Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

テーブルのスライサーはユーザー設定リストの並びが有効にならない

投稿日:2018年12月1日 更新日:

Excel2013からテーブルでもスライサーが使用できるようになりました。

テーブルでもスライサーの挿入ができる(フィルター処理を視覚的に)

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場した ...

続きを見る

スライサーとは、データの絞り込みを視覚的に実行できるものです。

ピボットテーブルのスライサーは、Excel2010から使用できるようになっていて、[ユーザー設定リスト]の並びでも並べ替えができるようになっていました。

スライサー(ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み)

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 YouTubeの音声はありません。 [挿入]タブのスライサーとは、ピボ ...

続きを見る

ピボットテーブルでは、列や行の並びもユーザー設定リストで並べ替えることができます。

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

Excelのピボットテーブルで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。 ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替える ...

続きを見る

Excel2013のテーブルでスライサーを表示して、スライサーの表示設定には、[並べ替え時にユーザー設定リストを使用する]とあるのですが、この設定がどうも有効にならないようです。

スライサーの設定

テーブルの並べ替え

まず、テーブルをユーザー設定リストの並びに変更してみます。

ユーザー設定リスト順に正常に並ぶかどうかの確認のためです。

ユーザー設定リストは、先に以下の順で登録しています。

宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

ユーザー設定リストの登録方法については、以下の記事を参照してください。

ユーザー設定リストの作成と編集(データの並べ替えにも活用)

オートフィルとは、連続性のあるデータを複数のセルに一括して入力する機能のことです。 オートフィルでは、独自に作成したデータを[ユーザー設定リ ...

続きを見る

テーブル内のセルを選択して、[データ]タブを選択して[並べ替えとフィルター]グループの[並べ替え]をクリックします。

[並べ替え]ダイアログボックスで、[最優先されるキー]で[都道府県]を選択します。

[並べ替えのキー]は、[値]のままにします。

[順序]で▼ボタンをクリックして、[ユーザー設定リスト]を選択します。

[並べ替え]ダイアログボックス

[ユーザー設定リスト]が表示されますので、先に登録しておいたリスト(宮城県、東京都、…)を選択します。

リストの項目に表示されるので、確認したら、[OK]ボタンをクリックします。

ユーザー設定リスト

[並べ替え]ダイアログボックスには、下のようにユーザー設定リストで選択したリストが表示されます。

[OK]ボタンをクリックします。

[並べ替え]ダイアログボックス

下のようにテーブルのデータはユーザー設定リスト順に並び変わります。

ユーザー設置リストの登録には、問題がないようです。

並べ替え後のテーブル

テーブルのスライサー

テーブルのスライサーを表示します。

[デザイン]タブの[ツール]グループにある[スライサーの挿入]をクリックします。

[スライサーの挿入]ボタン

[スライサーの挿入]から、[都道府県]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

スライサーの挿入

都道府県のスライサーが表示されます。

都道府県スライサー

既定のままでは、以下の順で並んでいます。

広島県、宮城県、愛知県、大阪府、東京都、福岡県

スライサーの表示設定を確認してみます。

スライサーを選択した状態で[スライサーの表示設定]をクリックします。

スライサーの設定ダイアログボックスが表示されます。

[アイテムの並べ替えとフィルター処理]では、[昇順]で、[並べ替え時にユーザー設定リストを使用する]のチェックボックスがオンになっています。

スライサーの表示設定

ですが、スライサーの並びはユーザー設定リストの並びにはなっていません。

[並べ替え時にユーザー設定リストを使用する]のチェックボックスをオフにしても変化はありません。

昇順と降順の並べ替えはできます。

ピボットテーブルのスライサー

このテーブルでピボットテーブルを作成します。

[デザイン]タブの[ツール]グループにある[ピボットテーブルで集計]をクリックします。

ピボットテーブルで集計

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックスが表示されるので、既定のまま[OK]ボタンをクリックします。

[ピボットテーブルの作成]ダイアログボックス

新規ワークシートにピボットテーブルの作成が準備されます。

ピボットテーブル作成前

ピボットテーブルのフィールドで簡単に[行]に[都道府県]、[値]に[売上]を配置します。

ピボットテーブルのフィールドの配置

そして、[ピボットテーブルツール]の[分析]タブにある[スライサー]をクリックして、スライサーの一覧を表示させます。

一覧から[都道府県]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

スライサーの挿入

スライサーは、[ユーザー設定リスト]の並びになっています。

スライサーを選択して、[スライサーの表示設定]をクリックします。

ピボットテーブルのスライサー

[スライサーの表示設定]は、既定で下のようになっています。

[並べ替え時にユーザー設定リストを使用する]のチェックボックスはオンになっています。

試しに、このチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックしてみます。

ピボットテーブルのスライサーの設定

スライサーの並びは、ユーザー設定リストの並びではなくなります。

並び変わったスライサー

ピボットテーブルのスライサーの動作が正常だと思います。

テーブルでのスライサーは、ユーザー設定リストの並びにはならないようです。

いくつか他のフィールドや、ほかのテーブルでも試してみましたが、同じ現象でした。

Excel2016でも、改善されていないようです。

参考ピボットテーブルの行や列の並び替えについては、以下の記事で解説しています。

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

Excelのピボットテーブルで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。 ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替える ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.