップに表示する

Windows10では、言語バーはタスクバーに「あ」や「A」で表示されるだけで、デスクトップに表示しようと右クリックしても、そのメニューはあ ...

マクロビルダーで埋め込みマクロを作成

Accessで作成済みのフォームをボタンをクリックして開くようにする方法です。ここでは、埋め込みマクロで設定する方法を紹介します。 ボタンの ...

写真をフォトギャラリーで起動したい

Windows10で写真をクリックすると、[フォト]が起動します。おそらく既定だとおもいますが。これを[フォトギャラリー]で起動する方法です ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.